ハンターハンター再開前に読んで!

僕らはみんな河合荘11巻(最終巻)ネタバレ感想 オススメのラブコメです。

僕らはみんな河合荘の漫画が、11巻(最終巻)をもって完結しました。
いやあ、良質なラブコメでしたわ…

 

もうね、いろんな要素がツボな作品でした

  • ヒロインのりっちゃんがとてつもなくかわいい
  • 2ページに1度の高頻度で繰り出される小気味よいギャグ
  • ひとつ屋根の下の男女の共同生活

 

いわゆる、コメディ要素強めのラブコメです。
※作者は元々4コマ漫画を書いていた宮原るりさん

「僕らはみんな河合荘」はこんな人にオススメです~

  • めぞん一刻やラブひなのような寮生活(下宿)ラブコメが好きな人
  • ツンデレヒロインが可愛ければとにかくOKな人
  • シモネタ含むギャグに抵抗がない人

 

原作の漫画とアニメ版がありますが、漫画版の方がおすすめです。絵が良い(ヒロインりっちゃんが可愛い)ので。
漫画の絵↓

 

さてさて
ネタバレありで作品全体を通じた感想&考察を書こうと思います。

僕らはみんな河合荘11巻(最終巻)までのネタバレ感想

僕らはみんな河合荘11巻(最終巻)までのネタバレ感想です。

コンパクトに完結しましたね。

 

ラストまでテンポが変わらない安定感

最後の最後までテンポが変わらずギャグ満載でした。
最終巻でも、シロさんが出ていくシーンやら、りっちゃんとうさくんがキスしそうになるシーンなど、大きく物語が動く場面でも、しっかりとツッコミが入る。

ここまでギャグベースを崩さないラブコメって少ないのではないでしょうか(もう少し普通ラブに偏るw)

 

物語の終わり方(漫画の結末)

最後まで「キスをしない」という河合荘らしい結末でした。
いや、確かに河合荘にいる間(高校生の間)はキスをしてはいけない(というかいかがわしいことしちゃダメ)というルールはあったけどさ。
そこを貫き通す辺り、これは「うさとりっちゃん」の二人の話ではなく、あくまで「河合荘」という空間、その場のお話なんだな、と思いました。

 

せめて、後日談ではそういう直接的なシーンが有っても良かったと思いますけどね。
※一応、うさくんのりっちゃんへの呼び方が「律」に変わっている辺り、着実にドラマがあって色々と進展していたんだな、と読者の妄想の余地はありましたw

 

うさくんのりっちゃんへの告白が成功した(9巻)

うさくんとりっちゃんがくっついた河合荘9巻。

 

「お前はラブコメのモテすぎで鈍い男子か」と言いたくなるような鈍さのりっちゃん。
彼女が徐々に自分の気持ちに気づいていく姿が堪らなかった。
ヤキモチを焼くりっちゃんが最高に可愛い。
ツンデレならぬツン焼きという単語がりっちゃんのために誕生しても良いくらいにはインパクトが大きかった(読んだ人なら分かるはず)

 

そして1巻から猛アプローチをかけていたうさくんの気持ちが報われて、喜びもひとしおです。

 

普通、一緒に下校しましょうとか、自転車乗りませんか、とかそういうのに断られたら多くの男子は撃沈してもうそれ以上アプローチできないだろうに。
うさくんの変ショリ能力で磨かれた強靭メンタルのおかげだろうか。

 

城崎(シロさん)の正体は小説家

城崎(シロさん)の正体は小説家でした。
これはまあ1巻から読んでいて、皆薄々気づいていたことでしょう。
わかりやすく、河合住子さん(管理人)がそういう感じの反応をしていましたしね。

 

シロという呼ばれ方(本名を誰も知らない)というのも確信的でした。

 

