【11/24まで】Amazon特大セールはこちら

【値段で比較】月額料金が安い動画配信サービス(VOD)の選び方【ランキング3社】

【値段で比較】月額料金が安い動画配信サービス(VOD)の選び方【ランキング3社】

値段重視の人

自宅や移動中に、動画を見て楽しみたいなあ。

貯金もしたいし、できるだけ安く見続ける方法無いかなあ?

調べるのが面倒なので誰かまとめてほしいです。

上記の悩みにお答えします。

動画配信サービス(VOD)を「値段(安さ)」で選びたい人向けにサービスを厳選しました。

 

20以上の動画配信サービスを使ったことのある私が

  • 「値段」で選ぶ時の注意点
  • 動画配信サービスの比較
  • データに基づくランキング(BEST3)

をお伝えします。

パカログ

月額費が500円違うと、1年で6,000円違いますからね。

できるだけ安く長く楽しめるサービスを選ぶと、暇な時間がかなり充実しますよ

 

動画配信サービス(VOD)を「値段で比較」する時の注意点

動画配信サービス(VOD)を「値段で比較」する時の注意点をまとめました。

  1. 無料体験あり&ダウンロードありを選ぶべき
  2. VODの価格帯は3つに分かれていることを理解する
  3. 配信作品数は地味に重要
  4. 動画の追加と配信終了の頻度も大事(新陳代謝)

という感じ。

実際に色々なVODを試した私の経験に基づいています。

パカログ

それぞれ簡単に説明していきますね。

 

注意点1:無料体験あり&ダウンロードありを選ぶべき

様々な動画配信サービスがありますが「無料体験あり」「ダウンロードあり」を選ぶようにしましょう。

 

無料体験がないサービスを選ぶと、1ヶ月分丸々損しますからね。。。

初月に得するだけですが、月額を重視する前に、忘れないようにしましょう。

※今回紹介する動画配信サービスは全て「無料体験あり」だけ厳選しています

 

あと地味に大事だなあ…と思うのが「ダウンロードが出来る」こと。

スマホやタブレットにダウンロードする。

それを、オフライン再生(非ネット環境で再生)すると、動画の楽しみ方が広がります。

こんなイメージですね↓

  • 自宅でソファにくつろぎながらスマホで見る
  • ベッドで寝転んだままスマホで見る
  • 会社や学校に行くときの電車で見る(ルーターを持っていく必要ない)
  • カフェとかでちょっと休憩する時に動画を見る(Wifiを探す必要なし)
  • 海外旅行に行ったときに、飛行機や現地のホテルで見る

 

「ネット環境が必要」という縛りがあると、どうしても動画配信サービスを満足に楽しみきれないはず。

※自宅に高速なWifiがない人の場合は、高速Wifiがある場所(公共施設、友人の家、ネットカフェ)などでダウンロードもできるので安く済みます

パカログ

ってことで個人的には割と必須だなあ、と思っています

 

注意点2:VODの価格帯は3つに分かれている

低価格の動画配信サービス(VOD)を探す時に知っておきたいのが、3つの価格帯です。

  • 低価格帯(500円前後)
  • 中価格帯(1,000円前後)
  • 高価格帯(2,000円前後)

 

サービスの値段(月額料金)が高くなるにつれて

  • 見られる動画の本数が増える
  • 付加サービスが増える(雑誌や本が読めるなど)
  • 新作映画などをポイントで見られるようになる

という感じでメリットが増していきます。

 

とはいえ、低価格帯のサービスでも「5万本以上の動画配信」があるサービスもあるので、問題ありません。

「色々な付加サービスがあってもどうせ使わない」

「とりあえず色々な動画をたくさん見たい!」

という人は、低価格帯で充分です。

パカログ

金額が増えた方がサービスの質は上がるのは事実。ただ、低価格帯のサービスでも数ヶ月は楽しめますよ

 

注意点3:配信作品数も地味に重要

安いVODの場合は、どうしても、動画配信数が少なくなる傾向があります。

動画の数が少ないと「見たい動画がもうないな(数はあるけど、面白く無さそうだ)」という状況に陥りがちです。

ということで、各社の出している「動画の数」はなかなか重要。

 

とはいえ、飽きたら別のサービスに乗り換えれば良いだけなので、あまり気にしすぎる必要もありません。

パカログ

携帯電話のキャリア契約のように「縛り」が無いサービスだけ紹介しますね

 

注意点4:動画の追加と配信終了の頻度も大事(新陳代謝)

動画の配信数がそこまで多くなくても、動画の入れ替わりが激しいなら問題ありません。

新たに追加された動画を見ていけば長く楽しめます。

ただし、配信終了もその分早くなるはずなので「見放題終わっちゃうから早く見なきゃ…」と急かされる場合もしばしば。

パカログ

様々なサービスを長く使った経験から、この辺りの感想もお伝えしますね

 

VODを値段で比較する時の注意点まとめ

動画配信サービス(VOD)を「値段で比較」する時のポイント・注意点としては、

  1. 無料体験あり&ダウンロードありを選ぶべき
  2. VODの価格帯は3つに分かれていることを理解する
  3. 配信作品数は地味に重要
  4. 動画の追加と配信終了の頻度も大事(新陳代謝)

って感じ。

 

特に大切なのは「無料体験あり&ダウンロードあり」という点ですね。

ここさえクリアしていれば、ぶっちゃけどれを選んでもOKです。

※実際に使ってみて、気に入ったサービスだけ残すのが1番良いですからね

 

パカログ

以下で、動画配信サービスを比較した時の内容をまとめておきました

動画配信サービス(VOD)の月額料金の比較表

動画配信サービス(VOD)の月額料金の比較表は以下の通り。

以下の観点で厳選し、価格順番に並べました。

  • 私が実際に使ったことがある(まともに使える)
  • 無料体験あり
  • ダウンロードあり

 

