あるアルパカの知恵

たのしくて、やくにたつ

【ハンターハンター】キメラアント編ネタバレ考察。なぜこんなに面白いのかをまとめた

ハンターハンターのネタバレ考察記事です。

漫画史に残る名エピソード「キメラアント編」がとにかく面白すぎるので、なぜこんなに面白いのか、まとめてみました。

ネタバレありなので、ご注意ください。

※暗黒大陸(王位継承)の話は「ハンターハンターの暗黒大陸編と王位継承戦が難しいのでまとめ」をどうぞ。

面白い理由の考察1:メルエムとコムギのエピソードが泣ける

もうね、メルエムとコムギの「最期」が最高ですよね。

この結末によって、傑作が大傑作にクラスチェンジしましたよね。

まさかハンターハンターで泣く日が来るとは思わなかった。

この話って、読む回数が増えるほど、「あ、そういう意味か」ということがわかり、感動が増します。

 

メルエムの特徴まとめ

メルエムの特徴をまとめます。

  1. 蟻の王として種のために生きる役割を持つ
  2. 圧倒的であるがゆえ、共存する者がいなく、孤独
  3. 個体として最強である
  4. 母親の愛を知らずに育つ(名前もネテロに教えてもらうまで知らない)
  5. 王として生まれ、天命は退屈と断ずる。しかし、「コムギとの最後の瞬間のために生きてきた」という思いにたどり着く

 

コムギの特徴まとめ

コムギの特徴をまとめます。

  1. 家族という共同体のために生きる役割を持つ(「わたくし」がない)
  2. 一つの競技のチャンピオンであるにも関わらず、周囲から愛されず孤独
  3. 生物として脆弱
  4. 自身の子供のメタファである「狐狐狸固」を二回亡き者にする=母親としての愛情をかけて育てられない(名前はコムギが名付けた)
  5. 王との対局の中で、二人で「狐狐狸固」を生き返らせる。この瞬間のために生きてきた、という思いにたどり着く

 

メルエムとコムギ、二人の物語

少年漫画の文脈からいうと、「強い」「弱い」という観点では、真逆な二人です。その実、自分のためには生きられず、愛に飢えて孤独であるという点では同じでした。

 

ゼノのドラゴンダイブを受けて、瀕死になったコムギをメルエムは抱きかかえます。それと対比するシーンとして、死ぬ直前のメルエムをコムギは抱きかかえます。

互いが互いに対しての「慈愛」を表現しています。これ再読した時に気づいて、感動度が2倍になりました。

 

二人がいる時間が重なり合うところも、経緯を考えるとスゴい。

  • 誰からも「様」づけの畏怖された対象としてのメルエム。
  • 「おやすみなさい、メルエム」とその名を初めて呼んだコムギ。

お互い孤独だった二人が、「同等の存在」になった瞬間でした。

部下たちからの畏敬しかしらなかったメルエムですが、死ぬ直前に愛を受け取ったんですねー。

 

コムギとメルエムの最後の戦いで、コムギは2回も自らの手で亡き者にした子供「狐狐狸固」の活路を見出し、メルエムに勝利します。

これって、どちらが勝ったというのは意味がありません。二人で「狐狐狸固」という子供を生かした、生まれ変わらせたと考えられます。

子供に愛を与えられなかったことを悔いていたコムギが、メルエムと出会うことによって、狐狐狸固への愛、メルエムへの愛を与える存在になれたのですね。

 

最後に「コムギ、いるか?」と何度も問うのも、感動的。

というのも、メルエムの口癖は「二度言わすな」でしたからね。

無意味な問答を嫌い、一方通行の「命令」でしか相手とコミュニケーションができなかったメルエム。

そのメルエムが最後に、対等の立場のコムギに対して、感情的な繋がりを求めている。

最高のエンディングでしたね。

 

面白い理由その2:主人公が脇役になる

主人公のゴンが脇役(=ボスを倒す役目じゃない)になる。

これは、漫画史上無かった展開じゃ無いでしょうか。

「さすが冨樫。俺たちにできない事を平然とやってのけるッ!!」と荒木先生も思ったのでは。

 

普通の少年漫画の展開

私を含めたジャンプ脳のみなさまは、すぐに思い浮かぶと思いますが、普通の漫画の流れは以下の通りです。

  1. 主人公が実力差で負ける
  2. 修行する
  3. 大切なものに気づく
  4. ギリギリのところを、精神力でボスに勝つ

キメラアント編では、「2.修行する」まではある程度やりました。

 

普通は、どの漫画も、

  • 何かしらの「修行」
  • 「知恵(工夫)」による明確な「論理展開」

のどちらかによって、主人公が敵に肉薄するくらいの強さを得ます。

 

キメラアント編の異常な展開

キメラアント編では、ゴンは「もう念能力を使えなくなってもいい」という覚悟・制約により、チートな強さを一瞬で得ます。異常な展開です。

 

漫画を読み返すとわかるのですが、ゴンがもともと持っていた目の輝き(黒背景に白い丸)はある時点から全く無くなっています。

そして、このチートな強さを得る(ネットでは「ゴンさん」と呼ばれていますね)展開、どう考えても「ダークヒーロー」的というか、王道ではなく邪道ですよね。

 

そして、何よりもすごいのは「4.ギリギリのところを、精神力でボスに勝つ」という定石を無視して「余裕で、ボス以外に勝つ」という展開にしたところ。

誰もが思ったはず。

普通、ゴン(さん)はメルエムと戦うでしょ!!

