進撃の巨人無料キャンペーン中

「放課後さいころ倶楽部」のボードゲームまとめ【個人的オススメ度も】

「放課後さいころ倶楽部」のボードゲームまとめ【個人的オススメ度も】

アナログゲーム好きには堪らない漫画「放課後さいころ倶楽部」に出てきたカードゲーム/ボードゲームをまとめました。

過去にも何度か紹介していますが、ボドゲに興味がある人が読んだらかなり面白い漫画です。

» 参考:マイナーだけど面白い漫画まとめ

今回は「放課後さいころ倶楽部」で扱われたゲームの中でのオススメをまとめてみました。

放課後さいころ倶楽部で紹介されたアナログゲームまとめ

放課後さいころ倶楽部で紹介されたアナログゲームまとめです。

アルパカ

個人的なおすすめ度が高いゲームには「★」をつけています

放課後さいころ倶楽部1巻→「ハゲタカのえじき」

放課後さいころ倶楽部1巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. マラケシュ
  2. ★ごきぶりポーカー
  3. ねことねずみの大レース
  4. ★ハゲタカのえじき
  5. ミラーズホロウの人狼

1巻だけあって、手堅い名作ゲーム多めです。

個人的なオススメはパーティーゲームの「ごきぶりポーカー」と、読み合いが楽しい名作カードゲーム「ハゲタカのえじき」です。

大人数(5人~)でワイワイ遊ぶなら「ごきぶりポーカー」が良いです。

一方で、ボードゲームの「論理性」を楽しみたいなら「ハゲタカのえじき」が良いです。

ちなみに「ハゲタカのえじき」は大好きで、何度もやっているので、個人的な戦略・考察も書いています

» 参考:「ハゲタカのえじき」は名作バッティングゲーム。ジレンマが最高です

 

放課後さいころ倶楽部2巻→「カタンの開拓者たち」

放課後さいころ倶楽部2巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. ガイスター
  2. インカの黄金
  3. ★カタンの開拓者たち
  4. テレストレーション
  5. ファウナ

なんといっても「カタンの開拓者たち(通称:カタン)」が最高です。

プレイ時間60分と重めのゲームなのですが、世界中で大ヒットしている人気ゲームです。

漫画内でも語られるように「カタン以前、カタン以後」という言葉があるほど、ボードゲーム史に深く関わる名作です。

  • 良いところ:戦略と運のバランスが良い。「交渉」が面白い
  • 悪いところ:1回のプレイ時間が長い。持ち運びには適していない

ちなみに、ガイスターも面白いんですが、どうしても運の要素が強いです。

アルパカ

せっかくなら長く遊べるゲームの方が良いかなあと思っています。

 

放課後さいころ倶楽部3巻→「ニムト」

放課後さいころ倶楽部3巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. ★ニムト
  2. キング・オブ・トーキョー
  3. ★ごいた
  4. ドブル
  5. バトルライン

作中で紹介されている通り、天才ゲームデザイナーは3人います(通称3K)

  • クラウス・トイバー
  • ライナー・クニツィア
  • ヴォルフガンブ・クラマー

2巻で出てきた「カタン」はクラウスが作りました。

そして、クラマーが作ったのが「ニムト」です。

シンプルで、大人数で何度でも遊べるゲームでして、旅先で活躍するタイプのゲームです。

ちなみに私がボードゲームにハマったキッカケとなったゲームの1つです。

 

ヨーロッパゲームでもないですし、地味なゲームですが、「ごいた」も超面白いです。

チーム戦必須なゲームでして、戦略と読みあいがハマった時の痛快感がたまりません。

この漫画をキッカケに知れてよかったゲームの1つです。

 

放課後さいころ倶楽部4巻→「ケルト」

放課後さいころ倶楽部4巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. ラブレター
  2. もんじろう
  3. アイランド
  4. ★ケルト

ぶっちゃけどれもあまりオススメできませんw

ラブレターは個人的には面白さがいまいちわかりませんでした。

ケルトはクニツィアのジレンマ系ゲームで面白いには面白いんですが、手軽さなどを考えると「ハゲタカのえじき」とかの方が総合的には良いよなーと思います。

※ボードゲーム好きなら「ケルト」面白いですけどね

 

放課後さいころ倶楽部5巻→「パンデミック」

放課後さいころ倶楽部5巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. ピット
  2. オニリム
  3. エルフェンランド
  4. だるまさんがころんだ
  5. ★パンデミック

とにかくパンデミックはオススメです。

チームでプレイする(全員で協力して遊ぶ)珍しいタイプのゲームです。

難易度も選べますし、世界を救っている感じが楽しいです。

また、ゲームバランスも絶妙で「あと一歩で世界を救えなかった…」という展開になることがよくあります。

ゲームはやりたいけど、みんなで争う感じは嫌いだと言う人にはうってつけの一作です。

実は一人でも楽しめるのでオススメw

 

