Amazonサイバーマンデー攻略法【CLICK】

【書評】「ヤバい集中力」の45個のライフハックで集中力が3倍になる【パレオさん本】

【書評】「ヤバい集中力」の45個のライフハックで集中力が3倍になる【パレオさん本】

パレオさん(鈴木祐さん)のヤバい集中力(1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45)の充実っぷりがスゴイです。

  • 仕事や勉強する前についついスマホをいじってしまう
  • 作業を開始してもすぐに別のことに気が散ってしまう
  • 集中しているつもりだけど、いまいち成果が上がらない

という人が読むと、悩みが解決しますよ。

この本のポイントはなんと言っても、

1年で数千本の研究論文を読む著者が、

最新の科学的エビデンスを厳選してまとめている

という点。

つまり、「自分はこうやって試して、集中力が上がった(気がする)」という体験談系の本と違って、信頼度が圧倒的に高いのが特徴です。

 

「論文とか科学的とか難しそう…」という心配もありません。

45個に分かれた「ライフハック」を好きに試すだけでも集中力が上がるので、使いやすいですよ。

パカログ

「集中して作業を終わらせて、もっと自分の時間を作りたい」という人は絶対読むべき

ちなみに「ヤバい集中力」以前のパレオさん本もクオリティ高いので必見です↓

パレオさんの「ヤバい集中力」とはどんな本?

「ヤバい集中力」とはどんな本か?

ザックリ紹介

  • 「そもそも集中力とはなにか?」が分かる
  • すべての話の裏付けが「最新の科学的エビデンス」による
  • 45個のライフハックに別れて紹介されている

って感じ。

目次はこんな感じ↓

  • 序章 獣と調教師
  • 第1章 餌を与える
  • 第2章 報酬の予感
  • 第3章 儀式を行う
  • 第4章 物語を編む
  • 第5章 自己を観る 
  • 第6章 諦めて、休む

パカログ

これだけ見ると「儀式」とか「諦める」とか一見スピリチュアルですが、むしろ真逆です。安心してくださいw

 

で、「ヤバい集中力」という本のヤバさ「集中力についての深い洞察」にあります。

そもそも集中力とはなにか答えられますか?

そもそも「集中力」とはなにか?

日常で使う言葉だし、なんとなく分かった気がしますよね。

しかし、以下の質問に答えられる人は、ほぼいないはず。

  • どうして人類は数千年も集中力の欠如に悩んできたのか?
  • 大事な能力なのに、なぜ人類は集中力を進化させなかったのか?
  • ゲームやスマホには発揮できる集中力を、仕事には使えないのはなぜか?
  • 一流のアスリートが独自のルーティンで集中力を高められるのはなぜか?

 

実は集中力というのは、抽象的過ぎる言葉なんですよね。

本書を読むと「集中力の正体」は

集中力は「いくつものスキル」がからみあったもの。

単一能力ではない。

ということが分かります。

 

集中力は遺伝が半分。残りは「獣と調教師」

残酷な事実ですが、集中力の半分は生まれながらに決まっています(遺伝が半分)。

しかし、残りの半分は訓練して鍛えることが可能です。

では、どうすれば鍛えられるのか?

「ヤバい集中力」では、「獣と調教師」という比喩を使い、その正体を解明しつつ、方法が語られていきます。

 

先にネタバレすると

  • 「獣」:本能。パワーが強く、難しいのが嫌い
  • 「調教師」:理性。非力だが、論理的

です。

パカログ

「獣を操る」&「調教師を鍛える」という2つの訓練が必要になってくるわけですね

 

名著「スイッチ」や「ファスト&スロー」を読んだことがある方ならおわかりの通り、

「象と象使い」

「システム1とシステム2」

と同じ考え方ですね。

 

パカログ

この考え方を理解しないと、集中力がある”つもり”になってしまいます。

で、集中力がいつの間にか「元通り」になってしまいます

 

 

ヤバい集中力で語られる「本能」と「理性」の特性

ヤバい集中力では「獣(本能)」と「調教師(理性)」の特性が分かりやすく語られます。

それと同時に

「なぜ集中状態に入るのは難しいのか」

「なぜ集中力を保つのは大変なのか」

などの疑問が一気に解決されます。

 

特に重要なのは「残念ながら調教師は獣に勝てない」という事実。

この前提に基づいて、どのように集中力を上げるのか?が、45個の信頼できるライフハックとともに紹介されています。

パカログ

本を読むと「集中力上げたいー!」ってなるはずですw

ヤバい集中力をAmazonで見る

 

【余談】パレオさん(鈴木祐さん)って誰?

