Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

ジョジョ5部アニメ2話ネタバレ解説感想。初期の気持ち悪いブチャラティとギャングスターに憧れるジョルノ

ジョジョをよく知らない人でも分かるように、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第5部の第2話「Episodio 02 ブチャラティが来る」の解説感想を書きました。

  • ジョジョに興味があるけど、原作もアニメも見たことない
  • ジョジョアニメ4部までは見たけど、5部原作漫画は読んでいない

という人向けに、分かりやすく説明します。

 

スタンドって何…?

格好良いと聞いていたブチャラティがすごく気持ち悪いんだけど…?

という部分にも触れていきます。

 

ちなみに私はジョジョの単行本(紙)を持っているのに、わざわざKindleカラーを書い直した程度にはジョジョファンです。

あと、見逃した場合はdアニメストアが安くて、色々なアニメ見れておすすめですよー

ドコモ以外も登録可能!【dアニメストア】

 

アイキャッチ画像(ジョジョ)ジョジョ5部アニメ1話の解説感想。初見でも大丈夫!癖が強くて敬遠していた人向け アイキャッチ画像(ジョジョ)ジョジョ5部アニメ2話ネタバレ解説感想。初期の気持ち悪いブチャラティとギャングスターに憧れるジョルノ いらすとやで分かるジョジョジョジョ第5部「黄金の風」に興味がある初心者のために、いらすとやで解説した

 

目次

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」1話の復習と知っておくべきこと

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」1話の復習と知っておくべきことを簡単にまとめました。

  • ジョジョ5部の舞台はイタリア。町は汚職や貧困などで腐敗している
  • 「正義感、度胸、優しさ」を持つ少年ジョルノは超能力(スタンド)に最近目覚めた
  • 康一くんはジョルノについて調べに日本から来た
  • ジョルノは、涙目のルカを倒したことで、その上司のブチャラティに狙われる

 

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」2話あらすじ内容解説(ネタバレ)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」の第2話「Episodio 02 ブチャラティが来る」のあらすじと内容です(ネタバレあり)。

アルパカ

ジョジョ好きの私が今後のネタバレをしないで解説します

 

ジョルノの父親のDIOって誰?

ジョルノの父親のDIO(ディオ)は、ジョジョの奇妙な冒険の第1部&第3部の主人公のライバルです。

ジョジョ第3部の主人公である空条承太郎が、最終的にDIOを倒しました。

 

DIOはとにかく魅力的な敵キャラです。

カリスマ性があり、残虐性があり、強い。

ジョジョ5部ではDIOは死んでいるため、ほぼ無関係に話は進んでいきます。

つまりDIOのことは気にしないでOKです。

※ジョルノの性格(カリスマ性、残虐性)は父親譲りなんだなーくらいで良いです

 

ジョルノはネグレクト母親とDV父親に育てられた

ジョルノの父親はDIOですが、母親は1人でジョルノを産み育てていました。

2歳の子供を放置して外出することから、現代で言うところの「ネグレクト」な母親だとわかりますね。

しかも再婚相手の父親(イタリア人)は、DV野郎です。

更に周囲の友人たちも助けてはくれず、ジョルノをイジメていました。

※性格もさることながら、イタリアに住む日本人ということで差別されていた側面もありそうです

 

この後、助けたギャングのおかげで、ジョルノは正しく生きることが出来ました。

「人を信じること」を教えてもらったのです。

 

ギャングを助けた幼いジョルノの能力「ゴールド・エクスペリエンス」

幼いジョルノのスタンド能力「ゴールド・エクスペリエンス」で、ギャングの身体を(無意識に)隠して助けました。

このときはまだジョルノはスタンド能力を使いこなせていません。

第1話が始まる数ヶ月前に、突然スタンド能力が目覚めて使えるようになりました(金髪にもなりました)

※父親のDIOの髪型は金髪なので、その「血」の影響が強く出てきた…と考えて良いでしょう

 

ジョルノのアイスに見るギャングのおじさんの影響

ジョルノのアイスに見るギャングのおじさんの影響に気づいた方のTweetがあったので紹介します。

ジョルノ(幼少期)は元々ピスタチオが好きで、ギャングのおじさんに貰ったチョコが好きになった。

そのため、アニメ第1話のジョルノ(青年期)はチョコを頼んでいる…ということですね。

 

ブローノ・ブチャラティは気持ち悪い(序盤だけ)

ブローノ・ブチャラティは、おかっぱの黒髪でジッパーを使うギャングです。

「汗を舐めると嘘が分かる」と言っていました。

これはスタンド能力ではなく、特技みたいなもんです(ジョルノを引っ掛けるための嘘の可能性もあります)。

 

