人生ゲーム攻略法をもっと早く知りたかった | 橘玲「人生は攻略できる」感想

人生ゲームの攻略法をもっと早く知りたかった。

橘玲さんの新作『人生は攻略できる』を読んで、そんな風に感じました。

私は20歳くらいの時に、橘玲さんの「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を読んで「お金」についての話は学んでいました。

※当時の脳みそじゃ、雰囲気の理解だけでしたけど…

 

「金融資本」以外も含めた「合理的な人生設計」についての本が出たのは、最近のこと。

この類の本をもっと若い時に読みたかった。

そうすれば、人生ゲームの進展はもう少し変わっていたかもな、と思います。

アルパカ

ぶっちゃけ胡散臭いタイトルですが、まっとうな中身の本なのでオススメです

 

「人生は攻略できる」とは?

「人生は攻略できる」のまえがきが無料公開されています。

是非読んでみてください

» 参考:人生は「攻略」できる

 

まえがきで書かれている通り、

  • 人生の幸福=「現在のやりがい」+「過去のやりがいの積み重ね」
  • 幸福の土台=①お金 ②仕事 ③愛情・友情 の3本柱

というのが本書を貫く主張です。

 

この「幸福の土台」は別の言い方をすると

  • お金=金融資本
  • 仕事=人的資本
  • 愛情・友情=社会資本

という感じでして、過去の著作で詳しく書かれています。

※「人生は攻略できる」は若者向けで、「幸福の資本論」はちょっと大人向けです

 

人生をゲームに捉える

人生をゲームとして捉える。

わかりやすい比喩の裏側で、かなり本質をついている(従えばうまくいきやすい)話がたくさんありました。

 

変化のないゲームは嫌だ(ゲーム性の欠如した物語はつまらない)

変化のないゲームは嫌です。

  • ドラクエの最初の村から出られない
  • 最初から魔王を倒せる力を持っているので、冒険にならない

となると、明らかにゲーム性がありません。

 

アルパカ

そんなゲームは明らかにつまらないです

» 参考:人生ドラクエ化マニュアルの感想

 

その観点で考えると「持たざるもの」として「LV1の低パラメータ」で生まれたことは、決して悲観する事実ではありません。

なぜなら物語に必要な要素

  • 逆境
  • 成長
  • 危機一髪
  • 大逆転
  • ハッピーエンド

を満たすことが出来るからです。

※逆に「持っている人」は、一度「持たない状態」を経由する必要があります

 

好きを仕事にする(スペシャリスト)になる

人生の選択肢は徐々に減っていきます。

その耐え難い事実を、ポジティブに捉えよう、と著者は語ります。

 

年をとると「自分の好きなこと、得意なことを見つけて、それに集中する」事ができる。

いや、「集中せざるを得ない」状況になっていくのです。

 

その結果、生まれるのがスペシャリスト(専門家)です。

ゲーム的に言うと、戦士の道を極めるのか魔法使いの道を極めるのか、みたいな感じですね。

 

とはいえ現実はやっぱり厳しい(年をとってからのチャレンジについて)

そんなスペシャリストですが、自動的にはなれません。

「早いうちから、様々なチャレンジをする」ことが出来た人のみが到達できます。

 

また、年をとってからのチャレンジも厳しいのが事実。

ドラクエでいうと、ずっと戦士として50歳まで過ごしてきた人が、いきなり魔法使いになるようなもの。

ある程度の魔法は覚えられるでしょう。

しかしそれは、他の若い魔法使いも使えるような「低級魔法」にすぎないのです。

 

スペシャリティを探すためには、生まれながらの「キャラクタ」を見る

スペシャリティを探すためには、生まれながらの「キャラクタ」を見るのが良さそうです。

 

ついつい人は「何者にでもなれる」という幻想を持ってしまいます。

しかし現実は「生まれ」と「環境」で多くのことが決まってしまいます。

一例を上げると、

  • 幼少期の集団内のキャラクタが性格を作る
  • 知能は人種や親によって半分くらい決まる

という感じ。

※橘玲さんの「もっと言ってはいけない」が難しいけど色々と書かれていて面白いです

 

生まれながらの「キャラクタ」に従う。

そして「昔から好きなこと」をやる。

これが一番良い戦略です。

 

というのも、「昔から好きなこと」「子供の頃、周囲よりちょっと得意だったこと」という、冷たい事実があるから。

そして、好きなことは「自分らしい」とも言えますし、何より「圧倒的な努力(苦にならない努力)」が出来る領域でもあります。

アルパカ

スペシャリティを得るために好きなことを仕事にするべき…

 

「人生は攻略できる」が過去作と違う所

本作「人生は攻略できる」は、若者向けの本です。

とにかく読みやすい

過去作と違って、橘玲さんの主張はやや「楽観的」といいますか「現実を言祝ぐ」表現が多いなと感じました。

主張の根っこは変わっていませんが、表現がかなり簡単で、わかりやすく書かれています。

アルパカ

「自己啓発」や「信じれば夢が叶う」教を徐々に引っ張るためのフックなのかも

 

逆に、最近出た本だと「もっと言ってはいけない」は面白い半面、かなり読むのが大変でした(知的レベル高すぎ)

この辺りの対象読者に酔って「柔軟」切り替える感じが好みです。

※ちなみに私は著作をだいたい全部買ってます

 

幸福の資本論で語られなかった「やりがいの積み重ね」

幸福の資本論では、「やりがい」が大事という話がありました。

※非常に合理的な橘玲さんの主張ゆえ、意外でした

 

本書では、人生の幸福には「やりがいが積み重なること」が大事だと述べています。

  • 好きなことに夢中になるのが「やりがい」
  • やりがいが積み重なると「生きがい」になる
  • ある時点から「生きがい」を振り返ると「幸福な人生」と認識する

という流れです。

この「積み重なる」という観点が、本書で語られる新たなポイントかな、と思います。

※そのこと自体の記述は少なかったですが、観点として「なるほどな」と感じました

 

橘玲流の「好きを仕事に」論

前作「幸福の資本論」でも語られていた「好きを仕事に」を、より細かく書いたのが本書です。

現実の事例を出しつつ、論理を組み立てて、「故に、好きを仕事にするべきだ」と語っている様は痛快です。

年齢が若ければ「チャレンジするべき」と素直に思えるはず。

 

【まとめ】「人生は攻略できる」は橘玲入門書としてもオススメ

「人生は攻略できる」は橘玲入門書としてもオススメです。

 

当記事で書いた「戦略」の他にも、「戦術」についてもたくさん書かれています

橘玲さんの過去の著作の「結論」が広く載っているので、かなりコスパ高めな本だと思います。

※逆に私のような橘玲本をたくさん読んだ人には、ちょっと物足りないかも?

 

そのへんの自己啓発書やビジネス書を読む前に、ぜひ一度、この本を読んでおくと良いです。

アルパカ

決して損はしない本ですよ、ほんと

 

【おまけ】橘玲本のおすすめ3冊

おまけです。

本書のあとがきで、橘玲本のおすすめが大量に載っていました。

書いてあるとおり、興味がある本から読めばいいのですが、個人的なオススメは以下の3冊。

 

【1】「人生は攻略できる」的な話をもっと深く知りたい↓

 

【2】お金について勉強したい↓

 

【3】知的興奮を味わいたい↓

 

どの本もクオリティが高いのでオススメです。

関連記事橘玲「働き方2.0 vs 働き方4.0」感想。不条理な会社人生から自由になれるか?

関連記事「キャリアを手放す勇気」高学歴で大企業勤務を捨てられるか?

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)