Amazon大セール中!確実に得する方法まとめ

ドキュメンタル シーズン6全話感想とメンバーまとめ。つまらない時と面白い時の差が激しい

松本人志プレゼンツ ドキュメンタル シーズン6の全話感想とメンバーまとめです。

アルパカ

今回はおとなしいメンバーが多くて、つまらない時面白い時の差が激しかったです…

ドキュメンタル シーズン6の紹介

松本人志プレゼンツ ドキュメンタル シーズン6の紹介です。

  • 配信日は2018年11月30日(金)
  • 新ルール追加はなし
  • 女性芸人が多め ※今回の特徴

って感じ。

アルパカ

攻撃的な人&賞金をなんとしても欲しい人がいなかった穏やかなシーズンでした

 

そもそもドキュメンタルって何?

そもそもドキュメンタルって何?どんな番組か?

簡単にまとめます

  • 松本人志主催の「お笑いバトルロワイヤル」
  • Amazonで独占配信中
  • 優勝賞金1000万円を賭けて、お笑い芸人10人がお互いを笑わせあう
  • お笑い芸人の参加費用は100万円

というもの。

シーズンは、0から6まであり、(ほぼ)毎回面白くなっています

アルパカ

個人的にはドキュメンタル5が一番好き
Amazonプライム会員ならドキュメンタルを見られる

Amazonプライム会員は大量の映画やバラエティが見放題のサービスです。

ドキュメンタルを観るならAmazonプライム会員になる必要があります。

今なら30日間無料体験キャンペーン中なので、興味があればどうぞ。

30日間完全無料 & いつでもキャンセルOK

この後、参加メンバーのネタバレをしているので「登場シーン含めて楽しみたい方」は動画を見るのをオススメします!

 

ドキュメンタル6の参加メンバー(ネタバレ)

ドキュメンタル6の参加メンバー(ネタバレ)です。

赤字が新メンバーです。

  • ゆりやんレトリィバァ
  • 近藤春菜(ハリセンボン)
  • 友近
  • 真栄田(スリムクラブ)
  • 村上ショージ
  • 黒沢かずこ(森三中)2回目
  • 大悟(千鳥)2回目
  • 陣内智則 2回目
  • 藤本敏史(FUJIWARA)4回目
  • ジミー大西 4回目

注目は女性お笑い芸人達ですね。

友近さん、ゆりやんさんは、全く笑わないイメージがあります。

 

ドキュメンタル6 ルール(今回は新ルールなし)

ドキュメンタルシーズン6のルールです(今回は新ルールなしです)

  • 制限時間6時間
  • カードの種類は3種類(イエローカード、オレンジカード、レッドカード)
  • ジャッジは、松本人志が行う
  • 助っ人制度で、参加者は助っ人を1人呼べる(シーズン5で導入)
  • ゾンビタイムあり(敗北した芸人が笑わせに来る)
  • 脱落者がゾンビとして残りの芸人を全滅させたらノーコンテスト

今回の目玉はあくまでも参加者です。

アルパカ

批判がだんだん多くなってきたので、ちょっとマイルドにしようという路線かもしれないと感じました

 

ドキュメンタル6全話感想(ネタバレ)

ドキュメンタル6全話感想です(ネタバレあり)

ドキュメンタル6 エピソード1「かつてない挑戦者」あらすじ&感想

ドキュメンタル6のエピソード1「かつてない挑戦者」のあらすじと、ネタバレ感想です。

あらすじはこちら

「めちゃくちゃおもろいメンバーやな!」と松本。意外性のあるメンバーが揃い、かつてない「実験」が始まる。ドキュメンタル史上最多4人の実力派女芸人、最年長63歳のベテラン芸人、そして過去に苦渋を味わい、リベンジに燃える芸人たち…。意地と意地、男と女が入り乱れる、新たな戦いの鐘が鳴る。出演者:村上ショージ、ジミー大西、FUJIWARA 藤本敏史、陣内智則、千鳥 大悟、森三中 黒沢かずこ、友近、スリムクラブ 真栄田賢、ハリセンボン 近藤春菜、ゆりやんレトリィバァ(C)2018 YD Creation

引用元:ドキュメンタル6

 