結果はこの通り↓

サービス名無料期間月額配信動画数
dアニメストア31日400円1万~5万
Amazon プライムビデオ30日500円5万~10万
dTV31日500円10万~15万
ビデオパス30日562円1万~5万
Netflix30日800~1,800円非公開
Paravi30日925円非公開
Hulu14日1,026円5万~10万
U-NEXT31日1,990円10万~15万

 

dアニメストアは最安だけどアニメ特化なので人を選ぶ

パッと見、dアニメストアが最安です。

しかし名前の通り「アニメ専門」の動画配信サービスなので、アニメ好き以外には勧められません。

※その他の動画配信サービスは、全ジャンル対応しているので問題なし

アニオタ、独り身、節約志向はdアニメストアが捗る件【アニメ動画見放題VOD】dアニメストアとは?アニオタ、独り身、節約志向におすすめなアニメ動画見放題サービス

 

動画配信サービスとしては「Amazonプライム・ビデオ」が安い

ちなみに、Amazonプライム・ビデオは「月額500円」なのですが

  • 年契約で月額408円(年額4,900円)
  • 学生なら月額250円

と、うまく使えば最安のサービスになります。

※そのまま使っても月額500円と超安いんですけどね…

 

安い動画配信サービス(VOD)ランキング3選【400円からアリ】

動画配信サービス(VOD)を安さで選ぶなら、以下の3つが最強です↓

  • 1位:Amazonプライム・ビデオ 408円(500円)
  • 2位:dTV 500円
  • 3位:ビデオパス 562円

それぞれ、どんなサービスか紹介しますね。

 

【安いVODランキング1位】Amazonプライム・ビデオ

安さ重視ならAmazonプライム・ビデオが最強です。

  • 月額料金:500円 ※年契約するとさらに安い(408円/月)
  • 無料体験:あり(30日)
  • ダウンロード:可能
  • 配信作品数:5万以上
  • 動画の入れ替わり速度:結構早い

 

配信ジャンルも多彩。

特に映画とオリジナル作品に強いです。

※CMでもやっていた松本人志のドキュメンタルや、バチェラー・ジャパンなどは独占配信

 

あと、動画とは関係ないですが、Amazonプライム会員の特典がとにかくお得

本も読めるし、音楽も聞けるし、Amazonの配送料も安くなるし、、、

と動画配信以外の特典豊富な珍しいサービスです。

 

パカログ

私は数年以上使い続けています。

一度使うと便利すぎて辞められないサービスですよ

無料お試し期間もありますので、まずは試してみると良いかもです↓

 

【安いVODランキング2位】dTV

2番目に安いのがドコモが運営する動画配信サービスdTVです。

  • 月額料金:500円
  • 無料体験:あり(31日)
  • ダウンロード:可能
  • 配信作品数:12万以上
  • 動画の入れ替わり速度:そこそこ

 

配信数がとにかく多いのが特徴。

ジャンルも様々ありまして、映画からドラマまで対応しています。

しかし、12万本!といいつつ、実際に見られる動画は思ったより少ないです。

例)カラオケ動画や、5分で分割されたライブ映像も「1作品」とカウントされている etc…

 

ということで、思いのほか、飽きるのは早いかも。

一度使ってみるのは良いですが、何でも良いから1つ!って感じならAmazonプライム・ビデオのほうが良いですね。

パカログ

Amazonプライム会員の無料体験が既に終わっている人は試してみるのはありだと思います。

 

【安いVODランキング3位】ビデオパス

3番目に安いのがKDDIが運営する動画配信サービスがビデオパスです。

  • 月額料金:562円
  • 無料体験:あり(30日)
  • ダウンロード:可能
  • 配信作品数:1万以上
  • 動画の入れ替わり速度:そこそこ

 

正直言って、作品の品揃えは、AmazonプライムビデオやdTVよりも劣る。

作品数がそもそも少ないですし、そこまで大きな期待は出来ないですね。

※割と新しいものや面白いものもありますので、面白い確率は高めですけどね

 

このサービスの特徴はなんと言っても「劇場映画の割引」です。

  • 月曜日に映画料金が1,100円になる(TOHOシネマズ)
  • 月曜日以外も映画料金が1,400円になる(ユナイテッド・シネマなど)

という感じ。

映画を頻繁に見る人なら、このためだけに使うのもありですよ!

 

あと、他の格安VODと違い、毎月540ポイント手に入るのもメリットですね。

このポイントで毎月新作映画を1本見ることができますから。

映画を頻繁に見る人はこれ一択でOKだと思います(それ以外なら、、、ちょっとコスパ微妙かな)

 

【まとめ】安さ重視の人向けの動画配信サービス(VOD)

まとめると、以下の通り

って感じ。

 

イチオシはやはりAmazonプライムビデオですね。

面白い動画も多いし、サービスも充実しています。

しかし、なんと言っても「最安値」なので、やっぱりおすすめです。

パカログ

どれも初月無料ですし、まず試してみて気に入ったやつを続けるのもありですよ。

 

動画配信サービスを使うと、毎日の暇な時間がかなり楽しくなりますし、精神的にしんどい時にも映画を見て救われたりします。

ワンコインで生活の質が向上するのは、なかなかコスパ良いと思うので、ぜひどうぞ。

【Amazon信者が語る】プライムビデオとは?メリット・デメリットまとめ【Amazon信者が語る】プライムビデオとは?メリット・デメリットまとめ 【au以外もOK】ビデオパスはどんなVOD? 内容・料金・メリット・デメリット【au以外もOK】ビデオパスはどんなVOD? | 内容・料金・メリット・デメリット

コメントはお気軽にどうぞ!