ハンターハンター解説記事まとめ

世界一受けたい授業「自衛隊防災BOOK」のテクニックまとめ

2018年9月22日放送の世界一受けたい授業で、自衛隊防災BOOKを元にした授業がやっていました。

被災したばかりだったので、食い入るように見てしまいました。

授業の先生は、防衛省陸上幕僚監部の林田賢明さんです。

テレビの内容を簡単にまとめました。

 

自衛隊の防災テクニックまとめ

自衛隊の防災テクニックまとめです!

手ぬぐいを常に持ち歩く

自衛隊員が普段から持ち歩いているものは手ぬぐいです。

色々な使い道があるようです。

  • 口を覆ってマスク代わりにする
  • 怪我をした時の止血に
  • 骨折した時に三角巾として
  • 女性でも破けるので、紐代わりに

 

子供に教えたい公衆電話の使い方

今どきの子供は公衆電話の使い方を知りません。

使い方を教えた上で

  • 公衆電話は災害時に優先してつながること
  • 停電していても硬化を入れれば使えること

を共有しておいてあげると良いでしょう。

 

車のガソリンは常に半分以上を保持する

自衛隊員はいつでも、車のガソリンを半分以下にしません。

私の友人も札幌で被災したときも、ガソリンが無くて、近くの知り合いに会いに行けないと言っていました。

 

地震の時は上を向く

外出中に地震があったら、落下物から身を守る必要があります。

この時、下を向くのが良いと思いがちですが違いました。

  • 常に上を確認して落下物に注意する
  • 移動できたら、広場や耐震構造ビルへ逃げ込む

 

懐中電灯の効率的な使い方(ランタン代わり)

暗闇では懐中電灯で照らせるのは一部だけです。

しかし、懐中電灯の先端に、ポリ袋をつけるだけでランタン代わりに使えます。

長時間使用すると袋が熱くなるので注意しましょう。

 

バターをロウソク代わりにする

バターをろうそく代わりに出来ます。

  1. ティッシュでこよりをつけて、ろうそくの芯の代わりにする
  2. こよりの先端にバターを塗り込む
  3. こよりをバターに差し込む(芯の代わり)
  4. 火をつける

バター100gで4時間燃えます。

ちなみにツナ缶でも代替可能。1缶で1時間燃えます。

※使った後は食べることも可能

 

自衛隊式防寒術

寒い時の防寒方法です。

ビニールカッパを服の下に来てから上着を着ると、サウナスーツ効果により暖かくなります。

 

長い棒2本と上着で担架になる

長い棒2本と上着で担架になる…のですが、文字では伝えられないので省略しますw

 

缶切り無いときはコンクリートでこすると開けられる

缶切りがないときでも、缶詰を開けられます。

方法は簡単。

ゴツゴツした地面(コンクリート)の上で、缶詰をこするだけ。

自衛隊員が本気でやって50秒かかっていました。

 

以上、世界一受けたい授業「自衛隊防災BOOK」のテクニックまとめでした。

本も読んでみようと思いました!

3 Comments

アルパカ

かずきちさん

私も今日買って読みました!
テレビで言っていたテクニックの他にも、日常生活で役に立つようなのが地味に良かったですね!
良書でした\(^o^)/

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)