放課後さいころ倶楽部6巻→「カルカソンヌ」

放課後さいころ倶楽部6巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. アクワイア
  2. ブロックス
  3. レディース&ジェントルメン
  4. バルバロッサ
  5. ★カルカソンヌ

世界大会も開かれることでおなじみの「カルカソンヌ」がオススメ。

2人~5人まで遊べますし、意外と短い時間で濃厚な時間を過ごすことができます。

ボードゲーム史に残る名作の1つです。

アルパカ

個人的には、ブロックスも結構好きですが、手軽にやるゲームにしては、ちょっとサイズが大きいのが残念ですね

 

放課後さいころ倶楽部7巻→「ナンジャモンジャ」

放課後さいころ倶楽部7巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. プエルトリコ
  2. ダンシングドラゴン
  3. ★ナンジャモンジャ

とにかく「ナンジャモンジャ」はオススメです。

誰とでも確実に楽しめて盛り上がるゲームです。

むしろ初対面だったり、まだ親しくない人とやると、仲良くなるキッカケになって良い気がします。

色々な色(バージョン)がありますが、無難にミドリから始めるのが良いと思います。

※どれも大差ないですけどね

下記の記事でも紹介していますが、初心者向きですよ!

 

放課後さいころ倶楽部8巻→「チャオチャオ」

放課後さいころ倶楽部8巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. ヘックメック
  2. ファミリア
  3. クアルト
  4. ★チャオチャオ
  5. 魔法のラビリンス

どれも癖があるゲームですが「チャオチャオ」が良いかと思います。

ブラフ系ゲームの傑作の1つです。

30分と中量級のゲームですが、面白いです。

 

放課後さいころ倶楽部9巻→「アンドールの伝説」

放課後さいころ倶楽部9巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. お邪魔者
  2. ★アンドールの伝説
  3. コードネーム
  4. ディクシット

「アンドールの伝説」はRPG好きなら気に入る作品です。

ゲームシステムそのものと戦うという仕組みでして、他の人と一緒にボードゲームをリアルでやる面白さがあります。

オンラインRPGゲームのような面白さを、アナログで出来るというのが特徴ですね

 

放課後さいころ倶楽部10巻→「アグリコラ 牧場の動物たち」

放課後さいころ倶楽部10巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. 禁断の砂漠
  2. セレスティア
  3. パッチワーク
  4. カルバ
  5. ★アグリコラ 牧場の動物たち

「アグリコラ」はヘビー級ボードゲームのチャンピオン的な存在です。

やれる人も限られていますし、次巻もかかるのですが、とにかく面白い。

学生の頃に出会っていたら、もっと遊びまくっていたと思いますw

重めのゲームをやりたいなら、プエルトリコよりもアグリゴラを先にやるのがオススメです。

 

放課後さいころ倶楽部11巻→「それはオレの魚だ!」

放課後さいころ倶楽部11巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. クゥワークル
  2. ★それはオレの魚だ!
  3. スティッキー
  4. ドデリド

「それはオレの魚だ!」がこの中だとオススメです。

小さな箱ゲーで、安いですが、面白いです。

サクサク遊べるし、ルールも簡単だしと高水準なゲームです。

※ただ、最初のセッティングが面倒くさいのがキズですね

 

放課後さいころ倶楽部12巻

放課後さいころ倶楽部12巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. カヤナック
  2. ブラフ
  3. ナイアガラ
  4. バロニィ

 

放課後さいころ倶楽部13巻

放課後さいころ倶楽部13巻に出てきたアナログゲーム(ボードゲーム)はこちら。

  1. ブラックストーリーズ
  2. カロム
  3. ベストフレンド
  4. ウェンディゴのこわい話
  5. くるりんパニック

 

放課後さいころ倶楽部の概要紹介

放課後さいころ倶楽部の概要紹介を簡単に。

  • 女子高生たちがアナログゲームに夢中になる話
  • 作者は中道裕大(なかみちひろお)さん
  • ゲッサン(月間少年サンデー)で連載中
  • アニメ化も予定されている

って感じ。

この「放課後さいころ倶楽部」という漫画は、ボードゲームを選ぶのに最適だと思います。

※なんとなくゲームの雰囲気が分かります、スゴい

 

【結論】迷ったらこのボードゲームを買うべき

放課後さいころ倶楽部に出てきた「ボードゲーム」の中のオススメをまとめました。

軽量(簡単・誰とでも出来るゲーム)

 

中量級(30分~60分で楽しめるゲーム)

重量級(1時間以上は見ておいた方が良いゲーム)

 

という感じです。

基本的には、漫画を読んで面白そうだなあ、と思ったものを試してみるのが良いと思います。

 

迷った方は、以下の3つを検討するのが良いでしょう。

 

人気記事一人でも楽しめるボードゲーム・カードゲーム10選

人気記事ボードゲーム・カードゲーム初心者におすすめ5選

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)