Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

ハンターハンター384話「抗争」ネタバレ感想解説考察。旅団とマフィアとツェリードニヒ

ハンターハンター384話「抗争」ネタバレ感想解説考察です。

アルパカ

毎週更新、エンタメ解説屋アルパカのハンターハンター考察です!

▶ハンターハンター383話の記事はこちら

▶ハンターハンター383話の記事はこちら

ハンターハンター36巻表紙の解説はこちら

▶ハンターハンター関連記事はこちら

▶ハンターハンター好きにオススメ漫画はこちら

ハンターハンター383話の復習

ハンターハンター383話の復習です。ネタバレあり。

  • 出航8日目PM8:00晩餐会開始。
  • センリツのフルート演奏で兵士たちが音楽に夢中になっている間に、キーニがカチョウとフウゲツを救命ボートに乗せる
  • キーニはハンター教会に迷惑をかけないように自殺
  • 船から出ようとすると「無数の手」がカチョウを襲い、死亡する(脱走失敗)
  • フウゲツは1人、マジックワープを使って自室に戻る
  • カチョウは死亡したが、念獣「2人セゾン」の能力で、「念」としてフウゲツと共にいる

一言で言うと「センリツ&キーニが、カチョウ&フウゲツの脱走を企てたが失敗し、カチョウは死亡した」という感じです。

 

今回の384話を見る前に、383話について抑えておくべきポイントが2点あります。

  1. 384話(7日目PM10:30)は、383話(8日目PM8:00晩餐会)の前の話であること
  2. 383話の晩餐会には、ツェリードニヒが無事であること

▶ハンターハンター383話の感想&考察&解説は前回の記事をどうぞ

 

ハンターハンター384話「抗争」の登場人物

HUNTER×HUNTER 384話「抗争」の登場人物、組織を簡単にまとめます。

 

HUNTER×HUNTER 384話の登場人物まとめ

HUNTER×HUNTER 384話の登場人物をまとめます。

オウ=ケンイシャ=ア一家若頭のメガネ。旅団のことを「こいつら危険…」と思ってる人。5層なう。
フィンクス=マグカブ幻影旅団の団員No5。腕を回すと強くなる人。割とキレやすい。5層なう。
タハオシャ=ア一家組長補佐 第7王子私設兵軍事顧問。タバコ吸っている人
ルイーニーエイ=イ一家の組員(ヒットマン)。378話時点では「LV21」。壁に切れ目を作って移動可能(ジョジョ5部のブチャラティみたい)
オニオール=ロンポウシュウ=ウ一家の組長。玉ねぎ頭
モレナ=プルードエイ=イ一家の組長。二線者と呼ばれる王の婚外子。顔に傷があり、恋のエチュード(サイキンオセンという能力を持つ
ブロッコ=リーシャ=ア一家の組長。ブロッコリー頭
ツェリードニヒ第4王子。モレナのケツモチ。守護霊獣だけではなく、念能力を覚えたことで具現化された特質系の念獣が生まれた
テータツェリードニヒの部下、護衛。念能力が使えるので、ツェリードニヒに念を教えている

アルパカ

「王位継承戦におけるハンターハンター固有名詞多すぎ」問題に対して、戦うブログでありたいw

詳しく思い出したい方は、ハンターハンター36巻の377話以降を見ると良いでしょう。

 

HUNTER×HUNTER 384話のカキンのマフィアとは?

HUNTER×HUNTER 384話で出てくるカキンのマフィア覚えてます?