いつもどおり、

  • 芸人たちの登場シーン
  • ルール説明
  • 最初の1笑いで終了

でした。

ジミーちゃんは4回目ということで、徐々に学習してきていて、最初から全力で責めるスタイルに変えたようですね。

「最初は落ち着いていきませんか」という提案もあったりで、いつもとは空気違うなあという感じ。

先程ちらっと書きましたが、今回の特徴としては「女性芸人が多い」ことに加えて「本気で1000万円欲しい人がいない」というのがポイントです。

 

もちろん、厳密には全員お金は欲しいでしょうけど、過去に参加した若手芸人のような勝利への情熱はないように思えます。

それゆえ、全体的に落ち着いた感じというか、冷静に戦おうという雰囲気がありますよね。

あと「野性爆弾くっきー」や「ハリウッドザコシショウ」のような場を荒らすジョーカーカードがいないのも特徴。

それゆえ、どうしても、カオスにはなりづらく、いまいち「爆発しない」雰囲気です。

 

ドキュメンタル6 エピソード2「阿吽の呼吸」あらすじ&感想

ドキュメンタル6のエピソード2「阿吽の呼吸」のあらすじと、ネタバレ感想です。

あらすじはこちら。

序盤から激しく手数を出し合う挑戦者たち。細かい笑いを仕掛けるショージと、それにダメ出しをする藤本が不穏な空気に…。そんな中、女芸人たちにスイッチが入った。突然はじまる絶妙な4人の合体技が他の挑戦者を追い詰めていく。1人また1人とペナルティカードを食らう中、ついに最初の脱落者が…。(C)2018 YD Creation

引用元:ドキュメンタル6

脱落者は

  • 千鳥大悟

のみでした。

アルパカ

いつもより展開遅い…

 

個人的に面白かったのはこの辺り

  • フジモンから村上ショージへの厳しいツッコミ
  • ショージ「俺はアッキーナか」 フジモン「いやユッキーナや」
  • 「鉄壁」の流れをやらない村上ショージ
  • フジモンが「晴れ時々たかじん」を歌う
  • 友近「I’m harry potter」

 

フジモンさんへの笑い判定の甘さはもはやどうでも良いとして、フジモンさんのツッコミの切れ味が光った回だと思います。

あれだけの速度で、即座に突っ込めるって、いやはや凄いです。

今回は大きめのボケが少なかったのもあり、いぶし銀のような良い働きですよね

アルパカ

バイプレイヤーとして終わりたくないという発言ありましたけどw

 

あと女性陣が結託して、それぞれ即興で自己紹介する流れとかは、面白くなりそう…でイマイチでしたねw

友近とゆりやんの「I’m Harry potter」のくだりもネタが衝突したりで、ドキュメンタルの難しさが出ています。

 

あと、いつもより判定がやや甘い感じも目立ちます。

今回は攻撃力高い人が少ないので、もっとシビアに判定してもいい気もしましたね。

※実際、エピソード2の時点では、大悟以外は脱落者いないです

 

苦手な人多そうだったのが

  • チェリー吉武(たんぽぽ白鳥と結婚)への千鳥大悟の当たり
  • ジミー大西の卵を入れる芸

あたりのネタ。

まあ、この辺りの下ネタや過激な描写はTVでは見られないドキュメンタル専用の芸を見れたと思いましょう。

 

って感じでエピソード2でした。

アルパカ

いつもと違ってエピソードが5つではなく4つなのは「撮れ高が少なかった」のかもしれないですね…

エピソード3,4は追加されたら書きますね!

↓追記しました(2018/12/8)

 

ドキュメンタル6 エピソード3

ドキュメンタル6のエピソード3「袋のネズミ」のあらすじと、ネタバレ感想です。

あらすじはこちら。

序盤から激しく手数を出し合う挑戦者たち。細かい笑いを仕掛けるショージと、それにダメ出しをする藤本が不穏な空気に…。そんな中、女芸人たちにスイッチが入った。突然はじまる絶妙な4人の合体技が他の挑戦者を追い詰めていく。1人また1人とペナルティカードを食らう中、ついに最初の脱落者が…。(C)2018 YD Creation

引用元:ドキュメンタル6

脱落者は

  • 大悟(千鳥) ※前回
  • 陣内智則

のみでした。

 

感想としては「ドキュメンタル6ではこのエピソードだけ見ておけば良いんじゃないか」と思うほど面白かった!

