彼方のアストラが面白かった!

新海誠「天気の子」のネタバレ感想。心が曇ったまま終わるセカイ系だけど嫌いじゃない

新海誠「天気の子」のネタバレ感想。心が曇ったまま終わるセカイ系だけど嫌いじゃない

新海誠「天気の子」のネタバレ感想です。

一言でいうと「心が曇ったまま終わるセカイ系だけど嫌いじゃない」

って感じ。

「君の名は」のごとく、万事OKなハッピーエンド!を期待して見ていったら、確実にもやもやしたまま終わる一作ですね。

とはいえ、まあ、随所に面白い点もあった良い作品かな、と。

「THE 商業」という方向性から一歩引いてきた、ある種狙い通りな一作なんじゃないかな、とう気もします。

パカログ

ってことで、ネタバレありで感想を書いていきます

新海誠「天気の子」のネタバレ感想「心が曇ったまま終わった」

心が曇ったラストの正体は?

ラストシーンのモヤっとした気持ちの正体はなにか?

ちょっと自分の心を分析してみます。

 

そもそも天気は、自然の流れで変えることは出来ない。

しかし、自分のある種のワガママと引き換えに、

  • 天気を変える力
  • 代償としての人柱という立場

を手に入れたのが天野 陽菜です。

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」というスパイダーマンの名言を引用するまでもなく、それは表裏一体のものであり、分離できないもの。

※スパイダーマンの意味は、ノブリス・オブリージュ的に「力・財力があるなら、人助けしましょうね」的なものなので、ちょい違いますけど

 

しかし、天気の子という物語のラストの展開は

  • 天野 陽菜は、大いなる力を行使して人々に喜びを与えた
  • 同時に、自分自身も「感謝れる喜び」と「金銭」を得た
  • 代償として人柱になり、世界(というか東京)を救うことになる
  • と思いきや、その役割を辞めて、普通に生きる。東京は水浸し

という感じ。

つまり、力を使った代償を受け入れるかと思いきや、そのままスルーパスしたような印象

しかもそれで被害を受けるのは当人たち二人意外の周りの人々。

※ひいては我々観客的立場の一般の人

 

この辺りがモヤッとする原因なのかな、と。

つまり

「二人の恋愛を邪魔するつもりもないし、二人がお互いを大事にし合うのは素晴らしい」

だけど、

「世界に対して与えた影響の責任はとれよ!

とひとこと言いたくなる感じかと。

 

とはいえ、天野 陽菜が世界の変異を起こしたのかは謎

天野陽菜が人柱になっていれば、世界の天気は救われていたのは確か。

とはいえ、先程言ったように「世界の変異を起こしたのがそもそも彼女か」というところは、なんとも言えないところですね。

※ここに関しては、別途調べてみます

 

ただ、基本的には「因果応報」であり「どこかで起きた変化は、どこかで辻褄が合う」というのが、ファンタジーにおいての原則かな、と。

鋼の錬金術師においては「等価交換」という言い方で現れますよね。

もっと直接的に言うなら、ワンピースの初期の名エピソード「アラバスタ」編ですよね。

別作品のネタバレなので、一応隠しますが「ある行為には、代償が必要だった」という話でした。

ダンスパウダーそのもの。

人工的に雨を降らす粉でして、別名「雨を呼ぶ粉」。

粉から霧状の煙を発生させて、空に立ち上らせる。

空にある氷点下の雲の氷粒の成長を急速に促し、雨を降らせる力があります。

しかし、それにより風下にある場所では雨が降らなくなるという代償がある。

「雨を降らせるためには、別の地域の雲をとってくるという代償が必要だった」

 

ということで、天野 陽菜は混じりけなしの「良いこと」をしてはいるものの、それは自然の摂理に反したものですし、なんらかの報いは受ける…というのが、エンタメ的道徳としては大事なのかな、と思うんですよね。

 

他のエンタメ映画なら天気の子とは違う予定調和ラストになっていたかも

他のエンタメ映画なら天気の子とは違う予定調和ラストになっていたよなーと思います。

つまり、

  • 森嶋 帆高の必死の行動で、天野 陽菜は助かる
  • 同時にご都合的に、人柱の役目は既に果たせたので、異常気象は終わる
  • 二人はカップルになり、東京も雨は無くなり、晴れ渡った空の下でハッピーエンド!

って感じ

 

天気の子はあの「新海誠」監督が作った映画です。

当然、新海さんならばその展開は一度は考えたはず。

さらには作品をスポンサー含め色々な人に見せるときに、色々言われたはず。

しかし、あえてそんなエンドは却下にしているんですよね、きっと。

 

ということで「なんとなくモヤモヤして終わって」嫌だった!

という気持ちで見終わるよりも、

そもそもどういう意図があったんだろう?

何を伝えたかったんだろう?

みたいに考えたほうがもっと作品が楽しめるんではないかなーというのが個人的な見解です。

天気の子のラストはセカイ系っぽい(セカイよりも君を大事にする)

観客の気持ちはモヤモヤした曇りのまま終わった

なんといっても本作の賛否を分けるのは、ラストの森嶋 帆高の行動でした

ざっくりいうと

  • 好きな人「天野 陽菜」を人柱としない(生贄にしない)選択をする
  • その代償としての世界の惨事(東京の雨)には目を向けない

という結末。

好きな人 > 周り

という選択でして、

そりゃダメだろって意見も当然あるでしょうし、

世界を犠牲にしてでも好きな人を思う純粋な気持ちが最高!感動!

