あるアルパカの知恵

アラサー男の趣味ブログ。楽しい話と、役立つ話を提供します。

執筆速度が平均より圧倒的に早い2人の小説家(西尾維新と森博嗣)

執筆速度が早い小説家といえば、西尾維新さんと森博嗣さんだと思います。

「すべてがFになる」で有名な森博嗣さんは、1時間6000文字書きます。

「化物語」で有名な西尾維新さんは、1時間2500文字書きます。

 

何故こんなに早い執筆速度で、大量の文章が書けるのか調べてみました。

森博嗣の執筆速度は1時間6000文字

まず、とにかく執筆速度が早く多作なことで知られる森博嗣さんについて分析します。

1時間に6000文字書きます。

小説はやや速く、エッセィはやや遅くなりますが、差は10%以内です。

『暗闇・キッス・それだけで』は、16万文字ほどなので、約27時間でした。

仕事は1日に1時間以内と制限していていますが、執筆時には、ついつい20分ほど超えてしまいます。

本作は、執筆に18日間かかりました。

引用元:森博嗣さんインタビュー | BOOK SHORTS

 

小説で1時間6000文字です。スゴい。

 

森さんのデビュー作は「すべてがFになる」です。

こちらは、18万文字を30時間で書いていたそうです。

 つまり、最初から1時間6000文字の執筆速度です。

 

「続けて1時間打ち続けているわけではない」という話もブログや書籍などでは書かれています。

とはいえ、10分1000文字を集中して書くのはやはり神業。

 

肉体的な話で言えば、ブラインドタッチとタイピングの練習をすれば、10分1000文字は可能ではあります。

30秒で50文字=100回キーボードを打つような感じですね。

 

しかし問題なのは、自分の脳の発想でしょう。

今、目の前にない文字を紡ぐのですから、迷いが生じて、止まることはきっとあるはず。

森博嗣さんの場合は「脳内で展開する映像」をそのまま描写しているようです。

※あくまで小説を書く時の方法です

 

森博嗣さんの小説に関する詳しい話は、コチラの本に載っています。

「デビュー作で何千万円も儲かった」というお金の話も、赤裸々に書かれています。

作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)

 

 

…余談ですが、1日最大5万文字書いたこともあるようです。

しかし働きすぎは身体に負荷がかかるので、そこまでの出力は控えているのだとか。

 

西尾維新は1日3万文字を書く

西尾維新さんの執筆速度は1時間2500文字程度です。これでも充分に早いのですが、それ以上に特筆するべきは「1日に書く文字数」です。

 

走りすぎないよう、書きすぎないよう気をつけます。
書きすぎたら次の日に書けなくなっちゃう。
だから僕は1日に書く文字量を
「文字数」で決めています。

今は、基本1日2万字です。

西尾維新さん - あのひとの「ほぼ日手帳」 - ほぼ日手帳2014

 

1日2万文字すげー!

…と昔は思っていました。

 

しかし今はさらなる進化を遂げています。

小説を読む時間を増やすために書く速度を上げたのだとか。

読む速度を上げる訳にはいかないので、書く速度を上げるしかありませんでした。その結果の1日3万字です。そして年間150冊という冊数を読めるようになった

作家・西尾維新が大切にする 独自の「執筆の矜持」と「読書ルール」とはーー? 大ヒット作の創作現場に迫る独占ロングインタビュー完全版!! - ページ 4 / 4 - otoCoto

 

結果として、1日3万文字です。

西尾信者の私は、西尾維新大辞展に行って、西尾さんの一日のスケジュールを見てみました。

ほぼ1日執筆のために過ごしていましたね、はい。

執筆して、昼寝して、執筆して、散歩して、執筆して、ご飯食べて、執筆して…みたいな感じ。

 

この執筆に書ける時間、物量がとにかくスゴい。

 

更に言うと、小説やマンガのネームや、ドラマCDの台本など様々な作品を同時並行で手がけている状況で、毎日小説を書き続けられるのがスゴい。

アイディアが良く枯渇しないものだ…と思ってしまいます。

 

凡人が執筆速度を上げるための方法

インタビューの他の記事を読んで、森博嗣さん、西尾維新さんに共通している点をまとめました。

  • そもそもタイピングが早い
  • アイディアは書くときに考える(貯めておかない)
  • 毎日一定時間以上、執筆に集中する時間を作っている

 

それを参考に「執筆速度を上げて、1日で書く文字数を増やす」ための方法を考えました。

  • 物理的なタイピングスピードを上げる(ブラインドタッチの練習)
  • アイディアをあえて書き留めないで脳内で熟成させる
  • 執筆時間をストップウォッチで計測する
  • 自分で決めた計画に合わせてパソコンの前に向かって、とりあえず書き始める

といったところでしょう。

 

おそらく執筆速度が遅くなる「ボトルネック」はアイディアの枯渇でしょう。

 

対策として、アイディアはたくさん用意することが重要だと思われがちです。

しかし二人のインタビューを読むに、どうやら違うようです。

 

大事なのは「脳の土壌」です。

常に次の文章が出るような脳内のリンクを密にする。

そうすることで、筆を止めずに、突き進むことが出来そうです。

 

執筆速度向上方法まとめ 

もし文字を書くことを仕事にする方がいれば、

  1. タイピングスピードを早める
  2. 文字数にかかった時間を計測する
  3. 更に、常に文章が出続けるための「脳の状態(土壌)」を作る

という3ステップを意識しましょう。

 

3つ目の部分は抽象的で分かりづらいので、改めて記事にする予定です。

参考文献はこの辺の予定。森博嗣さんの新書↓

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)