映画「ジョーカー」の感想(Click)

脱スマホ依存症!対策方法・症状・危険性など元中毒者がまとめました【6選】

脱スマホ依存症!対策方法・症状・危険性など元中毒者がまとめました【6選】

スマートフォンに時間をとられていませんか?

「脱スマホ依存症」と第して、スマホ依存を治すための対策をまとめました。

心理学的な方法も織り込んでいるので、中毒性がかなり減り、依存率も下がりますよ。

アルパカ

意志の力で努力しても続きません。仕組み化でスマホ依存を脱しましょう

 

スマホ依存の知識を得る【症状や危険性を知る】

まず、対策の前に「スマホ依存の知識」を得ましょう。

症状や危険性を知ることで「依存症は悪いものだ」と無意識に気づかせるためです。

スマホ依存症の症状(ネット依存)

スマホ依存症(ネット依存)の症状は以下の通り

  • 車や自転車の運転中にスマホを触る
  • スマホがないと落ち着かない
  • リアルで会話中にもスマホをいじる
  • 風呂場やトイレにスマホを持っていく
  • 夜スマホをいじっていて睡眠時間が不足する

アルパカ

どれもこれも心当たりある…

 

スマホ依存の危険性

スマホ依存の結果、以下のような危険性があります

  • 体内時計が狂う→睡眠不足や肥満
  • 姿勢が悪くなる→肩こり、頭痛、猫背、血行不良
  • ドライアイ(眼精疲労)→視力低下
  • 指の酷使→親指の腱鞘炎や小指の変形(スマホ指)

アルパカ

時間が無くなるだけじゃなくて、体・脳も変化してしまうのが恐ろしいですね。

>関連記事:現代の病の直し方は「最高の体調」を読めば分かる

 

スマホ依存症を治すための対策まとめ【6選】

スマホ依存症を治すための対策まとめです。

スマホの設定を見直す【通知機能OFF】

スマホの設定を見直しましょう。

まず1番の問題は「通知」です。

「通知」があると脳の報酬系が反応して快楽(気持ちよさ・ドキドキ感)を感じてしまいます。

これが中毒性につながります。

以下の手順で通知をオフにしましょう

  1. スマートフォンの「設定」アプリを開く
  2. 設定内の「通知設定」を選択する
  3. 通知をオフにする

「通知に気づけないと困る…」という考えもありますが、人間は作業が中断されると集中力がかなり失われます。

その損失を考えると、通知にはむしろ気づかないほうが人生の時間は増えます。

 

本当に大事な用事は、電話が来るはずです。

それ以外のメールやLINEの通知は完全にオフにしましょう。

そして「1日の中でこの時間だけスマホで連絡を確認する」と決めて過ごすのがオススメです。

アルパカ

私は基本的には朝8時、昼12時、夕17時、夜21時の4回に制限しています

 

スマホ内の中毒性が高いアプリを削除する

スマホ内の中毒性が高いアプリを削除しましょう。

とはいえ、SNS関係のアプリは連絡手段だと思うので削除は難しいはず。

※PCを普段から使う人は、TwitterやFacebookはPC利用に制限したほうが良いです

 

以下のアプリは消しておくのをオススメします

  • Youtube
  • ニコニコ動画
  • ソシャゲー全般

…と書いても「消せない!」という人が大半のはず。

ということで、人間の心理学を利用して、利用回数を減らすところから始めましょう。

 

中毒性の高いアプリを遠ざける

中毒性の高いアプリを遠ざけることで、人間の無意識で「面倒くさい」と思わせます。

アルパカ

これ、効果絶大です

具体的な方法は簡単で

  1. フォルダアイコンを作成する(アプリをドラッグして、まとめようとするとフォルダが出来ます)
  2. フォルダアイコンに色々なアプリを入れまくる
  3. 中毒性の高いアプリをフォルダ内の奥の方(何度もスワイプしないと触れない位置)に持っていく

というもの。

つまり、ホーム画面など「アクセスしやすい」場所から、フォルダの奥など「アクセスしづらい」場所に移すだけです。

※ショーン・エイカーさんという心理学者が提唱した「20秒ルール」という理論が元です

 

こうすることで、私はYoutube、LINEなど依存性が高いアプリの利用時間が半分以下になりました(努力不要で、自然となりました)

アルパカ

人間の無意識の力は恐ろしい…

 

Webブラウザのアクセス制限

Webブラウザ(GoogleChromeやSafariなど)のアクセス制限も有効な手段です。

iPhoneの場合、「設定アプリ→一般→機能制限→Webサイト」で「常に禁止」のところにURLを入れればアクセスできなくなります。

TwitterやYoutubeなど依存性が高いWEBサイトを入れておくと、中毒性が下がります

アルパカ

先ほど紹介した方法で「Webブラウザ」もフォルダの奥の方に入れておくとより効果が高いです

 

通信制限をする【最終手段だが最強】

通信制限をするというのも最終手段ですが最強の手です。

私もネット依存を減らすために一時期、WIFIの契約を解除しました。

で、スマホのギガ数制限がある状況で暮らしました。

「今このサイトを見たら、月末に容量が足りなくなる」

という危機感から、ネットサーフィンやYoutube動画の視聴回数が減りました。

アルパカ

こういう強制力を使うのはやはり強いです

 

あと、格安SIMに変更することもオススメです。

単純に月々の固定費節約にもなりますし、低用量(毎月3GB)にすると、とにかくネットを使わなくなります。

 

スマホ依存対策アプリをインストールする

スマホ依存対策アプリをインストールする方法もオススメです。

有料アプリで「Forest」という物があります。

スマホに触らない時間に応じて、木が育つ…というもの。

育った気が増えてくると、森(Forest)になっていきます。

 

人はお金を払うと元を取ろうという意識が働きます。

スマホ依存が深刻な方は購入してみると良いでしょう(240円です)

 

無料で似たアプリ「ブロックタイマー」も良いです。

こちらも箱庭を育てるアプリです。お試しにどうぞ。

 

スマホ依存症対策まとめ

スマホ依存症対策をまとめると以下の通りです。

  1. スマホの設定を見直す【通知機能OFF】
  2. スマホ内の中毒性が高いアプリを削除する
  3. 中毒性の高いアプリを遠ざける
  4. Webブラウザのアクセス制限
  5. 通信制限をする【最終手段だが最強】
  6. スマホ依存対策アプリをインストールする

 

すぐに出来るので是非やってみてください。

特にオススメは3番の「中毒性の高いアプリを遠ざける(フォルダの奥底に入れる)」という方法です。

アプリを使うのが面倒臭くなって、中毒性が意外に減ります。

 

私もこれらの技を駆使して、スマホ依存症から抜け出せました。

アルパカ

お試しあれ~

人気記事おすすめのストレス解消法100選まとめ【保存版】

関連サイト私が禁酒に成功した方法【断酒して1000日経過】

コメントはお気軽にどうぞ!