Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

SUNNY強い気持ち・強い愛ネタバレ感想考察 | 青春と再会し、人生を再開する

SUNNY「強い気持ち・強い愛」を観てきました。

SUNNY「強い気持ち・強い愛」とはどんな映画?

1990年台後半のコギャルブーム、懐かしのJ-POPに彩られた華やかな「過去」。

決して、思い通りにならず、理不尽でままならないことばかりの「現在」。

その2つの世界を行ったり来たりする「エンターテイメント」というか「ヒューマンドラマ」でした。

 

SUNNYのあらすじ

SUNNYのあらすじを引用します。

日本中の女子高生がルーズソックスを履き、
空前のコギャルブームに沸いた90年代、
そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、
20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。
専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンにおかされていた……。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。
芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。裕子、心、梅、そして奈々……、
かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのか?

http://sunny-movie.jp/about/story.html

 

SUNNYの原作は、韓国の映画「サニー 永遠の仲間たち」です。

これを日本向けにリメイクした作品が、今作『SUNNY「強い気持ち・強い愛」』です。

 

SUNNYの登場人物

SUNNYの登場人物です。

現在と過去を行き来する物語なので、それぞれのキャラクタごとに二人の役者が演じています。

  • 阿部奈美:篠原涼子
  • 阿部奈美(女子高生時代):広瀬すず
  • 伊藤芹香:板谷由夏
  • 伊藤芹香(女子高生時代):山本舞香
  • 裕子:小池栄子
  • 裕子(女子高生時代):野田美桜
  • 心:ともさかりえ
  • 心(女子高生時代):田辺桃子
  • 梅:渡辺直美
  • 梅(女子高生時代):富田望生
  • 奈々:池田エライザ

とにかくね…広瀬すずと、山本舞香と、池田エライザの女子高生姿が可愛すぎた。

 

あと、三浦春馬とかリリー・フランキーも出ています。

役にピッタリの演技とキャラクターでした、自然すぎてビビる。

 

SUNNYのスタッフ

SUNNYのスタッフは以下のとおり

  • 原作:「Sunny(邦題:『サニー 永遠の仲間たち』)」CJ E&M CORPORATION
  • 監督・脚本:大根仁
  • 音楽:小室哲哉

監督は大根仁監督です。

モテキ、バクマン、スクープなどの映画で有名です。

※個人的には「恋の渦」という六畳一間ドラマが大好きです

 

今回も大根仁節全開!

ミュージカル風の演出、脚本の妙、そして女の子のちょっとエロい撮り方…など「大根仁」が好きなら必見の映画でした。

 

SUNNYの音楽楽曲は90年台のJPOP

SUNNYの音楽は90年台のJPOPです。

安室奈美恵が引退した2018年。

この年にアムラー全盛期のこの映画を見れてよかったかも。

 

作品のテーマとなっている曲は小沢健二「強い気持ち・強い愛 Metropolitan Love Affair」です。

映画館を出るとこの曲をリピートで聞きたくなりますw

 

その他の曲は以下のとおり

  • 安室奈美恵「Don’t wanna cry」
  • 安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」
  • 久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL「LA・LA・LA LOVE SONG」
  • hitomi「CANDY GIRL」
  • TRF「survival dAnce 〜no no cry more〜」
  • TRF「EZ DO DANCE」
  • JUDY AND MARY「そばかす」
  • PUFFY「これが私の生きる道」
  • CHARA「やさしい気持ち」
  • 森田童子「ぼくたちの失敗」

繰り返し流れる SWEET 19 BLUEが切なくてよかった。

 

SUNNY「強い気持ち・強い愛」のネタバレ感想考察

SUNNY「強い気持ち・強い愛」のネタバレ感想考察です。

救いようのない「現実の残酷さ」

この映画は、陰と陽がくっきりとコントラストを作っています。

 