林の「平凡で、心安らぐ日々を送りたい… 世界が…許してくれる、なら…」

林は良いキャラでしたね。「平凡で、心安らぐ日々を送りたい… 世界が…許してくれる、なら…」という強烈な中2フレーズが印象的。
最初は高校デビューで中学の中2病キャラを忘れてうさくんに酷い扱いをしました。
その代償として作品内ではなかなかに報われない、恋の応援キャラクタのポジションを作者から与えられましたw

 

一応、黒川さん(書生)を好きという描写もありましたが、ウサくんにも恋心(少なくとも好意)があったのは間違いありませんでした。

 

渡辺彩花は報われない

麻弓さんとシロさんが恋仲に発展しそうな中、彩花ちゃんは報われないポジションでした。
いや、5人しかいない河合荘だから仕方ないんだけどね。

 

彼女にとっては、田舎の親との関係、友人の美晴(ツネコ)との関係が大事だったのかも。

結局、唯一「本心がわからない」というか、裏側が描かれきらなかったキャラクタだったかな、という気がします。

 

僕らはみんな河合荘の思い出のシーンまとめ

僕らはみんな河合荘の思い出のシーンを勝手にまとめます、独断ですw
 

書生カフェでの変ショリエピソード

書生カフェで変ショリの宇佐くんがバカにされるシーンが印象的でした。
合コン的な場で「中学時代、変ショリと呼ばれていたこと」と「書生のバイト」をしていることをバカにされる宇佐くん。

 

マジで心痛むわ。

 

リア充というかパリピというかウェイウェイした人たちの、軽薄な「いじり」に嫌な思い出がある人には、たまらなかったはず。

そこにきての河合荘一丸となっての反撃が痛快でした。
りっちゃんこういう時格好良すぎるし、普段は喧嘩ばかりしている麻弓さんも「味方だと頼りになる」感がハンパない。
カタルシスとは、苦しみとその開放から生まれるのだな、と痛感したエピソードでした。

 

シャボン玉と河合荘ルネッサンス

最後の方の回想でも出てきましたが、シャボン玉のエピソードも印象的でした。
シャボン玉が弾けるがごとく、うさくんとりっちゃんが真の意味で打ち解けたのもこのエピソードだったかもな、 と今にして思います。

 

可哀想ルネッサンスとか、ミロのビーナスとか、ウサくんのギャグも良かった。
そして笑いをこらえるりっちゃんがスーパー可愛かった(語彙力)

 

ムカデ事件

ムカデがりっちゃんの服について、とってくれたうさくんに対して、お湯をかけてしまったエピソード。
うさくんを怪我させてしまってからのりっちゃんのアレコレも名シーンですね。

あとは、さやかちゃんがムカデをまったく苦手に思わないところも…

 

チャーミーさん

河合荘の7人目の住人「チャーミーさん」(人形)です。
チャッキーとしか形容できないその容姿。
少年漫画には出せないキャラクタだよな、と思いましたw

 

僕らはみんな河合荘の作品考察

僕らはみんな河合荘の作品考察です。
 

作者の代理人は「錦野麻弓」

ラブコメにも色々な作品がありますが、この作品はコメディ強めでしたね。そのコメディを担ったのが、場にツッコミを入れ続ける麻弓さんです。
このキャラクタ、完全に作者の代理人ですよね、きっと。

 

ラブ度が上がった時の浄化役でもありますし、河合荘という場に最後まで居続ける主的存在でもあります。
基本的に物語を進める役目、そしてラブコメをラブにより過ぎないようにする役目でした。

 

作者自身が、ラブが強まったときに、「むずがゆさ」みたいなものを感じて、ついつい「ツッコミを入れなきゃ」と反応してしまうのだと想像します。

 

分かる人にしかわからないと思いますが、魔法陣グルグルのギップル的な存在です。
※場が「クサくなる」(照れくさい、恥ずかしい台詞が増える)と登場するキャラクタ

 

