ハンターハンター解説記事まとめ

「ぴっぐテン」は誰とでも楽しめるカードゲーム。トランプやUNOの代わりに最適かも

「ぴっぐテン」は、旅行に最適なボードゲーム(というかカードゲーム)です。

  • ルールを簡単に理解できる
  • 2人~8人まで遊べる柔軟性
  • 運の要素強いけど、戦略も少し立てられる(ボドゲ好きでも楽しめる)
  • 「ぴっぐテン!」って叫ぶのが楽しい

ということで、ボードゲーム好き以外の人と遊ぶ時も楽します!

トランプやUNOの代わりに最適かも!

アルパカ

あまり有名ではないですが、隠れた良いゲームです
ぴっぐテン

引用元:Amazon

「ぴっぐテン」とはどんなカードゲームか?ルールは?

「ぴっぐテン」とはどんなカードゲームか?概要をまとめます。

  • 制作 Ayalet Pnueli
  • プレイ人数2~8人
  • プレイ時間 10分くらい

プレイ時間も短く、ルールも簡単です!

「場の数が10になるようにカードを出し続けて、たくさんのカードを手に入れるゲーム」です。

 

「ぴっぐテン」のルール

「ぴっぐテン」のルールを簡単に紹介しますね。

  • カードは全部で11種類。「0~10点」の80枚
  • 手札には、一人3枚のカードを持つ
  • 順番に場にカードを1枚ずつ出していく(出したら山札から補充する)
  • 場のカードの合計点が「10点」なら「ぴっぐテン!」と宣言して、場のカードを総取りする
  • 場のカードの合計点が10点を超えたら、順番が1つ前の人の得点になる

というゲームです。

これだけだと超シンプルに思えますが、

  • 場に出ているカードの合計点と、同じ数のカードを出したら、加算されない
  • 場の一番上に出ているカードと、同じ数のカードを出したら、加算されない

という決まりもあり、意外と10点にならないことがあります。

 

手札のカードは3枚しかないですが、うまく温存したり使い所を考えたりしながら、

  • 10点ジャストを目指す
  • 次の人が10点をオーバー(バースト)するようにギリギリの点(9点とかを狙う)

などして、攻撃するイメージです。

 

また逆に相手の攻撃を防ぐために、

  • 場をリセットする「0点」のカード
  • 「プラスマイナス5点(足しても引いてもOK)」のカード

を使って防御したりもします。

 

「ぴっぐテン」の面白いポイント(感想・レビュー)

「ぴっぐテン」の面白いポイント(感想・レビュー)です。

なんといっても、「ぴっぐテン!」と叫ぶのが楽しいですw

3枚しか無いので、考える時間が少なく、サクサクと自分の番が来ます。

スピーディーに勝負が進むので、やっていてとにかく爽快感があります。

 

それゆえ、初めて会う人や、ボードゲーム(カードゲーム)初心者と遊んでも充分に楽しめます。

プレイ時間が10分程度と短いので、何度も繰り返して遊べるのも特徴です。

 

また、子どもも大人も入り混じって遊べます。

人数が増えてもゲームが破綻しない(難易度変わったりしない)です。

と、良いところがたくさんある「優れたゲーム」だなあと思います。

アルパカ

一見するとただの運ゲーですが、思ったよりも面白いです

 

「ぴっぐテン」の攻略方法・戦略【ボードゲーム考察】

「ぴっぐテン」の攻略方法・戦略(ボードゲーム考察)を考えてみました。

ポイントは2つです

  • カードの強弱(重要度)を理解する
  • 前後の人のカードの状態を把握する

 

カードの強弱(重要度)を理解する

カードの強弱(重要度)を理解することがこのゲームの攻略の肝です。

まず、自分の番に来たときには「0~9」の可能性しかありません。

それ故に「1が最強」です。

  • 何が来てもセーフ(バーストしない)
  • 9の時は「ぴっぐテン!」出来る

という特徴があります。

同様の理屈で、2,3,4といくにつれて、重要度は下がっていきます。

 

また「プラスマイナス5やゼロは防御に使える」=「絶対にバーストしない」ので、常に1枚は持っていたいところです。

ということで、

  • できるだけ1は常に確保する
  • プラマイ5や0は1枚は持っておきたい
  • カードが重複したらそのカードを早めに処分する

というのが基本的な戦略です。

 

また「10」に関しては、前の人がゼロを出した時にしか使いみちがないので、早めの処分はありだと思います。

アルパカ

ただし、相手が手慣れていて、場のカード量が多い時に「0で回避する癖がある」ときにはあえて持っているのもアリです

 

前後の人のカードの状態を把握する

前後の人のカードの状態を把握するというのがこのゲーム唯一の頭の使い所だと思いますw

前の人がどういう風に攻撃してくるのかをまず把握しましょう

  • 低めの数字でキープするのか
  • とにかく高い数字にして攻撃してくるのか

という特徴を抑えましょう。

また「前の人の現在のカードの偏り具合」も、どんなカード出しているかで大体分かります。

 

あとはどのように攻撃するかを考えるために「次の人のカード」も把握しておくべきです。

最後に何を出したのか、を見ておくことで、

  • 苦し紛れに回避したのか
  • バーストせざるを得ないほど得点が高いカードしか無いのか

などが分かります。

アルパカ

また、同じ数字で回避されないために「自分の次の人が、前回出した高いカードと同じ数字を狙う」というのはアリです。

 

【まとめ】「ぴっぐテン」は隠れた名作ボードゲームだと思う

「ぴっぐテン」は隠れた名作ボードゲームだと思います。

色々戦略も書きましたが、基本的には運ゲーですw

とはいえ、いろいろと考えながらプレイができますし、なにより無言にならない(ぴっぐテンと叫ぶ)のでやっていて楽しいです。

 

絵柄のデザインもかわいいし、子どもも出来るし、ルールも簡単だし…と、総合点がかなり高いカードゲームだと思います。

アルパカ

「トランプやUNOの代わりにみんなで遊べるゲーム」として最適かなあ、と思います

【余談】ちなみに現在旅行中でして、まさにこのゲームをやっていますw

以上、「ぴっぐテン」は誰とでも楽しめるカードゲームというお話でした。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)