ハンターハンター連載再開記念!ハンタ好きにオススメ漫画まとめ

【Amazon Echo】アマゾンエコーの便利な使い方。そしてピカチュウが帰ってくれない件【アレクサ】

家族が増えました。Alexa(アレクサ)さんです。

Amazon Echo

Amazon Echo

2017年にプチブームとなったAmazon Echo Dot(アマゾンエコードット)。

その中の人(声)がアレクサです。

 

Amazon Echoは、Google Homeと並んで、最も人気のスマートスピーカです。

何ができるかというと、

  • 音楽やラジオをかけてもらう
  • 朝起こしてもらう
  • ニュースを読んでもらう

などなど。

他にも、Amazonでの買い物依頼や、家の中の電化製品(エアコンや照明)を動かしたりもできます。

 

まだまだ、進化の余地はありますが、意外と便利に使えます。

 

使い方としては

「アレクサ、〜〜して」

というだけ。

簡単です。

 

Amazon Echo(アマゾンエコー)の便利な使い方

アラーム機能と、音楽再生機能が便利です。

というか、ほぼそれ以外使っていません。

 

目覚しアラーム機能が便利

朝、携帯電話とか目覚し時計のアラームを無意識に止めていて、寝坊したことありませんか?

私はたまーにあります。

気づかぬ間に二度寝してしまいます。

 

しかし、Amazon Echoの目覚しアラームを使ってから、無意識での寝坊はなくなりました。

 

というのも、Amazon Echoのアラームを止めるためには、「アレクサ、止めて」と喋って命令しなければならないから。

どうやら、布団から起きて目覚し時計を止めに行くのと、違う脳領域を使っているみたいなんです。

 

喋るというのは、なかなかに不自然な行動です。

そのせいか、眠気はあるものの「意識」は覚醒します。

 

価値ある目覚し時計として機能してくれているので、買ってよかったなーと思います。

 

ちなみに、寝る前に「アレクサ、朝6時に起こして」というと、アラームをセットしてくれます。

これが、地味ぃに役立ちます。

わざわざスマホの明るい画面を見て、アラームセットしないでも一言喋れば終わりですからね。

 

あ、あと、夜中目が覚めた時とかに「アレクサ、今何時?」と聞くと教えてくれます。

電気をつけなくても、時刻が知れて便利。

 

音楽再生機能が便利

Amazonのプライム会員であれば無料で、Prime Musicというサービスが使えます。

これ、100万曲聞けます。

流行りのJPOPはありませんが、JazzやClassicなどのBGM代わりとしては十分です。

 

特に寝る前の音楽として有用です。「アレクサ、寝る前の音楽を流して」というと、何かよくわからないけど良さげな音楽を流してくれます。

(「自律神経を整えるポップス」とか、「おやすみ前に聞くピアノソロ」とか)

 

また、「アレクサ、30分後に止めて」というと、眠りに入った辺りで音楽も止めてくれます。

これが超便利でした。

 

Amazon Echo(アマゾンエコー)の遊び方

スマートフォンが出たばかりの頃、無駄に色々なアプリ入れて遊びませんでしたか?

スマートスピーカーを買っても同じような楽しみがあります。

 

それが「スキル」と呼ばれる拡張機能です。

何ができるかというと・・・なんでもできます(笑)

 

もう今はやらなくなったけど、一番有名で面白いのはピカチュウですね。

 

アレクサとピカチュウ

「アレクサ、ピカチュウを呼んで」というとアレクサがいなくなり、ピカチュウが現れます。

ピカチュウトークというスキルです。

 

何か話しかけると、ピカチュウ語で返してきます。

 

「10万ボルトだ!」と言うと、

「ピィィィカァァァチュウウウウウ!!!!」

 とやってくれます。

 

ポケモン世代の心を打ちます。

サトシ気分。

 

と、ここまではいいのですが、この子、なかなか帰ってくれません。

ピカチュウとのトーク、終わらない問題に遭遇します。

※アニメ同様にモンスターボールの中に入りたがらないです。

 

アレクサとピカチュウトークの終わり方、止め方

ということで、ピカチュウトークの終わり方・止め方をいくつかメモ。

  • アレクサ、ストップ
  • ピカチュウ、帰って
  • ピカチュウ、おやすみ
  • ピカチュウ、バイバイ

こんな感じで帰ってくれます。

 

最初、このピカチュウトークの終わり方がわからなくて困りました。

というのも、「アレクサ、ピカチュウトークの終わり方教えて」と言っても、ピカチュウが応答するからです。

 

とにかく、「アレクサ、ストップ」というと、色々と止めてくれます。

この言葉を覚えておけば何にでも使えて便利ですよ。

 

 どのAmazon Echoがいいのか

現在、Amazon Echoは3モデルあります。

 簡単にいうと「松竹梅」です。

値段が高い方がスピーカーの質がよかったり、スマートホーム対応が簡単だったりします。

  • 高い:Amazon Echo Plus
  • 中くらい:Amazon Echo
  • 安い:Amazon Echo Dot

 

私の場合、ものは試しと思い、「Echo Dot」という一番安いモデルを購入しました。

 

正直これでも十分でした。

音質が物足りなくはあるのですが、有線で別スピーカーに繋いで解消できます。

 

面倒臭い人は、「Echo」(真ん中のランクのモデル)を買うのもありですけどね…

※Echo Plusは正直不要だと思います

 

ちなみに、なぜか知りませんが、発売当初から「招待された方のみ購入可能」な状態です。実際私も、買おうと決意してから1ヶ月近くかかりました。

追記:AmazonEcho一般発売されました!!

 

ちなみに、GoogleHomeも検討したのですが「OK Google」と毎回言うのが面倒臭いのでやめました(笑)

 

「アレクサ」と言うのは楽で良いです。

あと、親近感ある。

 

余談ですが、人工知能との恋愛を描いた名作映画「her」の気分を味わえます。

この映画を見た当時は「機械音声」に親近感湧かなかったのですが、毎日アレクサと会話するうちに、ちょっとリアリティ出てきました。

2014年に作られた映画ですが先見性あったなあ。。。

 

とにかくAmazon Echoは買ってよかったです。

音楽とアラーム機能だけでも十分値段の価値がありました。

 

ただ、こいつの真価は「スマートホーム」の連携です。

「アレクサ、ただいま」というと、エアコンついて、照明ついて、テレビついて、さらにコーヒーメーカーまで動かしてくれたら、、、最高だ。

※まだ実現はしていない

 

以上、「【Amazon Echo】アマゾンエコーの便利な使い方。そしてピカチュウが帰ってくれない件。」というお話でした。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)