って見方もあるはず

 

いわゆるセカイ系に近い?

これってセカイ系と呼ばれるジャンルに近いですよね。

世界の破滅というほど規模は大きくないですが、世界と君どちらを選ぶ?という意味では、ジャンル分けされるかな、と。

 

「世界が滅んでも、君のことを選ぶ!」

「世界を犠牲にしてでも、君のことを救う!」

みたいな感じ。

いや、空の上までヒロインの天野陽菜を救いに行くのは、胸アツで良かったですけどね。

※映画館で見ているときも、泣いている人多かったですし

 

そこまでの道すがらでも、法律を犯し、警察を無視しつづけたりで

「他の人には理解されなくても、自分だけが理解している本当に大切なもの」

そういったもののために、周囲を顧みず動く!…というのは一つのテンプレであり、物語における愉悦には間違いありません。

 

とはいえやっぱり「周囲はどうなるの?」という冷めた目で見てしまう人も一定数いるだろうな、と。

須賀 圭介と「大人」の考え

しかしながら「周囲よりも自分を優先するのはよくない」という当たり前に良しとされている考えは、作中人物のおっさん須賀圭介を見ていると、本当にそうかな?と自問したくなります。

それって結局は「大人」の考えなんじゃあないの?って。

 

物語の後半で、須賀 圭介は自己の保身(幼い娘の萌花)と自由に会うために、警察サイドに寄ります。

森嶋帆高に家から出ていくように言い、現金を6万円ほど握らせて、警察には無関係を主張する。

さらには、廃屋ビルに来た森嶋帆高に諭したり、と。

 

須賀圭介の行動だけを見ると、いわゆる大人で、自己保身的で、ぶっちゃけ辟易してしまいますよね。

しかし、彼の面白いところは、その2面性にあります。

というのも

  • 森嶋帆高を自己保身から追い出した夜に、長年の禁煙を辞めてしまう(罪悪感)
  • 老刑事である安井刑事が聞き込み調査に来た際に、帆高を罵倒しつつも、涙が流れる

というのが彼のもう一つの顔だから。

 

須賀圭介の言動・行動は大人であると同時に、心は違った。

同じ家出少年だった二人。

「自分が失ったなにか、ありえたかもしれない自分の姿」を、森嶋帆高の中に見ていたのかもしれません。

 

天気の子のラストの展開(東京の3年後)に対する他の人々の考え

天気の子のラストの展開(東京の3年後)に対して、登場人物・他のキャラクタはどう考えていたのか?

まず終盤に再登場するお婆ちゃんのセリフが面白い。

主な観客は20代~30代だと思うのですが、そんな我々よりも長く生きた知見と、歴史から一段上の意見を言ってきます。

曰く、東京という街は200年前とかは「水びたし」で「浅草の周辺なんかは、船の発着所だった」と(うろ覚えですが)

 

これって、つまり、制作側からの一種の防御ともうけとれて、

「いやいや、反対するのは分かっている、東京という街が水浸しになったら困るし、そんな行動はけしからんって言うでしょうね」

「とはいえ、一昔前を見ると、別にふつうのコトだし、もっと長い視野で物事を考えましょうよぉ~~~」

みたいな感じ。

 

ラストシーン直前、主人公の森嶋 帆高に対して、お世話した恩人の須賀圭介は「お前のせいじゃない、世界がお前なんかのせいでは変わらない」という言葉を発しています。

人柱の事件から3年で、森嶋 帆高は娘と仲良くしつつ、仕事も成功しています(事務所を構える程度には)。

森嶋帆高と廃屋ビルで見せた言い争い、そして、その直前の涙などはありつつも、基本的には「ファンタジーではなく、現実世界側」に軸足をおいた人間が須賀 圭介だとわかります。

森嶋 帆高の「自分は悪くない」と思いたい気持ちを代弁してくれるような森嶋 帆高の言葉に彼は救われかける、というのも面白い。

結局、最後に帆高は「自分の犯した罪とその顛末」を受け入れつつ、自己の行動を肯定するオチ。天野 陽菜との関係が再び始まってオールオッケー的な感じですね。

結局、天気の子は面白かったのか?面白くなかったのか?

結局、天気の子は面白かったのか?面白くなかったのか?

これは正直賛否が分かれるはず。

私個人としては、どんなエンタメも裏側を推理し、自分なりの解釈ができた時点で楽しめるたちなので、面白かったです。

とはいえ「君の名は」ほどの深み、隠されたトリックもなかったですし、割と一本道でストレートな作品だったので、強く心には残らないかな、とも。

 

「君の名は」はある種の時代性を表していた作品だと思います。

しかし「天気の子」は面白い作品ではあるのですが、この現代という時代の中で、どういうふうに残るのかは、いまいち難しい。

 

心の曇天模様が晴れになる。

そんな作品をこそ待ちわびていた我々。

しかし、その天気は変えられなかったかな、と。

 

とはいえ、音楽・映像・お話と、何をとってもすげー作品であることには違いないので、ぜひ劇場で見て欲しいですね。

パカログ

小説版もありますよ

 

追記:終わり方がなんであんなモヤッとしたのか?

あれをどう受け取るべきだったのか?

もう少し考えてみました

新海誠「天気の子」のネタバレ感想。心が曇ったまま終わるセカイ系だけど嫌いじゃない 天気の子とセカイ系とラスト。世界の形を決定的に変えるのは良いのか問題

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)