ハンターハンター解説記事まとめ

ハンターハンターが難しいのでネタバレ解説。暗黒大陸編と王位継承戦で挫折した方のために

「HUNTER×HUNTER」の大きすぎる1つの問題、それは…
難しすぎて、挫折するわ!!!
(全国のハンターハンターファンの叫びを代弁)

 

私は連載当初からファンで、全巻所持しています。
しかし、現在やっている「暗黒大陸編」(王位継承戦)はついていくのがやっとです。
一読しただけじゃ全然わからない。挫折しそう。週間連載で読むもんじゃないわ。

 

ということで、ハンターハンター「暗黒大陸編」(王位継承戦)について「なぜ難しいのか」を解説してみます。

アルパカ

ネタバレありです。

【ハンターハンターが難しい理由1】読者目線であるはずのクラピカについていけない

ハンターハンターが難しい理由の1つ目は「読者目線であるはずのクラピカについていけない」点です。

この漫画、主人公のゴンを差し置いて、クラピカの出番がかなり多いです。

そして現在「暗黒大陸編」では、完全にクラピカが主人公(読者目線)。

それ自体は別にいいのですが、クラピカってあれじゃないですか、

めちゃくちゃ内面で語るじゃないですか

 

ただ語るだけならいいですけど、

めちゃくちゃ高度な予測するじゃないですか

 

お前はどこの名探偵だっていうくらい推理、推理、推理。

それ以前の「キメラアント編」なら、主人公ではないキルアが「賢い」担当だったからよかったんですよ。

 

読者はあくまで、ゴンの立場で、ゆるふわに

「じゃんけんじゃんけん」思ってればよかったんですよ!

(ゴンファンの皆さんごめんなさい)

 

でも「暗黒大陸編」はそんなやわな世界じゃないんですよ!

「じゃんけん」で世の中渡れないんですよ!!

アルパカ

クラピカの考えを理解しないと読み進められないのです

 

【ハンターハンターが難しい理由2】本筋がどれかわからないし、それぞれ気になる

ハンターハンターが難しい理由2つ目は「本筋がどれかわからないし、それぞれ気になる」です。

 

「暗黒大陸編」はおそらく2部構成。

  • 第1部→船の中で「カキン帝国の王を決める話」(王位継承戦)
  • 第2部→「暗黒大陸に上陸してからの話」

で、現在やっているのが「王位継承戦編」ですね。

 

カキン帝国の王を決めるための、ただのバトルロワイヤルならわかりやすいんです。

しかし、複数の「話の軸」があるので複雑です。

王位継承戦だけで、こんな話が繰り広げられます(後半は予想)

  • 軸A:誰が王子になるのか(第1王子 vs 第2王子 vs 第3王子 vs …)
  • 軸B:クラピカ王子を守れるのか(クラピカ&第14王子ワブルvs13人の王子)
  • 軸C:クラピカは緋の眼を取り返せるか(クラピカ vs 第4王子ツェリードニヒ)
  • 軸D:ヒソカと幻影旅団どちらが勝つのか(ヒソカ vs 幻影旅団)
  • 軸E:クラピカ幻影旅団は出会うか(幻影旅団 vs クラピカ&ヒソカ?)
  • 軸F:十二支んはビヨンド・ネテロを制御できるのか(十二支ん vs ネテロ)
  • 軸G:ジンとバリストンはどのように協力するのか(ジン&バリストン vs ??) 

 

クラピカと関連する話が多いです。

王子同士の戦い、幻影旅団の争い、十二支んと、それぞれの話が平行で走ります。

【2019年追記】最近は、カキンマフィアとかも出てきて余計に複雑になっています

 

そんな中、クラピカがハブとなって「どちらを優先する」みたいな葛藤が生まれたりするのではないでしょうか。

また「暗黒大陸編」のはじまりで、クラピカは集めた緋の眼をうつろに見つめていました。

そして、ハンターハンター第344話では

パイロ… オレの旅がようやく始まりそうだよ

だけど 何処へ行く…?

迎える人も帰る場所も オレには何一つないのに

引用元:ハンターハンター344話

という独白が。

※「パイロ」はクラピカの故郷の友人

 

ちなみに、第4王子ツェリードニヒの収集品には明らかに「パイロ」と思われる人の頭があります。

(オレじゃなきゃ見逃しちゃうね、と思いつつも見逃した方は単行本を見てみてください)

 

「パイロの頭を取り返した時」がクライマックスかも。

アルパカ

エンペラータイムで寿命縮まる伏線もできたし、能力使いすぎで誰かを守って死んでしまうと予想しています。 

 

【ハンターハンターが難しい理由3】キャラ(登場人物)が多すぎる問題

ハンターハンターが難しい理由3つ目は「キャラ(登場人物)が多すぎる問題」です。

 

はい、何を差し置いてもこれ。

キャラが多すぎる。

 

H×H作者の富樫さんは「ジャンプ人気漫画の作り方」に沿ったことはやりません。

誰も作ったことのない規模の作品を作ろうとしていますね。 

 

ジャンプ作家の働き方や漫画の描き方を紹介する「ジャンプ流」というDVDがあります。

この映像の中でこのように述べています。

キャプテン翼のこのシリーズが、ジャンプの中で名前のある人物が数多く出ていた。

今回のシリーズでは、これを超えることを自分の中で裏目標にしている

引用元:ジャンプ流

 

キャプ翼の「ジュニアユース編」を意識していたなんて。。。

アルパカ

100人超えるのも納得です…

 

もはやこうなると、気軽に読めるものではないので、しっかり登場人物表を見ながら読むのを推薦します。

ミステリー漫画を雰囲気で読むように、何が起こっているザックリ知りつつ楽しむのもありですけどね!

(むしろ1回目はそれでいいと思う)

 

追記:ハンターハンターの1話ごとの解説記事を書いたので、ハンターハンター難民の方は読んでみてくださいね。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)