他のエピソードはどうしても、つまらない時間が多い感じがしましたねw

 

今回は、ゆりやんさん&友近さんの圧倒的な攻撃力が目立ちました。

陣内を倒した、コラボによる「ちんとんしゃん」のくだりが最高でしたね。

アルパカ

エンドレス「チン・トン・シャン」はドキュメンタルの歴史に残りますね

 

春菜さんも攻撃に参加ということで、女芸人3人によるコントというか、ミュージカル的な演出が面白すぎた。

この第3話だけは何度見ても笑える気がします。

アルパカ

私は一体何を見ているんだ…という気持ちになりますけどw

 

というか、やはり友近さんがうますぎますね。

他の人の良さを引き出す役として最強。

即興での歌や、英語朗読への翻訳など、何故アドリブでそんなに面白く演出できるんだという。

アルパカ

最後の方の展開が変わりまくる演出は、ラーメンズをちょっと思い出しましたね

 

ドキュメンタル6 エピソード4

ドキュメンタル6のエピソード4「デッドヒート」のあらすじと、ネタバレ感想です。

あらすじはこちら。

ラスト46分は歴史的な死闘となった。生き残る7人の元に、捨て身のゾンビや助っ人の大物歌手が襲来。戦いの場がカオスとなる中、ついに女芸人が“全て”をさらけ出し、限界を超えるネタを繰り出し始める。最終局面まで3人が無傷という、ハイレベルな接戦の果てに、新たな覇者が誕生した。(C)2018 YD Creation

引用元:ドキュメンタル6

脱落者は

  • 悟(千鳥) ※前回
  • 陣内智則 ※前回
  • 大悟(千鳥)
  • フジモン
  • 村上ショージ

でした。まさかの5人も残っての終了です。

アルパカ

ゆりやんと友近どっちが残るのか?笑って退場するのか?というところだけが注目でしたね。

 

友近さんの元ハローバイバイで、都市伝説の人「関暁夫」のものまねが面白かったです。

  • amazon
  • →aを消してzをsに変える
  • →mason
  • →フリーメイソン!!

の強引すぎる流れに笑ってしまいましたw

 

最後までゆりやんさんの攻撃が目立ちました。

  • 丸出しでの登場
  • ちびっこ相撲

 

友近さんも、終了間際で衣装チェンジして攻撃に徹したり、やっぱりオフェンシブな人が多いと面白いなと思いました。

 

終了15分前にフジモンさんが退場してしまって、ボケを拾う人がいなくなると、空気が変わりました。

アルパカ

フジモンさんの笑いの判定はやはり怪しいところはありますが、攻撃を受けてそれにツッコむ姿勢は非常に良いですよね

 

エピソード4は盛り上がりらしい盛り上がりもなく、ゾンビもいまいち弱かった印象です。

  • 無傷が3人
  • 残った人は5人

ということで、笑いの数・強さは少なかったシーズンかなと思います。

 

ドキュメンタル6の優勝者は?あの人です(ネタバレ)

ドキュメンタル6の優勝者は?(ネタバレ)

ゆりやんレトリィバァでした。

 

アルパカ

あれ、友近のほうが攻撃ポイント多くありませんでしたっけ?

ゆりやんは笑った回数がゼロ回で、友近はオレンジカードだったから差し引きあったのでしょうか?

そんなルールありましたっけ?(間違えていたら教えてください)

いずれにせよ、ゆりやんさんも、友近さんも両方面白かったので良いんですけどね。

 

 

アルパカ

バランスのとり方が難しいと思いますが、今回みたいな「マイルドな演者&回」よりも、もっとオフェンシブで緊張感漂うものを見たいなあ、というのが個人的な感想です。

 

以上、「ドキュメンタル シーズン6全話感想とメンバーまとめ」でした。

アルパカ

ドキュメンタルシーズン7は2019年春の予定らしいです!
Amazonプライム会員ならドキュメンタルを見られる

Amazonプライム会員は大量の映画やバラエティが見放題のサービスです。

ドキュメンタルを観るならAmazonプライム会員になる必要があります。

今なら30日間無料体験キャンペーン中なので、興味があればどうぞ。

30日間完全無料 & いつでもキャンセルOK

2 Comments

ねるそん

優勝者については「今回は無傷が3人いたのでその中でポイント高い人が優勝」と松本さんが言ってましたね。
そういうルールあったか?まではわかりませんけど。。

返信する
アルパカ

あ、たしかにそう言ってましたね!
「生存者の中で」ポイント高い人ではなく、「無傷の中で」…なんですね。
コメント感謝です!

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)