マフィアたちは、各王子たちにケツモチをしてもらって、ブラックホエール号(王位継承戦が行われている船)の中で、各階を担当しています。

【組名】【組長】【ケツモチ】【担当階層】
シュウ=ウオニオール=ロンポウ第3王子チョウライ4層(人と物流)
エイ=イモレナ=プルード第4王子ツェリードニヒ3層(富裕層と闇取引斡旋)
シャ=アブロッコ=リー第7王子ルズールス5層(物資全般)

ちなみに組名の名前は「シュウ&エイ&シャ」でジャンプの親会社「集英社」から来ていますねw

 

アルパカ

というところまでが、384話を見る上で、抑えておくべきところなんですが、複雑すぎるw

 

ハンターハンター384話「抗争」のネタバレあらすじと内容

ハンターハンター384話「抗争」のネタバレあらすじと内容

とりあえず全体像をザックリと。

  • 幻影旅団(フィンクス、ノブナガ、フェイタン)は5層で、シャ=ア一家に「ヒットマン&モレナ殺害」の代わりに「ヒソカを探してほしい」という取引を持ちかける
  • モレナは2層に戻らず、3層以下に滞在していることが確定
  • ツェリードニヒの念能力で、もう一体の念獣が産まれた
  • テータはツェリードニヒを絶状態にして何かを画策している

詳しくはこの後解説します。

 

ハンターハンター384話「抗争」の解説考察(ネタバレ)

ハンターハンター384話「抗争」の解説考察です。ネタバレあります。

アルパカ

管理人アルパカの主観全開です!

 

今回の見所は以下の3点です。

  1. マフィアの喧嘩の流儀が面白い
  2. ツェリードニヒの能力が覚醒した
  3. テータちゃんの狙いは何か?(そしてそれは失敗してそう)

 

とりあえず、1ページ1ページ見ながら、気になったところを順番に見ていきます。

割とグダグダ書いてしまいまいしたが、ジャンプと一緒に読んでもらえると嬉しいです。

 

幻影旅団フィンクス達は何でマフィアと一緒にいるんだっけ?

幻影旅団フィンクス達は何でマフィアのメガネ(シャ=ア一家のオウ=ケンイ)と一緒に事務所にいるんだっけ?

忘れていたのでハンターハンター36巻を読み返しました。

  • エイ=イ一家のヒットマン「ルイーニー」は空間移動能力がある
  • ルイーニーはシャ=ア一家の事務所にマーキングをして移動できるようにしてきた
  • 幻影旅団フィンクス達は、オウ=ケンイに組員殺しの犯人と疑われた

という状況。

フィンクスは

  • 「ヒットマン(ルイーニー)は上層階への直通路を狙っている」
  • 「組長の命を狙っているのでは?」

と読んで、ヒットマンを殺す提案をします。

そしてその見返りに「ヒソカ探しへの協力」をお願いしています。

アルパカ

それにしても旅団が再登場してとにかく嬉しいです

 

マフィアの喧嘩(カチコミ)の流儀が面白い

マフィアの喧嘩(カチコミ)の流儀が面白かった。

  • 組員の独断で勝手に殴り込みや銃撃をやるのはNG
  • 事前に組長同士で連絡を取り合う必要あり(事から24時間以内)
  • 独断でやりあう時には縄張り(シマ)から離れた場所に組長がいる必要がある

 

ハンターハンター378話で、シュウ=ウ一家組長のオニオール=ロンポウはこのように言っています。

物質が有限である以上、分母が多いほど分け前が減る

「持つ者」が安定して持つには「割を食う物」が大多数必要になる…それが「均衡(バランス)」だ

まあ、簡単に言うと今のマフィアのピラミッド構造、搾取構造を変化させたくないということ。

そのために、オニオールは、シャ一家組長(ブロッコリー)と内線を使ってやりとりをして、闘いを防いでいるのですね。

※マフィア同士は、3すくみの状態なので、Aの組がBの組を攻撃している間に、Cの組に襲われる…とかを考えると、大きな戦いをするのは割に合わないがゆえに、「均衡(バランス)」をとることが重要…みたいな前提もありそうです

 

モレナがどこにいるかが何で大事なの?

