ハンターハンター解説記事まとめ

石黒正数の短編作品はどれも面白いけど「外天楼」が一番好き【感想】

石黒正数さんの短編作品はどれも面白いのですが「外天楼」(げてんろう)が一番好きです、って話。

アルパカ

石黒正数さんは「それでも町は廻っている(それ町)」や、このマンガがすごい!2019オトコ編第1位獲得の「天国大魔境」の作者です

石黒正数さんといえば短編!

石黒正数さんといえば「短編作品」がめちゃくちゃ面白い漫画家です。

石黒さんの短編作品は数多くあります。

ただですね、その中でもダントツで面白いと思っているのが「外天楼」です。

他の短編と比べてブラック目な話です。

※ちなみに長期連載だったそれ町(それでも町は廻っている)も、突然短編的な話(主人公が車に牽かれて天国に行ったり)が挟まれるのが面白い作品です

 

「外天楼」がめちゃくちゃ面白いって話

短編集「外天楼」がめちゃくちゃ面白いって話。

元々は、メフィスト(講談社のミステリ小説誌)の連載作品を集めたのが本作です。

アルパカ

メフィストは森博嗣さん、西尾維新さんを排出したメフィスト賞で有名な雑誌です

外天楼は一見ただのコメディ・ギャグ短編

外天楼は一見ただのコメディ・ギャグの短編だと思いました。

というのも、最初の短編が「成人向け雑誌を買いに行く少年たちの葛藤・挑戦を描く」話です

引用元:外天楼

引用元:外天楼

「悪魔の棚から本を取ると目立つから、女神の棚から取るべきだ!」みたいな議論をする少年たち。

バカバカしい話を真剣に描くシュールな面白さですw

※一応この話は、何故「成人向けの本」がゴミ捨て場に捨てられていたのか?というミステリーです

 

次は第2話「宇宙刑事vs.ディテクト」。

引用元:外天楼

引用元:外天楼

宇宙刑事ズバンが倒した戦闘員が「実は人間」で死んでいた。

誰がそれを仕組んだのか?…というミステリ風味の話になっています。

ただ演出が明らかにギャグです。

引用元:外天楼

引用元:外天楼

アルパカ

「ヒーロー物の主人公が過失致死って(笑)」と思って読んでいました

 

その後の短編も、ミステリあるある風のパロディギャグが満載。

1話1話の、ネタも面白く、短編それ自体で充分満足できる出来でした。

アルパカ

しかしそれだけじゃないのがこの短編集…!!

 

気づいたら再登場している登場人物たち。つながっていく話

外天楼を読み勧めていくと、気づいたら登場人物たちが再登場していくんですね。

そして、過去の短編であった話がつながっていく。

最初に「成人向け雑誌」でわーきゃー騒いでいた子どもたち。

彼らが大人になって出てきたと思ったら、衝撃的なことを語ります

 

アルパカ

「え、前半のあの話ってここに繋がるの?」

アルパカ

「あれって伏線だったの?」

とにかく驚きで、突然頭を殴られる感じ

 

1話それぞれが完結していて完成度高いなーと思っていたのですが、違いました。

単行本1冊通して読むことで、本当の面白さが分かる作品でした。

アルパカ

1巻完結の短編集の中でもかなり傑作ですわ…

 

ギャグとSFとミステリーがごちゃ混ぜで最高です

それ町作者の石黒さんの作品の素晴らしさは「様々なジャンルがごちゃ混ぜ」な感じだと思います。

外天楼も「ギャグとSFとミステリー」がごちゃ混ぜで、そこにちょっとしたスパイス(ダークさ)が混ざっています。

結果、食べたことない複雑な味の料理を食べたような読後感。

 

「このマンガがすごい!2019オトコ編第1位」を獲得した「天国大魔境」も面白くなりそうですし、「それでも町は廻っている(それ町)」も何度も読みたくなる面白さがあります。

ただ、個人的にはこの短編の複雑さ、衝撃が忘れられません。

アルパカ

ミステリーを読む人であれば、かなり楽しめる一冊です。おすすめ!

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)