【au以外もOK】ビデオパスはどんなVOD? | 内容・料金・メリット・デメリット

【au以外もOK】ビデオパスはどんなVOD? 内容・料金・メリット・デメリット

ビデオパスを検討中の人

ビデオパスってどんな動画があるんだろう。

映画好きな人が得するって本当???

そもそもauユーザじゃないけど使えるのかな?

上記の疑問に、動画配信サービス(VOD)マニアの私が答えます。

ビデオパスの大きな特徴は以下の通り↓

  • 誰でも使える(2018年にauユーザ以外もOKになった)
  • 月額562円(税抜) ※格安なVODの1つ
  • 毎月540円分のコインGET
  • 見放題な作品数は1万本以上(多くはない)
  • 映画関係のイベント・特典が目玉

「様々な動画を見たい…」というニーズに答えるだけなら、他の動画配信サービスの方がコスパ良いかな、と思います。

映画関連の特典にこそ価値があるVODですね。

パカログ

普段から映画をたくさん見る人には向いているサービスです。

映画館で月に1回以上映画を見る人なら確実に得します。

当記事では、ビデオパスのメリット・デメリットを中心に、どんな人が使えば得するのか・損するのかを書きます。

低価格帯の他のVODとの比較した上で、興味があれば試してみると良いと思います(今なら無料で30日のお試し期間あり)

ビデオパス(旧auビデオパス)はどんな動画配信サービス?

ビデオパスはauの動画配信サービスです。

auユーザ限定でしたが、2018年に誰でも使えるサービスに生まれ変わりました。

VODとしての特徴は以下の通り

  • 月額562円 ※初回30日無料
  • 見放題動画数は1万本以上
  • 「映画、ドラマ、アニメ」にそこそこ強い
  • 毎月もらえる540円分のコインを使えば「新作1本」も見られる

これだけだと、正直言って「普通の動画配信サービス」です。

ビデオパスの優れた点は「映画関連の特典」にあります。

具体的には

  • 月曜日に映画料金が1,100円になる(TOHOシネマズ)
  • 月曜日以外も映画料金が1,400円になる(ユナイテッド・シネマなど)

という感じで、割引金額で映画を見ることができます。

 

パカログ

ちなみに一応、見放題プラン以外もあるのですが、特に検討しなくてもOKです。

※気になる方は以下をクリック↓

ビデオパスのプラン比較(見放題プラン一択でOK)

ビデオパスには3つのプランがあります。

結論しては「見放題プラン」以外は検討しなくてOKです。

  • 見放題プラン:1万本以上見放題OK ※これだけアリ
  • レンタルプラン:作品をレンタルするだけ
  • R-20見放題プラン:R20作品が最大120本見られる ※2500円と高額…

ちなみにR-20見放題プランは「Smart TV BoxまたはSTX2000(auひかり)」のみで視聴できるので、面倒です。

R指定作品を見たいなら、U-NEXTの方が総合的に優れていますね。

U-NEXT(ユーネクスト)の評判が悪いのは「得する使い方」を知らないから【値段以上の価値】 U-NEXT(ユーネクスト)の評判が悪いのは「得する使い方」を知らないから【値段以上の価値あり】

 

ビデオパス(旧auビデオパス)のメリット・デメリット

ビデオパスのメリット・デメリットをまとめました。

ビデオパスのデメリット

デメリット

  • 海外作品(映画、ドラマ)に弱い
  • 見放題作品は他の動画配信サービスより少ない
  • 画質はそこまで高くない(最高でHD対応だが、数は少ない)
  • 同時視聴は出来ない
  • 連携サービスの「ビデオパスマガジン」が微妙

 

値段が安い分、配信している動画はジャンルも限られており、寮も少ないです。

他の動画配信サービスだと「見たい作品がありすぎて困る…!」という状況になりがちですが、ビデオパスは割とすぐに飽きると思いますw

 

あと、同時視聴ができないとか、画質がそこそこ(最高のHD対応でもブルーレイよりは下)というのもイマイチなところ。

 

あと、連携サービスのビデオパスマガジンは、作品概要を見られて、作品探しに役立つ…というサービス。

しかし、ぶっちゃけ、ほぼ使わないと思います。

 

ビデオパスのメリット

メリット

  • 映画がお得に見られる(auマンデイ、auシネマ割)
  • 動画視聴サービスの中でも低価格
  • 毎月540円分のコインがもらえる ※新作1本分
  • 国内ドラマ、アニメに強い
  • ダウンロード可能、各種デバイス対応
  • シームレス再生機能つきで連続して見られる
  • 映画賞で探す機能が地味に便利

 

一番のメリットは映画がお得に見られることだと思います。

ビデオパスに加入しているとauの映画関係の2つの特典が受けられます。

  • auマンデイ:TOHOシネマズ全劇場で、毎週月曜日に映画料金が割引される(1,100円)
  • auシネマ割:UNITED CINEMAS CINEPLEX対象劇場で、曜日に関わらず割引される(1,400円くらい)

 

auマンデイの割引はかなりお得で

  • 一般料金1,800円 → 1,100円
  • 大学生通常料金1,500円 → 1,100円
  • 同伴者1,800円 → 1,100円 ※1人まで

という感じ。

毎月映画を見る人なら「映画を安く見る目的」で加入するのもありですね。

パカログ

ちなみに対象曜日は「月曜日」ですが、祝日も含まれます。月曜休みの3連休の日は地味に多いので、助かりますね。

 

auシネマ割引は、auマンデイよりも割引額が小さいですが、毎日使えるのでありがたい。

  • 一般料金1,800円 → 1,100円
  • 大学生通常料金1,500円 → 1,100円
  • シニア1,100円 → 1,000円
  • 幼児・小中学生・障がい者1,000円 → 900円

パカログ

割引は何度でも使えますし、クーポン1枚で鑑賞券3枚まで使えるます(同伴者3名まで一緒に割引!)

