ハンターハンター解説記事まとめ

【世界一受けたい授業】自衛隊防災BOOKのテクニックまとめ【感想・要約】

2018年9月22日放送の世界一受けたい授業で、自衛隊防災BOOKを元にした授業がやっていました。

被災したばかりだったので、食い入るように見てしまいました。

当記事では、元被災者の私が、

  • 世界一受けたい授業で紹介されたテクニック
  • 自衛隊防災BOOKで役立つテクニック
  • 個人的な防災対策

をお伝えします。

災害はいつやってくるか分かりません。
緊急時に動けるように、知識は事前に蓄えておきましょう!

 

自衛隊の防災テクニックまとめ

自衛隊の防災テクニックまとめです!

手ぬぐいを常に持ち歩く

自衛隊員が普段から持ち歩いているものは手ぬぐいです。

色々な使い道があるようです。

  • 口を覆ってマスク代わりにする
  • 怪我をした時の止血に
  • 骨折した時に三角巾として
  • 女性でも破けるので、紐代わりに

 

子供に教えたい公衆電話の使い方

今どきの子供は公衆電話の使い方を知りません。

子供に使い方を教えた上で

  • 公衆電話は、災害時に優先してつながること
  • 停電していても、硬貨を入れれば使えること

を共有しておいてあげると良いでしょう。

 

車のガソリンは常に半分以上を保持する

自衛隊員はいつでも、車のガソリンを半分以下にしないらしいです。

私の友人が札幌で被災したときも、ガソリンが無くて動けないと言っていました。

 

地震の時は上を向く

外出中に地震があったら、落下物から身を守る必要があります。

この時、下を向くのが良いと思いがち…

しかし、実は違います。以下の行動が理想的です↓

  • 常に上を確認して落下物に注意する
  • 移動できたら、広場や耐震構造ビルへ逃げ込む

 

懐中電灯の効率的な使い方(ランタン代わり)

暗闇で、懐中電灯で照らせるのは一部だけです。

しかし、懐中電灯の先端に、ポリ袋をつけるだけでランタン代わりに使えます。

長時間使用すると袋が熱くなるので注意しましょう。

 

バターをロウソク代わりにする

バターをろうそく代わりに出来ます。

  1. ティッシュでこよりをつけて、ろうそくの芯の代わりにする
  2. こよりの先端にバターを塗り込む
  3. こよりをバターに差し込む(芯の代わり)
  4. 火をつける

バター100gで4時間燃えます。

ちなみにツナ缶でも代替可能でして、1缶で1時間燃えます。

※使った後は食べることも可能なので嬉しい

 

自衛隊式防寒術

寒い時の防寒方法です。

ビニールカッパを服の下に来てから上着を着ると、サウナスーツ効果により暖かくなります。

 

長い棒2本と上着で担架になる

長い棒2本と上着で担架になる…のですが、文字では伝えられないので省略します(本を読んでみてください)

 

缶切り無いときはコンクリートでこすると開けられる

缶切りがないときでも、缶詰を開けられます。

方法は簡単。

ゴツゴツした地面(コンクリート)の上で、缶詰をこするだけ。

自衛隊員が本気でやっても50秒かかっていました。

 

自衛隊防災BOOKの内容要約・ポイント【本を読んだので追記】

TVを読んで、本が気になったので読んでみました↓

自衛隊防災BOOKの目次は以下の通り。

  • プロローグ まずは日頃からの「備え」が大切
  • CHAPTER 01 災害時に役立つライフハック【発災時編】
  • CHAPTER 02 災害時に役立つライフハック【被災時編】
  • CHAPTER 03 日常生活に役立つライフハック

日頃の備え(防災)と、災害発生時の「ライフハック=テクニック」が100個あります。

個人的に「大切」だと思ったものをまとめました!

 

避難時は真夏でも長袖と長ズボンを着用すること

災害発生後に避難するときは、真夏でも長袖と長ズボンを着用しましょう。

いちばん重要なのは「怪我をしないように肌を守ること」です。

そのためには、肌を露出しない服(長袖、長ズボン)を着るようにしましょう。

 

可能であれば、ナイロンよりも木綿のほうが良いとのこと。

「燃えにくさ」がポイントです。

※そこまでやるのは、しんどい気もします。出来る範囲でやりましょう

 

懐中電灯をランタン代わりに使用する

懐中電灯をランタン代わりに使用する方法が載っていました。

懐中電灯に新聞紙やビニール袋をプラスすれば、直接光が「広がりのある明かり」に様変わりします。

※発火の恐れもあるので、熱くなったら使用をやめましょう

くしゃくしゃが光を反射(引用元:自衛隊防災BOOK)

くしゃくしゃが光を反射(引用元:自衛隊防災BOOK)

 

断水時にはポリ袋をバケツ代わりにする

災害で断水した際に使える技として「ポリ袋をバケツ代わりにする」という技があります。

大きめのポリ袋を重ねれば、水を入れることが出来ます。

この際、水は袋の半分までに抑えることがポイントです。

 

災害発生時に「枕元」に置いておいたほうが良い3つの物

災害発生時に「枕元」に置いておいたほうが良いものは3つあります。

  • スリッパや靴
  • 懐中電灯
  • 笛(ホイッスル)

地震発生時には、窓ガラスやテレビの液晶画面などが散乱し、歩く(避難する)のが困難となります。

そこで、必ず靴やスリッパなどを用意しておきましょう。

私も地震を経験したから言えるのですが、玄関まで悠長に靴を取りに行く暇はありません。
可能であれば、避難用に一足用意しておくのが良いでしょう。

 

懐中電灯はもちろん、停電時に役立ちます。

現在はスマホがあれば、懐中電灯代わりになります。
しかし、停電時には充電が出来ないので「懐中電灯代わり」にスマホを使うのはオススメしません。

 

笛は、家具などに潰されて身動きが取れなくなった時に、「救助を呼ぶ」のに役立ちます。

100均でもいいので、必ず用意しておいたほうが良いでしょう。

 

自衛隊の私服は「防水仕様」が多い

自衛隊の私服は「防水仕様」が多いようです。

とくにアウトドアブランドの防水服なら、機能性とオシャレなデザインの両方を叶えてくれるので、優れものです。

※オススメは「GORE TEX」素材です。完全防水なので、緊急時以外の日常(雨の日の外出、アウトドアなど)の場面で役に立ちます

 

【まとめ】自衛隊防災BOOKは買って損はありません

自衛隊防災BOOKは、災害時に知るべき知識がコンパクトに書かれていました。

防災対策の本を一冊選ぶなら、まずはコレかな、というのが感想です。

今回紹介した内容以外にも役立つ情報が多数ありますので、防災準備をしたい方は読んでみると良いかも。

人気記事防災対策がまだな人向けの最低限の「知識」と「準備」【まとめ

関連記事非常時の持ち出し袋と日用品リスト【まとめ】

3 Comments

アルパカ

かずきちさん

私も今日買って読みました!
テレビで言っていたテクニックの他にも、日常生活で役に立つようなのが地味に良かったですね!
良書でした\(^o^)/

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)