ハンターハンター解説記事まとめ

漫画「ヒストリエ」1巻のネタバレ感想と伏線解説。面白い理由を探る【part1】

マンガ「ヒストリエ」1巻の伏線と面白いポイントを解説します。

多少ネタバレありますが、ヒストリエの面白さがいまいちわからない人向けの簡単な紹介記事です。

アルパカ

ヒストリエは巻が進むほど面白くなるので、この時点ではまだまだ地味な面白さですね

» 参考:「ヒストリエ」紹介 | 漫画を無料で読む方法と、評判・評価が高い理由について

ヒストリエ1巻のネタバレ感想(面白いポイントまとめ)

ヒストリエ1巻の面白いポイントまとめです。

1巻の冒頭へ繋がるのは4巻の回想終わりから

1巻の冒頭へ繋がるのは、4巻の回想終わりからです。

この1巻~4巻が岩明先生オリジナルなフィクションです。

いきなり物語の舞台が現在→過去へと飛ぶのは珍しい構成です。

 

ちなみに、荒野で拾った青銅のヘビは、キリスト教的なモチーフもありそう。

» 参考:青銅の蛇(Wiki)

 

史実(原作)を知っているか、マンガをこの後読み進めていれば、「アレキサンダー大王」の額のヘビのことかな、と思うはず。

※この時点では、エウメネスはアレキサンダーの「ヘビの痣」を知りません

 

奴隷と差別と表情

「奴隷」という現代の我々からすると「明らかにダメ」なものも容認されていたのがこの時代です。

エウメネスは主人公であり、正しさの代弁者でもあります。

現代の感覚で「差別では?」と言っているシーンが印象的でした。

引用元:ヒストリエ1巻

引用元:ヒストリエ1巻

1話目から面白いなーと思ったのが、この奴隷の沈黙の表情です。

この奴隷(ビクタス)、この後逃げますw

「不満を抱いていたけれど、言葉には出さなかった(出せなかった)」というのも1コマで描いていたということが、脱走によって分かります。

 

謎の主人公エウメネスとカルディア

謎の主人公エウメネスと、カルディアの描写が1巻ではされました。

1話目からして、アリストテレスすら感心させる知恵を見せたエウメネス。

彼の天才っぷりがさりげなく描かれています。

アルパカ

「君は天才だ」みたいに言わないところがマンガ的に良いですよね

 

そして、カルディアに戻ってきたエウメネスは何者なのか、ここで何があったのか?

というところから回想に入ります。

まさかワンピースも驚きの4巻以上続けての回想になるとは思いませんでしたw

 

ちなみにこのマンガは史実を元にしています。

なので、それを知らないと、ここで語られる「王宮」という言葉は唐突に思えます(気にしなくても良いですけどね)

引用元:ヒストリエ1巻

引用元:ヒストリエ1巻

 

エウメネスの賢さがとにかく際立つ1巻

エウメネスの賢さがとにかく際立つ1巻でした。

城に入るために、敵味方の状況を把握し、適切な一手を打つ。

確かにこのやり方なら、開門するかもなあ、という妙な説得力がありました、スゲー。

 

あと、地味に勇気がある。

自分の考えが合っているだろう自身の強さもあるでしょうが、兵士たちの中を堂々と歩くのはなかなかできないですよね。

アルパカ

地味だけどスゴい「エウメネス」にじわじわ魅了されていきます

 

ヒストリエ1巻の伏線まとめ

ヒストリエ1巻の伏線まとめです。

こういう細かいところが実は伏線になっていましたね。

エウメネスが地球と名付ける

まず1巻では、哲学者アリストテレスと主人公エウメネスとの邂逅が描かれます。

ここでエウメネスはこの世界を「地球」と名付けます(表紙も地球を持っているエウメネスでしたね)

ヒストリエ地球

引用元:ヒストリエ1巻

 

アンティゴノスがエウメネスという名前に反応する

アンティゴノスは、エウメネスという名前に反応しています(こういうのが細かくて楽しい)

エウメネスの名前

引用元:ヒストリエ1巻

このときは、エウメネスという名前が特別なものかなと思っていたのですが、読み進めていくと分かりますねw

 

アンティゴノスという名前はここで初登場

アンティゴノスという「名前」はまた後半の巻で出てくるのですが、ここが最初でした。

引用元:ヒストリエ1巻

引用元:ヒストリエ1巻

ヒストリエ9巻付近まで読むと、「あ、この名前…」となるはず。

ってことで、最新刊まで読んでから1巻を読み直すとそれはそれで発見があります。

 

アルパカ

面白いですねー!

 

以上、ヒストリエ1巻の伏線と面白いポイント解説でした。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)