 

ちなみに映画の割引は簡単です。

入場券を買う時に、ビデオパスのアプリ画面の「QRコード」を映画館の自動販売機にかざせばOK(窓口でクーポン番号を伝えてもOK)。

 

あと、「新作映画を毎月見る人」にはコスパが高いです。

そもそもが低価格なサービスでありながら、毎月新作映画が1本見られるコインが手に入るのは非常に大きなメリット。

 

おまけですが「映画賞で探す」という検索機能も使えます。

「再生時間」と合わせて使うことで「名作映画」を気分に合わせて見ることができます。

パカログ

特に「60分~90分」くらいの暇がある時に、良い映画みたいなーってなった時に重宝しました

 

ビデオパスと他の動画配信サービス(VOD)の徹底比較

「ビデオパス」と「dTV」(比較観点:低価格な動画配信サービス)

低価格な動画配信サービスといえば「dTV」と「Amazonプライム・ビデオ」です。

dTVは、携帯電話キャリアのNTTドコモが運営していることもあり、ビデオパスと比較されがち。

結論としては「動画を見る目的」ならdTVの方が優れています。

  • 月額料金:dTVの勝利(562円 vs 500円)
  • 動画配信数:dTVの勝利(1万本 vs 12万本)
  • 新作映画:ビデオパスの勝利(1本無料 vs 特典なし)

総合的なコスパはdTVの方が良いですね。

映画割引の特典を抜きにするならdTVを選んだほうが良いかと。

パカログ

新作映画を必ず毎月1本見る…って感じならビデオパスを選ぶのもありだと思います。
 ビデオパス(旧auビデオパス)dTV
月額料金(税抜)月額料金562円月額料金500円
追加課金200円〜100円〜
ポイント毎月540円分の新作OKなし
無料お試し期間30日31日
決済方法auかんたん決済
クレジットカード
ドコモケータイ払い
クレジットカード
新作最新作ありそこそこ
使える人全キャリア対応全キャリア対応

 

結論としては、

  • 安さが大事→dTV、Amazonプライム・ビデオ
  • コスパが大事→dTV、Hulu
  • 映画本数が大事→dTV、U-NEXT
  • 新作映画が大事→ビデオパス、U-NEXT
  • 映画館の割引が大事→ビデオパス

という感じですね。

 

映画特典ありのVODはあるのか?

映画特典ありのVODはあるのか?

正直言って「他にはない」ですね。

ってことで、動画を色々と安く見たい…という人の中で、

  • 映画館で安く見たい
  • 新作映画を家で月に1本以上見たい

というニーズが有る場合に、適したサービスです。

それ以外の方は、別のVODを選んだほうが損しないよなあ、と思います。

 

ビデオパス(旧auビデオパス)の登録・加入方法(無料体験あり)

ビデオパスの登録は3分~6分くらいで終わります。

※auユーザ以外は「Wow!ID」が必要です(3分くらいで取得可能)

登録方法は以下の通り(30日の無料体験ありです)

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. 「ビデオパスを使ってみる」
  3. 「見放題プランに加入する」を選択する

 

30日以内に解約すれば料金は発生しません。

大手企業のKDDI運営なので、困ったら電話で問い合わせしても平気です。

 

ビデオパスの決済方法は?

決済方法はauユーザーかどうかで異なります

  • auユーザー:auかんたん決済 *
  • au以外のユーザー:クレジットカード決済

*毎月の携帯電話料金と一緒にビデオパスの月額料金を決済可能

 

追加課金はどうするの?ビデオコインとは?

見放題じゃないレンタル作品を見る時にはビデオコイン(旧auビデオパス)が必要になります。

ビデオコインは、クレジットカードやWebMoneyでお金を支払うと、手に入れることができますね。

※見放題プランの場合は毎月の特典として540円分もらえます(以前はレンタルチケットがもらえましたが、廃止になりました)

 

ビデオパス(旧auビデオパス)の退会/解約方法は?

ビデオパスの退会/解約方法は以下の通り。

アンケートなどもなくサクッと終わります

  1. TOP画面から「マイページ」を選択する
  2. 見放題プランの「解約」を選択する
  3. 「退会手続きを進める」を選択する
  4. 「退会する」を選択する

 

パカログ

解約しても、30日の無料登録期間が終わるまでは作品を見続けることが可能です。

無料だけ試したいって方は先に解約しておいたほうがいいかも

 

興味がある方は無料の30日体験をお試しください~!

 

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)