Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」の感想

THEビジネス書って感じの「PDCAノート」です

サラリーマンはご存知「PDCA」はフレームワークですね。

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善行動)

品質管理や生産性、効率を高めることが目的です。

とにかく狙いをつけて、やってみて、直して徐々にゴールに近づけようー!という考えです。

この本のポイントは「PDCAを知っているけど、継続して回せない」という問題を解決するために、ノートを使っているということです。

PDCAノートはシンプルで効果が絶大?

PDCAノートはシンプルです。

  • 必要な時間:1階に5分~10分
  • 必要なもの:ノートとペン

 

著者は実践した結果

  • 残業時間7分の1
  • 2年で13キロダイエット
  • 年収が倍になる

になったのだとか(真実でしょうが、自己啓発書の宣伝っぽいですよねw)

 

PDCAが回らない理由は「回る仕組みをつくっていないから」

PDCAがうまくいかないのは「仕組み」のせいだと著者は指摘します。

 

PDCAを回すための基本ルール3つ

PDCAを回すための基本ルール3つあります。

  1. 見える化(PDCAは視覚化できれば回る)
  2. 仕組み化(PDCAは仕組みで回る)
  3. 習慣化(PDCAを回すことで習慣化する

 

そして大前提として「ゴール」が必要だと。

著者は、この考え方を「G-PDCA」と読んでいます。

ゴールを2つの見えるにすることが大事です。

  • 紙の上で物理的に目に見える形になっていること
  • 目標そのものが目に見える。何をしているか様子・状態がイメージできること

 

PDCAフレームワークの作り方

PDCAノートの作り方は下記の表が参考になります。

PDCAノート

まとめます。

  1. ノートを横向きに置く
  2. 上から3~5cmのところに水平線を引く
  3. まずノートの真ん中に垂直線を引く
  4. 左の枠の真ん中に1本、右の枠の真ん中に1本引く
  5. 一番上の枠に日付とタイトルを付ける。目標やテーマでもOK
  6. PDCAを書き入れ、タグを付ける

 

そんな感じでPDCAを回すための方法がサクッと載っている本でした。

※ちなみに続編の「最短で目標を達成する!PDCAノート」は微妙でした…

 

PDCAを知っているけど使いこなせていない方はどうぞー。

 

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)