あるアルパカの知恵

アラサー男の趣味ブログ。楽しい話と、役立つ話を提供します。

日本映画と海外ドラマの制作費の差がすごすぎる。海外に名作が多い理由が分かる。

海外ドラマの制作費の予算が高いと聞いたので調べてみました。

結論から言うと、

海外ドラマ1話=日本映画1本分

です。

日本映画の平均制作費は5000万円程度(1000万~1億円くらい)

日本の映画制作費の平均は約5000万円程度と思われます。

映画評論家の町山さんがツイートしていました。

日本映画だと、大作でも5億円以下だそうですよー。

 

政府の調査結果も見てみます。

f:id:alpacajp:20180215231807p:plain

出資額が40億円。

製作委員会方式で、自社出資率が20%と仮定すると、「40億円の5倍」になります。

日本映画の制作費の総額=200億円

 f:id:alpacajp:20180215232554p:plain

年間600本の映画が日本で作られます。

200億円の総額を600本で割って、

日本映画の平均制作費=5000万円

 

どこかで、園子温監督が「日本映画の制作費は数千万円が普通」と言っていましたので大きくずれてはいないと思います。

結論:日本映画の平均制作費は1億円には届かない

 

日本最大の制作費は「かぐや姫」の50億円

では、日本の大作映画の制作費はいくらなのでしょうか?

ジブリを調べてみました。

  • 風の谷のナウシカ 4億円
  • 天空の城ラピュタ 8億円
  • もののけ姫 21億円
  • 千と千尋の神隠し 20億円
  • かぐや姫の物語 50億円

 

かぐや姫がすごいですね。先ほどの1本5000万円平均で考えると、

かぐや姫1本の制作費=日本映画100本分!

 

映画好きなら皆見ていると思いますが、こんなにかかっていたんですね。

かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]

 

アメリカの大作映画の制作費は300億円

アメリカの映画は桁違いの規模です。最大で300億円を超えます。

1ドル100円計算でまとめてみました。

ピクサー

  • トイストーリー 30億円
  • トイストーリー2 90億円
  • トイストーリー3 200億円

 ディズニー

  • ピノキオ 2億円
  • アラジン 28億円
  • アナと雪の女王 150億円
  • 塔の上のラプンツェル 260億円

そのほか

  • ダークナイトライジング 257億円
  • アバター 261億円
  • タイタニック 294億円
  • パイレーツオブカリビアン ワールドエンド 341億円

 

いやー、桁違いの高額!!

アバターは3Dだし明らかにお金かかっている感じしますね。

でもそれ以上にパイレーツ・オブ・カリビアン(3作目)が高額なんですね。

ジョニーデップの給料が気になる(笑)

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 4K UHD MovieNEX(3枚組) [4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray + デジタルコピー + MovieNEXワールド]
 

 

アメリカドラマの制作費は1エピソード10億円

アメリカドラマの制作費は1エピソード10億円でした。

昨今、アメリカ映画の監督、脚本家はドラマの仕事が増えています。

映画よりも儲かるんだとか。

※私の好きなデヴィッド・フィンチャー監督も「ハウス・オブ・カード」と言うドラマを手がけています。

 

ソースにしたのは「The 15 most expensive shows of all time, ranked」です。1エピソードごとの制作費をピックアップしました。

  • ハウスオブカード 4.5億円
  • ゲームオブスローンズ 10億円
  • フレンズ 10億円
  • ER 13億円
  • ザ・クラウン 13億円 

「なんだ、5億円とか意外と安い」と思ったあなた。

あくまでこれ、1エピソードの制作費です! 

1シーズンで、10話だとすると、100億円くらいはかかります。映画並み。

ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

 

ドラマ「フレンズ」のキャストのギャラは1億円

一番驚いたのは、コメディドラマ「フレンズ」についての記述。

1話25分の短いドラマなのですが、主要キャストは1話演技するだけで、1億円のギャラらしいですね。

あの、1度でいいので、代役やらせてくれませんか(笑)

フレンズ <シーズン1-10> ブルーレイ全巻セット(21枚組) [Blu-ray]

フレンズ <シーズン1-10> ブルーレイ全巻セット(21枚組) [Blu-ray]

 

まとめ

  • 日本映画の平均制作費は5000万円
  • アメリカの海外ドラマ1本の平均制作費は10億円

ということで、日本映画の20倍の額でしたね。1話だけで!

 

あと、日本とアメリカの最大制作費についてもわかりました。

  • 日本映画の最大制作費は、かぐや姫の50億円
  • アメリカ映画の最大制作費は、パイレーツ・オブ・カリビアンの340億円

かぐや姫7人でジョニデと戦えるということですね。 

 

以上、 『日本映画と海外ドラマの制作費の差がすごすぎる。海外に名作が多い理由が分かる。』というお話でした。