ちなみに汗を舐めて気持ち悪いのは今回で終わりです。

今後のブチャラティは格好良くなりますので期待してください。

 

ブローノ・ブチャラティのスタンド能力「スティッキィ・フィンガーズ」

ブローノ・ブチャラティのスタンドは「スティッキィ・フィンガーズ」です。

その能力は、触れた物・生き物にジッパーを取り付ける…というもの。

ジョジョの世界では、スタンドごとにパラメータがあります。

  • 破壊力:A
  • スピード:A
  • 射程距離:E(2m)
  • 持続力:D
  • 精密動作性:C
  • 成長性:D

こんな感じで、破壊力とスピードには優れますが、射程距離が短いので「近距離パワー型の人型タイプ」とも呼ばれます。

 

ジョルノ・ジョバーナのスタンド能力「ゴールド・エクスペリエンス」

ジョルノ・ジョバーナのスタンド能力「ゴールド・エクスペリエンス」(以下GE)の能力は複数あります。

  • 物体を叩くと生命に変えられる
  • GEが作った生命はカウンター機能を持っている(生命を攻撃した人はそのダメージを受ける)
  • 生命を叩くと、感覚だけが暴走してしまう

パラメータは一旦省略します。

 

今回は、ジョルノはGEで、ブチャラティ(おかっぱ)を叩きました。

結果、過剰に生命を与えられたブチャラティは、意識だけが暴走しています。

普通に殴られても、ゆっくりとその痛みを感じるので、めちゃくちゃ痛いです。

これは割とチートな能力(殴れたらほぼ勝利決定)なので、さり気なく消えていきます。

※ジョジョでは前半の設定がいつの間にか無くなることはよくあるので、気にしないでください

 

ジョジョ5部は「ジョルノがギャングスターを目指すお話」

ジョルノはブチャラティを説得し、ギャングの仲間になることを決意します。

ここまでは、言うならば「プロローグ」的なお話です。

ここからジョジョ5部本編「ジョルノがギャングスターを目指すお話」がはじまるわけです。

「ジョルノの思う正義」を実現するためには「ギャングスター(=ギャング集団のボス)」になるという手段をとろうとしているのですねー。

 

「ジョジョ5部 黄金の風」第2話見どころ(JOJO原作読者、ファン向け)

「ジョジョ5部」第2話見どころ(JOJO原作読者向け)の小ネタ感想です。

5部のネタバレも少ないので、初見の方が見ても(ほぼ)問題ないです。

 

ジョジョ5部の主人公たちって片親率が異常に高い

読み返して気づいたんですけど、ジョジョ5部の主人公たちって片親率が異常に高いんですよねー。

トリッシュもそうだし…。

パッショーネというかブチャラティチームという存在がその役割を代替してくれているともいえますね。

この辺は、改めて今度考察します。

意外と気づきづらい所なので、今後も見てみてください。

 

ジョルノを助けたギャングを、子供が殺そうとする話(アニオリ)

ジョルノを助けたギャングを、子供が殺そうとする話がアニオリでありました。

子供「お前だろ父ちゃんを殺したの」

ギャング「お前の親父はクズだった。俺の島のルールを破って麻薬をさばいていた。女子供を見境なくな。だから殺した」

って感じ。

「クズを退治するには、ギャングにならなきゃいけない」ということを強調するための補足演出だったのかも。

 

ジョルノは、ギャングになったあと、助けてくれたギャングに会えたのか?

ジョルノは、ギャングになったあと、助けてくれたギャングに会えたのか?

これは原作では答えがありませんでした。

仕事の関係上、死んでいる可能性が非常に高いですね。

また、あくまでも進むべき道を示してくれた人物なだけなので、ジョルノが再度出会うということは荒木飛呂彦先生の価値観的に無いのでしょう。

※4部の仗助を助けてくれたヤンキーも同じですよね

 

DIOは何故ジョルノの母親を始末しなかったのか?

DIOは何故ジョルノの母親を始末しなかったのか?

その理由は原作では一切の謎です。

荒木先生も考えていないと思いますw

アルパカ

個人的には「DIOは単純に、興味を失った」のだと解釈しています。

 

ブチャラティの雑学と豆知識

ブチャラティ雑学。

イギリスのロックバンド「ローリングストーンズ」のアルバム「スティッキー・フィンガーズ」が元になっています。

このオリジナルLP版は、「開閉できる本物のジッパー」付きの変形ジャケットだったとか。

 

また、アルバムには「ブラウン・シュガー」という曲が収録されていますが、これはブチャラティが嫌う麻薬の隠語です。

 

ジョルノは何故ブチャラティの歯を持ってきたのだろう

ブチャラティが4人組に隠れている状況で、ブチャラティの歯をハエに変えて、隠れ場所を発見したジョルノ。

なぜジョルノはわざわざ歯を持ってきたのだろう?