具体的なライフハックの前に、著者のパレオさん(鈴木祐さん)について簡単に紹介しておきます

  • 元出版社勤務のサイエンスライター
  • 100万PV超えの人気ブログ「パレオな男」の運営者
  • メンタリストDaiGoさんのリサーチ協力

で、本書でも書かれている通り「ヤバい集中力」を発揮して、毎日”規格外”な生産性で仕事をしています。

INPUT:1日に15本の論文と3冊の本を読む

OUTPUT:2万~4万文字の原稿を書く

言っておきますが、これを「ほぼ毎日」続けているようです。

パカログ

この生産性のスゴさの秘密が本1冊で分かるのは安すぎです。本当にスゴイ…

「ヤバい集中力」の45の神ライフハックまとめ

「ヤバい集中力」の45個の神ライフハックをまとめました。

  • 「獣(本能)を動かす」方法
  • 「調教師(理性)を鍛える」方法

に分かれています。

※ネタバレになるので載せようか迷いましたが既にAmazonの紹介ページに一覧表があったので、載せてしまいますm(_ _)m

概要は上記のとおり。

詳細は書籍を読んでご確認ください。

 

一例を上げると、私はコーヒーを頻繁に飲むので「カフェインと集中力」に関する研究結果が、驚きの連続でした。

  • 1度に飲むカフェイン量の限界は缶コーヒー2本
  • コーヒーと同時にミルクなどを摂取したほうが良い
  • カフェインによる集中力向上の数値は○○%
  • 1日の中でカフェインを飲む「理想的なタイミング」がある

など。

特に「起床から90分以内にはコーヒーは飲まないほうが良い」というのは、朝起きてすぐにコーヒーを飲む習慣がある人が多いので、もっと知られるべき事実ですよね。

 

その他、

  • 有能な人を頭に思い浮かべる
  • 朝一でやるタスクは簡単なものにする
  • こまめにアナログで記録をとる

など簡単にできる方法もあり、とにかく導入しやすいです。

パカログ

本書をすべて読んだあと、巻末の「実践ロードマップ」から取り組むのがオススメ

 

「ヤバい集中力」を読んだ感想(書評)

「ヤバい集中力」を読んだ感想(書評)です。

私は普段から「パレオな男の書籍」「パレオチャンネル」を読んでいるので「そういえば、そんな研究結果が紹介されていたな」という既視感がありました。

ただ、使いこなせてはいない現状…。

知識はあるけれども「どれから手を付けていいか」「どれが一番重要なのか(効果的なのか)」がわからないなーという悩みがあったんですよね。

 

そんな中で、

  • まずは理論(全体像)を解説して
  • それぞれの方法(ライフハック)を紹介して
  • 最後に取り組むべきはこれ(ロードマップ)と教えてくれる

本書のような存在は非常にありがたいです。

 

また、過去に集中力をあげる取り組みをして遭遇した問題

「一度改善したはずの集中力が、いつの間にか消えている」

これに対する解決方法が、本書を読んで見えてきました。

今まで自分は「対処療法(その場限りの対応)」をしていたんだな、と気づけましたね。

 

って感じで、

集中力に対する間違えた思い込みを無くし、自分の時間を作るためにも、必読の一冊です。

買って損はしないですよ!

パカログ

ちなみにメンタリストDaiGoさんの「超集中力」も、科学的根拠がある事例が多々あります。2冊合わせて読むと理解が深まります

コメントはお気軽にどうぞ!