一読しただけだと「モレナがどこにいるかが何で大事なのか?」が分かりづらいですね。

簡単に言うと、「4層~5層のシュウ一家、シャ一家の組員はエイ一家の組員に攻撃されている」という事件はもう発生しているので、

  • モレナが3~5層にいた場合は、他の組を攻撃する意志があったとみなして、全面戦争に突入
  • モレナが1~2層にいた場合は、他の組を攻撃したのは組員の独断とみなして、戦争回避可能

となるわけです。

 

ちなみに、今回のブラックホエール号の中の闘いだと、全5層の内「シマは3~5層」のようです。

それぞれの組は3~5層の各階層を仕切っているけど、シマ自体は3~5層全体…という認識。

 

結局モレナはどこにいるのか?3層以下であることが確実な理由

結局モレナはどこにいるのかというと、3~5層にいることは確定ですね。

  • 組長3人の部屋の様子をコマ割り変えて表しているけど、モレナだけいないこと
  • ツェリードニヒの「ああ V2エリアにはいない 多分入船してずっと下だな」

ということから、その事がわかります。

今回の話を見なくても、36巻でモレナが念能力を授けているのは明らかに下層でした。

あれから上の階層には戻ってきていないということですね。

 

にしても、ツェリードニヒの「手が空き次第オレも動く」という台詞が表すように、彼の下層への参戦もありそうです。

アルパカ

幻影旅団と出会う日も近いかも…(そして休載しないでほしい)

 

旅団というバランスブレイカーと組長たちの思惑

旅団はヨークシン編でもマフィアたちを殺しまくっていますし、自分たちの力で状況をコントロールできます。

今回もフィンクスとノブナガは「組の持つ宝を奪う」「ヒソカを探して殺す」という目的のために、組同士のバランスなど一切気にせず、ヒットマン(ルイーニー)とモレナを殺そうとしています。

 

マフィアたちはバランスを保ち、既得権益を吸い続けたい(戦争を避けたい)ため、彼らを危険視しています。

オウ=ケンイの「ね 危険でしょ?」というセリフからも、警戒しまくりな事がわかります。

この「危険」というのは「旅団が目的を果たすために、いつ自分の組に攻撃の矛先が向くかわからない」という意味ですね。

 

なお、モレナ以外の組長2人の思惑としては、

  • 旅団が暴れないようにコントロールする
  • タイミングを見計らって、モレナの組と旅団がぶつかることを祈っている

という感じ(378話に書いてます)。

オウ=ケンイたちにもこの意図は伝わっているはずなので「コントロールしきれねぇ」と内心思っているはずw

※とはいえ一旦は、幻影旅団がモレナの組のメンバーを攻撃することを回避しました

 

ちなみに…オウ=ケンイ(スーツメガネ)の「ね 危険でしょ?」の次ページの玉ねぎ頭と、ブロッコリー頭が組長二人です。

  • オニオール=ロンポウ(オニオン) ※玉ねぎ頭
  • ブロッコ=リー(ブロッコリー) ※ブロッコリー頭

カキン王国の王様ナスビ=ホイコーローを含めて、食べ物の名前から拝借するのも冨樫先生の中の流行りのようです。

 

モレナと幻影旅団。手段と目的の違い

モレナも旅団も「破壊(混沌)」はいとわない考えです。

ただそれぞれ目的と手段は違います。

  • モレナは「破壊(混沌)」が目的
  • 幻影旅団は「破壊(混沌)」が手段

 

モレナは王の婚外子=「二線者」として、生まれてきたゆえに、世界を憎み、破壊したいと考えています。

一方で、旅団は「宝を手に入れる」などの目的のために、「破壊もいとわない」という考えです。

 

1004号室のツェリードニヒの拷問後っぽいカットは何か

1004号室のツェリードニヒの部屋で、「拷問後っぽいカット」がありました。

元々ツェリードニヒは趣味として、人を捕まえて解体したり、拷問したりしていました。

可能性としては、

  • 趣味で解体・拷問をしていた
  • モレナの組員の暗殺者
  • モレナの執事

あたりでしょうか。

ツェリードニヒがわざわざ電話をしているところを見ると、モレナの組の暗殺者or執事が襲ってきたので、拷問して親玉(モレナ)を探り当てた…とも考えられます。

 