 

まさかのボスキャラをほったらかして、「ゴン、カイト、ネフェルピトー」の3者の話にしてしまいました。

もはや、本筋(人類の危機)とは関係ない、サプエピソードとなっています。信じられない。

 

そして、ジャンプ漫画としてはありえない「敵を○してしまう」という展開です。

キメラアント編以前は、ゴンは動物と仲良くなり、どんな敵も許してきました。直前の、グリードアイランド編のラストでは、瀕死のゲンスルーを救いましたよね。

キメラアント編では、完全な闇落ちです。

 

これは「主人公」としての役割終了(退場)させるためでもあるでしょう。キルアも、選挙編で、あっさり退場しましたし。

王位継承編では「クラピカ」が主人公(読者目線)です。

暗黒大陸上陸後は「ジン」が「パリストン」とバディを組むと考えられます。どう考えても、ジン=ゴン、パリストン=キルアです。

 

こういう読者が予想しない展開を入れてくるので、私を含めた一部のハンターハンターファンはもっと刺激を欲しくなって、やめられなくなるのですね(笑)

 

面白い理由その3:幻影旅団の能力大公開。揺るがぬブランド。

幻影旅団が流星街出身ということは、ヨークシンの中盤で明かされましたね。その流星街を舞台にして、幻影旅団が大暴れします。

「幻影旅団つえー」というカタルシスと、こいつらこんな能力持っていたのか、という知ることの楽しみの2つがあります。

 

兵隊長クラスは余裕

兵隊長クラスの蟻と戦ったのは、フィンクス、ボノレノフ、シャルナーク、シズク、カルトでした。

「漫画の演出上」少しだけ苦戦しましたが、ほぼ能力を出し切らずに圧勝しています。

カイトもやられた、ゴンとキルアも太刀打ちできない、蟻って強すぎるのでは??…と思わせておきながらの「幻影旅団つえー」という展開。

暗黒大陸編にも幻影旅団は出てきますし、この漫画において重要な展開のキャラたちなので、しっかり強い姿を見せているんですね。

彼らは、他のキャラと違って、成長しない(すでに限界レベルに到達している)ので、圧勝するくらいでちょうど良かったのかも。

 

また、能力をそれぞれ見せてくれたのも、ファンとして「ありがとうございます!」という気持ち(笑)

ボノレノフ以外は、割とシンプルな能力でしたけどね。

 

師団長クラスのザザンも余裕

フェイタンが師団長クラスのザザンを余裕で倒していました。

防御力こそ高いものの、能力(ライジングサン)を使って、一瞬でしたね。

旅団メンバも「本調子じゃ無い」と言っていました。

またカルトは「旅団は強い。自分は圧倒的格下だ」と延々と語っていましたね。これは、バランス調整というか、太鼓持ちというか…(笑)

 

「カイト死亡したし、蟻って強すぎるんじゃね」

→「幻影旅団圧勝。あれ、やっぱり弱い?」

→「いやいや、幻影旅団が異常だっただけで、蟻はやっぱり強いよね」

という流れにすることで、まったく本編には関係ない「ファンサービスの幻影旅団編」で麻痺してしまった読者の感覚を元に戻す役割があります。

 

ヒソカはどれくらい強いのか

一時期ネットで「ヒソカは護衛軍レベルなら余裕」と冨樫さんがインタビューで言っていた、という話が出回りましたね。

ソース画像がいくら探しても見つからないので、真偽は正直不明です。

ヒソカは幻影旅団のトップクラスの強さですから、フェイタンが師団長に勝ったことを考えると、師団長よりは強いでしょう。

とはいえ、護衛軍レベルとなるとなんともわからないですね。

まあ、結論出ない話なので、ヒソカのキメラアント編のコラ画像を見て満足しましょう(知らない人はググってみてください。ボクの不戦勝だねってやつ)

 

まとめ

他にも、色々と語りたいことはあります。

  • 幽遊白書の歴史。インフレ化を避けた
  • 善悪の対比。人間の悪意。
  • ゴンとキルアの関係がすれ違った理由
  • 光と闇の比喩
  • 漫画「寄生獣」の影響

昨夜からキメラアント編を読んで、止まらなくなってしまい、そのまま記事を書いてしまいました。ハンターハンターは最高に面白い。

www.arupakano.com

www.arupakano.com