ハンターハンター解説記事まとめ

天国大魔境の紹介&感想(レビュー)。石黒正数が描くサバイバルと謎

天国大魔境感想(レビュー)です。

「それでも町は廻っている(それ町)」でお馴染みの石黒正数さんが作者です。

アルパカ

「このマンガがすごい!2019」オトコ編で1位を獲得しましたね!
天国大魔境はこんな人にオススメ!
  • 「それ町」が好き
  • ミステリ、SF、コメディとジャンルごちゃ混ぜな作品好き
  • 謎があるマンガ好き

天国大魔境とはどんな作品か解説

天国大魔境とはどんな作品か解説します。

天国大魔境のあらすじ

天国大魔境のあらすじです。

美しい壁に囲まれた世界で暮らす子供たち。

少年・トキオはある日、「外の外に行きたいですか?」というメッセージを受け取る。

一方、外では、マルとおねえちゃんがサバイバル生活をしながら、天国を求めて、魔境となった世界を旅している。

未来の日本を「あね散歩」。

二つの世界を縦横無尽に行き来する、超才・石黒正数最新作、極大スケールでスタート!!

引用元:Amazon

第1話はトキオという少年と、彼を取り巻く環境の説明から始まります。

引用元:天国大魔境1巻

引用元:天国大魔境1巻

閉鎖した「無機質な空間」に生きる彼らの話…と思いきや、その世界には外がありました。

明らかに敗退した市街の中で「マル(少年)」と「キルコ(おねえちゃん)」の2人が、何やらサバイバル・冒険しています。

引用元:天国大魔境1巻

引用元:天国大魔境1巻

彼らにはある目的があり、冒険(旅)をしているようです。

その謎はどうやら冒頭の施設と関係してそうで…という話。

 

天国大魔境はSF?サバイバル?

天国大魔境はSF世界(なにかが起きた未来の日本)を舞台にした、サバイバル漫画です。

外の世界(魔境)で、マルとキルコは食料や物資を調達しながら旅をします。

その生活、なにかが起こった世界での日常表現が素晴らしい。

 

ただそれだけじゃなく、ミステリーチックに謎が目白押しですし、割と明るい感じコメディタッチもあったり…。

「それでも町は廻っている」の石黒正数さんが描く新作だけあって「ジャンルごちゃ混ぜ」なのが面白いポイントです。

アルパカ

一見可愛い絵柄ですが、割とグロい表現が出てきたりと、何が起こるかわからない感じが楽しい

 

天国大魔境は「このマンガがすごい!2019」オトコ編で1位

天国大魔境は2018年末発売の「このマンガがすごい!2019」オトコ編で1位を獲得しました。

作者の石黒さんのインタビューは以下の通り

石黒:1巻の内容って、設定と状況の説明しかしておらず、まぁそれを極力面白く読んでもらえるよう努力はしているけれども、僕としては現段階ではまだ面白いとか凄いとかいう段階ではないと思っていたので、ランキングに名前が挙がる可能性さえ一切、1ミリも考えていませんでした。

ストーリーの大枠はすでに決まっているので、このまま粛々と進めていこうと思いますが、これを励みに少しプラスアルファ的なエピソードを差し挟む余地もあるかもしれない、と思っています。

引用元:コミックデイズ

石黒:ご期待に沿えるよう頑張りますのであたたかく見守っていただければ幸いです。

今後の注目ポイント、というか僕自身が注目していることはキルコとマルの精神的な関係性の動向です。

引用元:コミックデイズ

アルパカ

確かにまだ1巻なので、評価を下すのは早い気はします。それ町など過去の作品が素晴らしいので、期待値が高いのも関係してそう

天国大魔境第1巻の感想(印象に残ったシーン)

天国大魔境第1巻の感想です。

※少々内容のネタバレ(考察)あり

外の世界はどんな世界か?

天国大魔境第1巻で「良かった・印象に残った」シーンはこの辺り。

謎の施設の中で生きる少年トキオ。

彼が外の世界に興味を持ったことに対して、施設の運営者たる老婆が語る「外の世界の姿」

引用元:天国大魔境1巻

引用元:天国大魔境1巻

  • あさましい怪物
  • 汚れた世界
  • 地獄

という単語が踊ります。

この世界の外には何かある!と分かりますね。

アルパカ

「約束のネバーランド」や「進撃の巨人」みたいに「閉鎖空間」での話は続きが気になりますねえ

 

これぞSF。過去に何があった?今世界はどうなっている?

この作品は過去の石黒さんの作品よりも「SF」要素が全開です。

過去に何かがあったのは明らか。

それはなにか?

そして今世界はどうなっているのか?

 

人々の発言の断片から、垣間見るしかありません。

引用元:天国大魔境1巻

引用元:天国大魔境1巻

「世界が崩壊していたこと」は明らかなようですし、謎の化物も存在します。

  • 何故世界が滅びたのか?
  • その後人類はどう行きていたのか?
  • 最初に登場した施設は何なのか?
  • 化物の正体は?

色々と考えることが多いです。

アルパカ

こういう謎が多い漫画は妄想が捗るので、読んでいて楽しいですね。

 

タイトル「天国大魔境」の意味は?

気になるのはタイトル「天国大魔境」の意味です。

作中で、主人公のマル、キルコは「天国」を目指していることが明らかになります。

少ない手がかりを元に「天国」と呼ばれる場所を目指す二人。

この天国とは明らかに第1話の施設のことですよね。

 

また、大魔境とは「悪魔や魔物の住む世界」という意味なので、施設の外の世界のことを指していますね。

ってことで「大魔境(外の世界)」から「天国(施設)」に行くという意味かなーと思っています。

 

「天国大魔境」は第1巻時点でけっこう面白い

「天国大魔境」は第1巻時点でけっこう面白いです。

※「けっこう」というのはまだまだ面白くなりそうという意味

 

「謎だらけのサバイバル」がどう転ぶか楽しみ。

アルパカ

今後どういう展開になっていくのか、連載を追いかけていくと面白いタイプの作品ですね。

 

以上、「天国大魔境の紹介&感想(レビュー)。石黒正数が描くサバイバルと謎」というお話でした。

1 Comment

匿名

たった今一巻を読み終わった者ですが、あまりの面白さに今出ている情報だけででも人と話したくなってしまい、今後の展開について自分なりの考察をしてみました。
見返してみるうちに頭に浮かんだのは、

マルと同じ顔の人物とはキルコの手術前の顔なのでは?

ということです。
つまり、キルコは手術前は竹早桐子の弟で、電力車レースの事故によって危篤状態となってしまった。
軽傷で済んだ姉は弟を救うため自分の命(脳)を犠牲にして、自分の体に弟の脳を移植させ死ぬ。
弟は姉の体を受け継ぎキルコとして生まれ変わる。
しかしキルコは電力車の事故、または手術のせいで自分の顔を忘れてしまう。

時系列としてはこんな流れでしょうか。

また、この事の伏線として、

・キルコの体が傷だらけなのは姉の負った傷だから?

・キルコは以前から姉を恋愛対象に見ていて、だから鏡の中の姉にキスしょうとしていたのでは?

このように考えてみると、恋愛感情を矢印で表すと、

弟(現キルコ)→姉、竹早桐子(の容姿)=キルコ(の容姿)←マル

という図式が成り立ちます。

この対称性が僕としてうまくハマっている気がしています。

よってマルが探すもう一人の自分というのもキルコの前の体であるというのがしっくりくると思うのですが、どうでしょうか?

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)