ちなみにジャージになっているのは、単純に身体が汚れたから着替えただけっぽいですね。

 

ツェリードニヒの特質系の念獣がやばそう

ツェリードニヒの特質系の念獣がやばそうです。

儀式で生まれた守護霊獣も気持ち悪いですけど、本能で産まれた本人の分身(念獣)もなかなかグロテスク。

見開きでの2体が並ぶ絵は見ていてゾッとしましたね。

 

ちなみに新たに生まれた念獣の中心に書かれている「666」(999?)は

キリスト教の新約聖書に編纂されている ヨハネ黙示録13章18節には、666が獣の数字として記されている。

転じて、俗に悪魔や、悪魔主義的なものを指す数字とされる。映画『オーメン』は典型的な作品である。666恐怖症も参照。

引用元:Wikipedia

ってことで、とにかく悪魔的な存在だということかなー。

 

あとはツェリードニヒの性格上「収集癖」があるので、他の人の念能力を集めるようなチート系能力の可能性もありそうです。

 

テータちゃんの狙いと念能力は何か?失敗しそうなフラグ立ちまくり

ツェリードニヒの部下「テータちゃん」の狙いと念能力は何か?

テータちゃんの気持ちは以下のように変化しています(想像)

  • ツェリードニヒに念を習得させてはいけない
  • 念を習得させるのは仕方ないが、できるだけ遅らせる
  • 念能力習得を失敗させる(メモリの無駄遣いさせる)
  • 特質系だった。わけわかんなくてやばい

 

以前からテータは、ツェリードニヒを「絶状態」にしようと試みていました。

これは、テータの念能力を使って、ツェリードニヒの念を無効にできる可能性があります。

 

「心の底からこの人の成長を願える」という部分はテータの念能力の発動条件かと。

※ツェリードニヒの念獣の能力に見破られないためかも?

 

最後にテータが「これなら明日にでも…やれる…!!」と言っているので「絶状態にしたツェリードニヒに対して、なんらかの念能力を行使する」のだと考えられます。

※ツェリードニヒが絶状態になれば、念獣はエネルギーを失って、一時的に消える可能性もあります(反撃されないということ)

 

しかしながら、前回の話で「ツェリードニヒは晩餐会時点で生きています」

ということで、テータちゃんの試みは失敗の可能性が高そう…。

テータちゃん、死亡フラグ立ってね…?

 

 

以上、『ハンターハンター384話「抗争」ネタバレ感想解説考察。旅団とマフィアとツェリードニヒ』というお話でした。

ちなみに、最後の冨樫先生の巻末コメントは「大体の構造が決まり経験上の感覚で先の長さを測るが予め謝ります。遠い…頑張る」とのこと。

一読者としては、身体に気をつけて、どんなに長くなってもいいので、冨樫先生の描きたい物語を描き続けてもらいたいですねー!

 

ハンターハンター連載中は、毎週考察&解説を書きたいと思いますのでブックマークしてくださいね~

アルパカ

ハンターハンターは複雑すぎるので、ハンターハンター難民を一人でも救えるブログを目指します

 

▶ハンターハンター383話の記事はこちら

▶ハンターハンター383話の記事はこちら

ハンターハンター36巻表紙の解説はこちら

▶ハンターハンター関連記事はこちら

▶ハンターハンター好きにオススメ漫画はこちら

18 Comments

くまのすけ

アルパカさん、こんにちは!初めてお邪魔いたします。

ツェリードニヒの部屋の臓物っぽい描写は、ツェリードニヒの「執事を抱き込んでカモフラージュしてたようだ」ってセリフから、その抱き込まれた執事なのではないかなーと思いました。

あと、モレナの紹介にだけ二線者と書かれていますが、(わざわざ触れなかっただけかもしれませんが)オニオール=ロンポウもブロッコ=リーも二線者であり王の婚外子ですよ〜。

