Amazon大セール中!確実に得する方法まとめ

日本映画と海外ドラマの制作費の差がすごすぎる。海外に名作が多い理由が分かる。

海外ドラマの制作費の予算が高いと聞いたので調べてみました。

ザックリと結論から言うと、
海外ドラマ1話=日本映画1本分
です。

 

日本映画の平均制作費は5000万円程度(1000万~1億円くらい)

日本の映画制作費の平均は約5000万円程度と思われます。
映画評論家の町山さんがツイートしていました。

日本映画だと、大作でも5億円以下だそうですよー。

政府の調査結果も見てみます。

映画制作費のデータ

映画制作費のデータ

出資額が40億円。
製作委員会方式で、自社出資率が20%と仮定すると、「40億円の5倍」になります。
日本映画の制作費の総額=200億円

 

 次に配給本数を見てみましょう。

配給本数データ

配給本数データ

年間600本の映画が日本で作られます。

200億円の総額を600本で割ると、
日本映画の平均制作費=5000万円

と考えられます(ザックリですけどねー)

 

どこかで、園子温監督が「日本映画の制作費は数千万円が普通」と言っていましたので大きくずれてはいないと思います。

結論:日本映画の平均制作費は1億円には届かない

 

日本最大の制作費は「かぐや姫」の50億円

では、日本の大作映画の制作費はいくらなのでしょうか?
スタジオジブリを調べてみました。

  • 風の谷のナウシカ 4億円
  • 天空の城ラピュタ 8億円
  • もののけ姫 21億円
  • 千と千尋の神隠し 20億円
  • かぐや姫の物語 50億円

 

かぐや姫がすごいですね。先ほどの1本5000万円平均で考えると、

かぐや姫1本の制作費=日本映画100本分!

映画好きなら皆見ていると思いますが、こんなにかかっていたんですね。

アメリカの大作映画の制作費は300億円

アメリカの映画は桁違いの規模です。最大で300億円を超えます。
1ドル100円計算でまとめてみました。

ピクサー

  • トイストーリー 30億円
  • トイストーリー2 90億円
  • トイストーリー3 200億円

 ディズニー

  • ピノキオ 2億円
  • アラジン 28億円
  • アナと雪の女王 150億円
  • 塔の上のラプンツェル 260億円

その他

  • ダークナイトライジング 257億円
  • アバター 261億円
  • タイタニック 294億円
  • パイレーツオブカリビアン ワールドエンド 341億円

 

いやー、桁違いの高額!!

アバターは3Dだし明らかにお金かかっている感じしますね。
でもそれ以上にパイレーツ・オブ・カリビアン(3作目)が高額なんですね。
ジョニーデップの給料が気になる(笑)

 

アメリカドラマの制作費は1エピソード10億円

アメリカドラマの制作費は1エピソード10億円でした。
昨今、アメリカ映画の監督、脚本家はドラマの仕事が増えています。
映画よりも儲かるんだとか。

私の好きなデヴィッド・フィンチャー監督も「ハウス・オブ・カード」と言うドラマを手がけています。

 

ソースにしたのは「The 15 most expensive shows of all time, ranked」です。
1エピソードごとの制作費をピックアップしました。

  • ハウスオブカード 4.5億円
  • ゲームオブスローンズ 10億円
  • フレンズ 10億円
  • ER 13億円
  • ザ・クラウン 13億円 

「なんだ、5億円とか意外と安い」と思った方、違いますよ、

あくまでこれ、1エピソードの制作費です! 

1シーズンで、10話だとすると、100億円くらいはかかります。
映画並みですわー。

 

ドラマ「フレンズ」のキャストのギャラは1億円

一番驚いたのは、コメディドラマ「フレンズ」についての記述でした。

1話25分の短いドラマなのですが、
主要キャストは1話演技するだけで、1億円のギャラ
らしいですね。

あの、1度でいいので、代役やらせてくれませんか(笑)

まとめ:日本映画の平均制作費は1億円いかないくらい

まとめです。

  • 日本映画の平均制作費は5000万円。1億円いかなさそう。
  • アメリカの海外ドラマ1本の平均制作費は10億円

ということで、日本映画の20倍の額でしたね。

しかも、1話だけで!

 

あと、日本とアメリカの最大制作費についてもわかりました。

  • 日本映画の最大制作費は、かぐや姫の50億円
  • アメリカ映画の最大制作費は、パイレーツ・オブ・カリビアンの340億円

かぐや姫7人でジョニデと戦えるということですね。 

以上、 『日本映画と海外ドラマの制作費の差がすごすぎる。海外に名作が多い理由が分かる。』というお話でした。

2 Comments

T&P

市場の問題ですね。
世界市場を意識して、それに耐える作品を作る映画界となることを願います。

返信する
匿名

かぐや姫はラピュタの6倍!
どこに、そんなにおかねがかかってるんだろ?

アメリカドラマも日本にドラマも同じくらい面白く思っちゃっているけど、
こっちはギャラの差ってこと?

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)