ブチャラティを逃さないためにわざわざ持ってきた…と考えるのが妥当でしょう。

この時点からジョルノは相当スマートですし、スタンド能力を(物体を殴ることに関しては)使いこなしていますね。

アルパカ

ちなみに管理人はジョジョで4人といえば「ペイジ、ジョーンズ、プラント、ボーンナム」をついつい思い出してしまいます

 

名言「質問は既に拷問に変わっているんだぜ」

聞けてよかったジョジョの名言シリーズ。

今回は、ブチャラティの「質問は既に拷問に変わっているんだぜ」です。

ジョジョ好きの友人との会話で、答えてもらえない時に使いましょう

 

あとはジョルノのコレ。

「あなた…『覚悟して来てる人』…ですよね 

人を「始末」しようとするって事は逆に「始末」されるかもしれないという危険を

常に『覚悟して来ている』ってわけですよね…」

 

「凄みがある」も聞けたし、ジョジョ5部は名言がいっぱいで楽しい。

 

ジョジョ5部は自己犠牲というか、自分の命や痛みを差し出す点が痺れる

これは、個人的な考えですが、ジョジョ5部は自己犠牲と言いますか「自分の命や痛みを差し出す」点が痺れます。

過去の部よりも自らの身体を晒してでも戦うのが目に付く。

今回もジョルノは「ロケットパンチ」…的に身体を伸ばしてブチャラティを攻撃しましたね。

 

あとは、ジョルノが正義感ありつつも、そのための手段は「非情でも構わない」と思っている点もちょっと特殊。

※結局、ハエを使って麻薬少年を傷つけましたし…

この辺のDIO要素が地味に入っているのも、他の部とは異質なところと言えるでしょう。

 

ジョジョ5部アニメ第2話「ブチャラティが来る」まとめ

ジョジョ5部アニメの第2話「ブチャラティが来る」をまとめると

  • ジョルノはDIOの子供。ネグレクト母親とDV父親の家庭で育てられる
  • ある日ギャングを助けたおかげで生活は一変。ジョルノはギャングスターに憧れるようになる
  • ブチャラティのスティッキー・フィンガーズに狙われて戦うも和解する
  • ブチャラティの組織に加入し、ギャングスターを目指す。

という感じ。

 

アニメを見て続きが待ちきれない方は、ジョジョ5部の漫画をどうぞ!

 

ちなみに私は「単行本」(紙)でも持っていましたが、ジョジョ5部が好きすぎて、Kindleでカラー版を買いました。

ジョジョファンの方は、どこでも読めて、より情報量(色)も多いKindleカラー版をどうぞw

※モノクロ版より100円高いですけどね…

 

以上、「ジョジョ5部1話の解説感想。初見でも大丈夫!癖が強くて敬遠していた人向け」というお話でした。

 

もしもう一度見たい or 見逃した場合は、dアニメストアが安くてオススメですよー

ドコモ以外も登録可能!【dアニメストア】

 

追記:ジョジョ5部3話の解説も書きましたよー

アイキャッチ画像(ジョジョ)ジョジョ5部アニメ2話ネタバレ解説感想。初期の気持ち悪いブチャラティとギャングスターに憧れるジョルノ いらすとやで分かるジョジョジョジョ第5部「黄金の風」に興味がある初心者のために、いらすとやで解説した アイキャッチ画像(ジョジョ)ジョジョ5部のスタンド名でありそうな「ディズニーのアトラクション」まとめ

4 Comments

実年JUMP

判りやすい説明記事がありがたい。
ジョジョ5部をJUMP連載時に読んでた世代。
今更質問だけど・・自分の歯が抜けたとして、
その歯を叩いても本人に反動・影響て出るかな?

返信する
アルパカ

おおー、読んでいただき嬉しいです!

歯は、人体から離れた瞬間から「物質」扱いだと思います。
本人に影響は出ないかなーと。

返信する
実年JUMP

返信ありがたいです

>人体から離れた瞬間から「物質」扱い

だから、折れた歯を使っても、誰かを隠れ蓑にした
ブチャラティを見つけ出せないンじゃーないかと思う
わけです。

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)