 「僕らはみんな河合荘」=「僕らはみんな可哀相」

 僕らはみんな河合荘というタイトルは明らかに、「僕らはみんな可哀相」という意味ですね。
それぞれが可哀想なのです。

  • 変ショリと呼ばれて、普通の人との関係が築けなかったうさくん
  • 本が好きすぎて、友人もいない律ちゃん
  • 三十路で恋人がいなく結婚が遠い麻弓さん
  • Mで社会不適合な感じのシロさん
  • 表と裏の顔があって団体生活に馴染めず友達も少ないだろう彩花さん

 

世間一般に見て「可哀想な人達」と思われる要素があります。
そんな人々が、ひとつ屋根の下、お互いが「変」であることを認め合いながら生活するというのが河合荘なのです。

 

リアルに考えると、シロさんとか「まじきもい」と言われて本当に迫害されてもおかしくないw
りっちゃんも皆から無視されたり腫れ物扱いされてもおかしくないですからね。
「みんな等しく可哀想」だから成立した場なのだと思います。

 

めぞん一刻、ラブひなに並ぶ寮生活(下宿)ラブコメの最高傑作

めぞん一刻やラブひなに並んで、寮生活(下宿)ラブコメの最高傑作だと思います。
女性陣が複数いても、サブヒロインにならなかったのは、いわゆる女性作者の描く女性向けのラブコメだったからでしょう。
※ラブひなだと、ヒロイン候補多かったですよね

 

一つのコミュニティ、ひとつ屋根の下に「好きな人がいる」状況は、もう最高のシチュエーションですよね。
これは、男子も女子も思春期の気持ちを忘れていない人なら誰もが思うはず。
そんな甘酸っぱいひとときを、最後まで描ききってくれた河合荘、本当に好き。

 

ちなみに、今作の特徴というのは、恋愛関係にない存在の管理人(住子さん)がいることだと思います。
あくまで河合荘という場の話であって、河合荘の中心には住子さんがいる。
そこで保たれるコミュニティの安定(みんな仲良くすること)というのを土台として、ラブコメが展開される。

この「安心感」というのが一つポイントだったんじゃないでしょうか。

 

河合荘は「仮宿」である

僕らはみんな河合荘4巻の9話で馬淵さんに対して、管理人の住子さんが言い放ちます。

「もうここへ戻ってきてはダメ」

「一度出た仮宿に帰ってきてはいけないわ」

 

夢を叶えた馬淵さんにとっては、今の仕事こそが現実なのです。

 

安心できる家庭のような河合荘。
しかし、あくまでも「仮宿」なのだ、と。

ここをいつかは出ないといけない。
いつまでも時が止まった空間にはいられない(11巻でも皆出ていきましたね)

 

この仮宿の話、11巻でも続きが語られます。
人々の心に「河合荘にいた」という思い出があれば、新たな場所でもやっていけるのです。

仮宿であり、思い出の場所でもあり、自分が確かに仲間たちと過ごした過去。

そんな「思い出の足場」があるからこそ、人は歩ける、飛躍できるのでしょう。

 

結論はりっちゃんがかわいい。赤面がかわいすぎて辛い

色々言いましたけど、この作品を一言で表すと「りっちゃんが可愛い」に着地しますw

 

高橋くんや椎名さんという「当て馬」を餌に、ヤキモチ焼きまくり、修羅場しまくりだった7巻前後が最高に良かったです。
感情が揺れ動き、関係がギクシャクしたあとのりっちゃんの「きらいにならないで…」とか最強すぎた。

 

自分の気持に鈍感でマイペースなヒロインとか、意外と新しい領域を開拓してくれました。
りっちゃんの赤面を見るために単行本を集めたといっても過言ではない。

以上、「僕らはみんな河合荘11巻(最終巻)ネタバレ感想 オススメのラブコメです。」というお話でした。

 

【追記】最終巻の後発売された「僕らはみんな河合荘コレクションBOOK」も、ファン満足の内容です。丁寧な仕事です。イラストがめちゃ良かった…

 

「僕らはみんな河合荘」を全巻読破した人は、同作者の漫画「恋愛ラボ」も絶対気にいるはず。
要チェックです!

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)