ハンターハンター解説記事まとめ

9割の人が勘違いしている科学的に効率の悪い・無意味な勉強方法まとめ

9割の人が勘違いしている科学的に効率の悪い・無意味な勉強方法とは何か?

結論から言うと「自分に適した学習スタイルがある」という考えです。

アルパカ

色々と「間違えた学習方法」があるようなので、まとめました

科学的に効率の悪い・無意味な勉強方法まとめ

科学的に効率の悪い・無意味な勉強方法のまとめです。

※元ネタはアメリカ進捗センターの調査&ケント州立大学の効率の悪い勉強法に関する研究です

 

適した学習スタイルがある→嘘でした

  • 「人のモーダルチャンネル(視覚や聴覚など五感)にあった学習をしたほうが良い」
  • 「本が好きなら読書中心に学んだほうが良い」

という話をよく聞きます。

これ全くの嘘(というか間違い)だったそうです。

基本的な学習のやり方は

  • 理解する時に自分の言葉で置き換える
  • 適切なタイミングで復習する

というエッセンスさえ守ればOKでして、個人個人にあった学習法というのはそもそも無さそうですね。

以下、理解する時と、復習する時に陥りがちな間違いをまとめます。

 

【理解】テキストを要約する、集中学習する→間違い

理解に関して言うと

  • テキストを要約する
  • 集中学習(長時間学習し、勉強後に休まない)

というのは、あまり効率的ではないそうです。

そもそもテキストの要約は難易度が高く、全体像を理解していないと要約が出来ないのだとか。

逆に要約が出来るほどの知識があるのならば、要約は必要がないというアンビバレントな感じ。

 

集中学習も微妙でして、集中モードの後に緩和モードを挟まないと知識が定着しないし、新たな発想が生まれづらいのだとか。

 

【記憶】アンダーライン、語呂合わせ、とりあえず復習→無駄

理解したものを今度は思い出す必要があります。

そのためには、短期記憶の状態から、長期記憶の状態に移行する必要があります。

長期記憶にする時に無意味(更には効率を下げる可能性もある)勉強法は

  • アンダーライン
  • 語呂合わせ
  • とりあえず復習

です。

アンダーラインは、結局その一箇所の情報だけを覚えてしまうので「使える知識」にならないようです。

語呂合わせも同様に、文脈が存在しない「単語の羅列」を覚えるだけになるので、学校の丸暗記テストくらいにしか使えまsね。

「とりあえず復習」に関してはもっとひどくて、忘れる前に復習するとむしろ記憶の定着に悪影響があるようです。

 

復習に関しては適切なタイミングで学び直して、脳に負荷をかける必要があります。

 

褒め方を間違えると学習効率が下がる?

ちなみに、「褒め方」を間違えると、学習効率が下がるようです。

人間は

  • 硬直マインドセット(人生は才能だ)
  • しなやかマインドセット(人は成長する)

という2つのマインドセットを持っています。

現実に即している、かつ、学習に適しているのは「しなやかマインドセット」の方です。

いわゆる「しっかりと戦略的に努力をすれば、上達する」という考え方ですね。

アルパカ

このマインドセットについてまとまった良書はこちら↓

 

このしなやかマインドセットの敵となるのが「結果や賢さを褒められること」です。

というのも「結果や賢さ」を褒められると、それを守ろうとしすぎて、

  • ズルしやすくなる
  • 努力しなくなる
  • 失敗した時にヤル気が一気に下がる

という状態になります。

故に、大事なのは「学習プロセス(どういう風に戦略的に勉強して、努力をたくさんしたか)」を褒めることのほうが重要らしいです。

 

意味がないと思われていたけど最強だった勉強法

無意味なのに「意味がある」と思っていた勉強は以上です。

今度は逆に「無意味」と思われていたけど「意味がある」勉強法を紹介します。

クイズ形式の学習法は効果あり

クイズ形式の学習法は、ある調査によると6割の人が「意味がない」と感じていたようです。

しかし実際は「最強レベル」に意味がある勉強法です。

 

心理学の世界では「検索練習」と呼ばれているやり方でして、能動的に思い出すことが長期記憶の定着に非常に役に立ちます。

 

テキストを何度も読み返す代わりに…

「テキストを何度も読み返す」というのも多くの人が信じている効果的な勉強法です。

しかし、覚えているうちに復習することは無意味ですし、害すらあります。

代わりにやるべきなのが「クイズ形式の学習」です。

 

テキスト・教科書を繰り返しても脳は能動的に記憶に定着させようとしません。

クイズを行うことで、長期記憶に定着化しやすくなります。

 

まとめ:意味のない勉強法はやめよう

様々な研究で明らかになった「意味のない勉強法」。

アルパカ

はっきり言って、学生の頃に知りたかったです。

まとめると、

  • 自分に適した学習スタイルで勉強する
  • テキストを何度も読み返す
  • アンダーラインを引く(ハイライトする)
  • テキストを要約する
  • 語呂合わせで覚える
  • 覚えているうちに馮習する
  • 生徒の賢さを褒める

って感じ。

 

代わりにこれだけ抑えておけばいい勉強のポイントは

  • 理解する時→自分の言葉で置き換える
  • 記憶する時→脳が忘れるタイミングで復習する

という点です。

 

色々な科学論文のまとめ記事や、DaiGoの勉強法の本を参考に書きました。

「効率的な勉強法」については改めてまとめますね~

【追記】効率的な勉強法はDaiGoさんの本が最強でした↓

» 参考:DaiGo「超効率勉強法」感想。現時点で最高の学習書です

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)