まず、「陰」の部分は以下のとおり。

過去に関しては2つの大きな出来事がありました。

  • 主人公の阿部奈美は初恋の相手「藤井渉」に彼女がいることを知り失恋する
  • ヤク中JK(ブリタに)が菜々の顔を傷つける

モデル家業もしていた菜々の顔に傷がつき救急車で搬送。

さらに練習したダンス発表が流れてしまったことをきっかけに、SUNNYは解散してしまいます(その後皆で集まることは無かったと言っていました)

 

時はたち、彼女たちは再会します。

しかしなんとも「ままならねぇ」人生が待っていました。

まず、映画の冒頭。

娘は反抗期、夫はお金で何事も解決しようとする、しかも奈美の都合はお構いなしに仕事で1ヶ月も海外出張する。

阿部奈美の一見「不幸」な家庭の映像が流れます。

しかし、ここから友人たちとの出会いの中で、阿部奈美は特別不幸ではなかったことがわかります。

  • 伊藤芹香は仕事こそ成功しているものの、余命1ヶ月のガン。身寄りもいない孤独な状況
  • 裕子はセレブマダムになったが、夫に浮気されている(からの離婚)
  • 梅は夫のDVとパチンコ依存で借金のある家庭。仕事も全然うまくいかない
  • 心は経営に失敗、アル中になり、離婚。子供とも離れて場末のスナックを細々と運営

そんな色々な問題があるメンバーですが、無事に全員が揃った上で裕子が死んでしまうのかな…と誰もが思っていたはず。

と、思いきや「突然の死」。

現実は非情です。

こういう不幸と悲しみの上でこそ、「過去の姿」が輝いて見えました。

 

全力で人生を楽しんでいたあの頃のエネルギー

この映画の陰と陽の「陽」の部分。

「全力で人生を楽しんでいたあの頃(過去)」が映画の見所の一つです。

 

SUNNYのメンバー・女子高生たちは、未来に不安もなく今を全力で生きていました。

その心象風景を大根仁は得意のミュージカル風演出で表します。

主人公の阿部奈美の登校シーン。

LALALA LOVESONGをBGMに展開される「コギャル全盛期の頃の、女子高生生活」の幕開けです。

いつもの大根仁演出を見れたので、この時点で私は満足でしたw

 

その後も街に繰り出しプリクラを撮り、お菓子を食べて、カラオケに行って…

いつものメンバーで、毎日をただただ楽しく生きている姿が輝いて見えます。

 

繰り返し行き来する暗い「現実」との退避で、余計にそうやって見えてしまいますね。

 

キャッチコピー「青春と、再会する」あるいは「人生を、再開する」

物語の最後、伊藤芹香は予定よりも速く急死してしまいます。

 

去り際に芹香は、

仕事のない梅のために仕事を、

お金のない心のためにお金を、

キッカケのない奈々にキッカケを与えます。

 

そしてもう一つ、

あの日出来なかったSUNNYの踊りの発表場所を与えました。

思い出になるはずだった「発表会」の再現。

奈々も含めて、勢揃いしたSUNNYのメンバー。

彼女たちの止まっていたときは動き出しました。

 

この映画のキャッチコピーは「青春と、再会する」です。

あるいは「人生を、再開する」と言い換えても良いかも知れません。

 

SUNNYを観終わった後に

ってことで、暗くてシンドいながらも(やや強引に)前向きに終わる物語SUNNYでした。

娯楽的な演出の素晴らしさ、女優たちの演技、サクサク進む物語展開、大変良かったです。

 

この後私が行う予定は二つ。

SUNNYの原作(韓国映画)を観ること

 

あとは、小沢健二の「強い気持ち・強い愛」が脳内リピート止まらなくなったので、映画のサントラを聞くことですw

 

以上、『「青春と、再会する」あるいは「人生を、再開する」 | SUNNY「強い気持ち・強い愛」ネタバレ感想考察。』というお話でした。

1 Comment

わお

日本版は未見ですが、韓国版の大ファンです。まず曲がJPopなのが萎えてきますね。ここは原作とは違った選曲でいってほしかった。決して韓国好きじゃないけど、韓国版SUNNYは名作です。

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)