あるアルパカの知恵

たのしくて、やくにたつ

プロフィール

「あるアルパカの知恵」の運営者のプロフィールです。

私に興味を持った、一部読者様向けです。

 

基本情報

f:id:alpacajp:20180212111932p:plain

アルパカといいます。

アラサーのIT関係サラリーマンです。

働きながら趣味でブログ書いてます。

名古屋に近いところに住んでいます。

 

経歴

いなかものの少年が、はたらくまでの話です。

 

学生時代

牧歌的な人間関係にかこまれた田舎で育ちました。

普及し始めたばかりのインターネットでテキストサイトをよく読んでました。

 

偏差値40台の高校にいたのですが、都会へのあこがれから、受験勉強をがんばります。

その結果、某国立大学の理系学部に合格!

18歳で、都会に出てきました。

 

受験勉強のために娯楽を封印していました。

その反動から、大学(院も含めた)6年間で、娯楽の時間が爆発的に増えました。

漫画、アニメ、小説、映画、お笑い、音楽と、あらゆる「創作物」にどっぷりと浸かる日々。

 

漫画10,000冊、アニメ100作品、小説1,000冊、映画1,000本は軽く見ています。

「人の才能が生み出す創作は、なんて素晴らしいのか!」

「心を揺さぶる物語がこの世にある。そして、簡単にそれに触れられるのはなんと恵まれた環境なのか!」

と感じました。

 

そして、その喜び・楽しみを自身のうちに留めておかず、友人と語り合うこと、それが一番の幸せでした。

 

また、青春のご多分にもれず、学術書、哲学書、自己啓発書、エッセイなども、とにかく読み漁りました。

とにかく没頭したら、いくらでも時間を使ってしまいます。

「寝食忘れて」という表現は、私そのものです。

 

社会人時代

そして気づけば社会人。

よりよく生きること、社会への貢献としての労働など、学生時代には色々と考えていました。

しかし、目の前の仕事に追われて、そんな思いは離散していきました。

理不尽なスケジュール、頭を使わないルーチンワーク、政治的なコミュニケーション

…うーん、たのしくない!!

 

自分の能力・知識不足が大きいため、日々勉強し、なんとか食らいつこうとしました。

そして、できないなりに、一定の成果は残してきました。

しかし、昼の仕事中も夜の勉強中も、

「人生これでいいのか」

「私が時間を使う先は、この仕事でいいのか」

という疑問がふとよぎります。

この声を消すことはできませんでした(今もできていません)。

 

ブログをはじめたきっかけ

思い当たる明確なきっかけは・・・ないです。

なんとなーく、ブログをはじめました。

ただ、改めて考えると、影響を与えた出来事がいくつかあった気がします。

 

関係するかもエピソード1

20歳半ばを過ぎると、友人の結婚式が立て続けにあります。

久々に会う大学時代の友人たち。だいたいみんな大企業のエリートです。

海外滞在で、出張費だけで年収2倍になるとか、家賃補助あるから丸の内のめちゃ高いところに住んでいるとか、20代だけど某G社や某A社の経営層と会って話した、などなど。

お金も、時間も、経験も、自分にはないようだと気づきました。

 

関係するかもエピソード2

仕事を続けるにせよ転職するにせよ、生活をどう改善するにせよ、まずはお金が大事だ、という結論に至りました。

まずは「AS IS」の分析(現状を知ること)だよな、とビジネス的に考えて、家計簿を全力でつけ始めます。

 

何事もやり始めると、突き詰めてしまう性格。

収入はアマゾンポイントを含めたものまで全て、支出も税金を書くのは勿論のこと、1円単位で全て記録しました。

そんな緻密な情報管理と、徹底的な節約(何をやったかは省略)をやってみたところ、1年間で200万円の貯金に成功しました。

 

関係するかもエピソード3

アラサーともなると人生に色々とバリエーションが出てきます。

そんなアラサー友人たちと話をしていると、よく相談されます。

  • お金についてどうすればいいの
  • 節約するにはどうすればいいの
  • 仕事、日常で困っている
  • この映画意味わかんないんだけど

毎回、自分なりに調べて、相手のために伝えています。

私が知っている情報を伝えるだけで、感謝をされる。

あ、やりたいことってこういうことかもな、とふと思いました。

 

関係するかもエピソード4

大学時代ほど大量には見られていませんが、娯楽作品を見ています。

作品について、友人と語り合うたびに「なんて楽しい時間なんだ」と感じることが増えました。

「当たり前のように、こんな楽しい時間がもっと増えたらいいのに」

そんな思いが心の中にたくさん湧き出ます。

 

氷山の一角を「きっかけ」と呼ぶだけかもしれない

そんなたくさんの思いが積み重なり、何かを変えるために、ブログを始めてみたのだと思います。

 

「友人と大学時代に話していたような趣味の話を、もっと大勢の人としたい」

「友人の助けになれた自分の経験や知識を、もっと大勢の人に伝えたい」

と、きっかけを言葉にすることは可能です。

 

「きっかけ」は、山積している「思い」という氷山の一角でしかない。

そんなふうに思います。

 

ブログで書くこと

趣味ブログなので、色々な話をする予定です。

ただ、自分なりに書きたい方向性は決まっています。

 

ブログのテーマ

「たのしくて、やくにたつ」

私が感じた楽しいを伝えたい。

私が知った役立つを伝えたい。

そんなブログを目指しています。

 

ブログ初心者の成長物語

裏テーマは、ブログ初心者である私の「成長」の物語であることです。

他ブログの運営報告を読むのが好きなんですよ。

少年漫画脳の私からすると、現在進行形の、一つの「物語」に見える。ブログと共に、ブロガー自身が変化・成長していく物語。

 

なので、このブログでも、運営報告をしていく予定です。

そうすることで、私自身もそんな物語の一つになり、誰かのきっかけになれたら嬉しいなと思っています。

 

www.arupakano.com

 

www.arupakano.com