返信する
匿名

オニオールとブロッコの二人は現カキン王ナスビの異母兄弟だよね
ツェリやモレナなど現王子の叔父になる
前回の継承戦ではナスビ以外死んでるのかな

返信する
B

ツェリは晩餐会には出席せず、船内放送でセンリツのフルートをきいたのでは?翌日も生きている、というポイントに変わりありませんが。

返信する
匿名

ツェリーだけ乗船前から描写量がひいきにされてるからなぁ…、他の王子とは扱いがそもそも違う。クラピカとどうなんやろってワクワクが止まらない。四大行も使えないのはさすがにこの先の戦いには無茶ぶりすぎるからなぁ。でも流まで覚えられても、えぇ~ってなんだよなぁ

返信する
匿名

テータは不利な材料多すぎですよねぇ。
・絶状態を狙われたら危険なことぐらいツェリにも分かる。
・テータの攻撃を察知して絶を解かれたら意味なし。
・守護霊獣の能力が、嘘をついた相手を攻撃して、攻撃があたると傷が治るまで思考がツェリに駄々漏れになるとかだとアウト

返信する
めがねくん

ツェリードニヒの部屋の死体がモレナの組員・執事とはどういった理由からの可能性でしょうか?ケツモチであるツェリードニヒを攻撃するのは組全体にとっての自殺行為に等しいのに、それすら混沌を望むモレナの意思なのでしょうか?

返信する
ふなすけ

こんにちは。ハンターだけのためにジャンプ買ってます。前回のハンターの暗号の文節の解説で、?解消できました。
今回はテータがずきずき痛みを抱えてるところが気になりました。ネンジュウに攻撃されたところなら、要注意な気がします。
だいぶ前に、旅団が全然出なくなって、旅団の登場を願った翌週にヒソカとクロロの闘いがジャンプで掲載されて、感動しました。
前回のカチョウのキミガイナイという名前がとても怖く、何度も鳥肌がたちます。あのページは何かとても感じるものがあります。
心優しい王子が命を落とすことに、胸が痛みます。
欅坂の曲まで聴いてみました。

コミックが出るまでだいぶ時間があるため、ジャンプを何度も読み返しています。賛否あるようですが、王位継承は今までで圧倒的に面白いです。
休載にならないことを祈ります。
わかりやすい解説これからもよろしくお願いします。

返信する
匿名

テータちゃん単純に絶を覚させた時にしばくだけじゃねーの?

あとあんだけ死亡フラグ立ってたら逆に生きそうな気もする(・∀・)

返信する
匿名

テータの念能力とツェリの絶は関係ないのでは?
絶にすればオーラが消える=念獣も霊獣も消えるし、邪魔者がいない間になんかするつもりなんでしょう。

心の底から〜のくだりも、嘘を見抜く?霊獣がテータを睨んだことに対して言ったのかと思いますが。

返信する

今回もわかりやすい解説をありがとうございました!
「日付が晩餐会の前日」など、言われて初めて気付いたこともあり、とても助かりました。

あの臓物は私もモレナの関係者(執事?)のものだと思います。
拷問して情報を入手したんでしょうね。

テータの傷がズキズキと痛んでるのが気になります。

返信する
匿名

ツェリードニヒが晩餐会に参加している描写ありました?
センリツの演奏はスピーカーを通して王子の部屋にも届いてるのかと思っていました。

返信する
匿名

話が進み過ぎて新しい読者は定着しないし、休載続きで興味も冷め、話も飛ぶし。正直消えるならさっさと消えて欲しい。もはや富樫も老害でしかない。

返信する
匿名

そんなコメントしておいて、ネタバレサイト来るってことは毎週かかさずに読んでるってことじゃないの?(笑)
気持ちはわかるし、休載しないで欲しいというのは俺の中にもあるよ。
でも無理をして体調崩したりヤル気無くなって変な形で連載終了するより個人的にはいいかなと思ってる。
全てネガティブにとらえず、気長に待ちましょうよ、同士!

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)