Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

MB著「幸服論 人生は服で簡単に変えられる」の感想。MB思考が面白い。

メンズファッションで有名なMBさんの「幸服論 人生は服で簡単に変えられる」の感想です。

いつものコスパよくオシャレになる「ファッション論」ではなく、自己啓発部分=MB思考が面白かったです。

ファッション理論について知りたい方は、MBさんの初期の本「最速でオシャレに見せる方法」がオススメです。

 

MBさんとは

MBさんはファッションバイヤーです。

「メンズファッションの底上げを図る」ため、ブログ、メルマガ、本など各種メディアで活躍中です。

ブログは「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」です。

メルマガはホリエモンなみの人気を誇ります。

 

私は、MBさんブログがしばらく更新していない初期の頃からウォッチしていたのですが、あれよあれよと超人気な存在になっていました。

「カジュアルとフォーマル」という理論が分かりやすくて優れていましたし、自分自身の売り込み方・マーケティングが抜群にうまいです。

 

そんなMBさんの考え方を知れる一冊です。

ファッションに興味がない方でも「市場の中で独自のポジションを築くにはどうするか」を知りたい方にはオススメの一冊でした。

 

メンズファッションバイヤーMBの考えまとめ

メンズファッションバイヤーMBさんの考えで、面白い箇所をまとめました。

 

自己啓発書よりファッション本の方がコスパよく人生が変わる

ファッションを意識(おしゃれ)することで、自信がつき、人生が変わりますというのがMBさんの主張。

「自己啓発書を読んでも人生に変化が生じるのは100人に1人だけど、ファッションをツールとした場合は100人中99人が人生が変わる」と断言します。

ファッションはチートスキル(裏技)で、以下のようなスパイラルを起こして人生がイージーモードになるのだとか。

  1. おしゃれになる
  2. 自信がつく
  3. 褒められる
  4. 差別化出来る

ここまで言われると胡散臭いですよねw

ここまで強く断言はできませんが「コスパの良い投資」というのは間違いないと思います。

メラビアンの法則、人は見た目が9割…のように人の印象というのは外見による影響が大変大きいですからね。

 

「好きなことを」を突き詰めた

元々勉強が大嫌いで、成績も下から数えたほうが早かったそうです。

しかし、人生を変えるため、好きなことを突き詰めたと言います。

行動と結果はリンクします。他人と異なる結果を出すには他人と異なる行動をしなければなりません。そして他人と異なる行動には、他人と異なる思考が必要です。

地方の大学を卒業した程度のいちサラリーマンに非凡な才能があるとはとても思えません。そこで自分が一番好きなことは何かと考えました。

自分にしか出来ない行動、他人とは異なる行動についてひたすら考えたのです。そして、好きなことであれば他人と異なる行動が取れるだろうと思いついたわけです。

 

具体的には、好きなことに関する努力を積み重ねることが重要だと。

僅かな努力の積み重ねが、他人との大きな差別化を生んでくれるものなのに、人は簡単にそれを投げ出します。

たった1時間。毎日1時間でも30分でも、好きなことを突き詰めてみましょう。それを勉強とはいいません。

 

パニック障害から脱した過去

MBさんはパニック障害を患った過去があるらしいです。

大学時代は外出できなくて留年するほど苦しめられたのだとか。

焦れば焦るほど悪化する症状。

そんな彼を救ったのは「それも含めてあなたなのだから受け入れましょう」という言葉だったとか。

 

この経験から、MBさんは「自分を受け入れること」が大切だと説きます。

多くの人は、外見、学歴、収入などどこかにコンプレックスがあって自己否定的な部分を抱えています。それを受け入れる。

具体的には「イケメンじゃないなら、雰囲気イケメンを目指す」「仕事ができないなら、せめて要領をよくしよう」と語ります。

 

手段が目的化してしまわないようにする

手段が目的化しないようにすることも重要です。

例えば、「理想の人生を歩む」という上位目標があるとします。そして、それを達成するための「下位目標」が「ファッション」と言えます。

あくまでのファッション(オシャレ)は、下位目標なので、「たかがファッション」と考えればいいのです。

 

しかし、多くの人はこの主従関係を理解せず、手段が目的化になりがちだと言います。

毎日、下位目標だけを追いかけていると、いつの間にかそれが重要なことのように誤解してしまう、と。

大事なのは「手段はどうあれ、ゴールに到着すること」なのです。

そのため、下位目標には気軽に取り組むべき、オシャレも気軽に実践するべきだとMBさんは述べます。

 

MB流の「幸福論」

幸福に関して語る話も、なるほどなーと思いました。

  • お金の多寡で幸福度は決まらない
  • 人それぞれ自分の理想の姿と、自分の望む幸せの形がある
  • 他人のものさしを捨てて自分のものさしで幸せについて考えるべき

 

ホームレスから見た我々という話。

たとえば日々の食べ物にも事欠くホームレスは、私達から見れば不幸の象徴です。でも、彼らにとっては私達こそが不幸の象徴かもしれません。毎日時間に追われ、やりたくもない仕事をして、嫌いな上司にこびへつらう私達を「なんと不幸な人生だろう」と思っているかも知れません。

好きなように寝て、静かに暮らし、たまたま手にした酒を仲間たちと飲み交わす幸せ。

もちろん彼らにも大変なことや辛いことは有るでしょう。しかし、どちらが幸せなのかはわかりません。

最近の著者の本を読むと、頻出する言葉が「自分のものさし」です。

「誰もが望む共通の幸せのカタチ」という幻想が崩れたのが現代なのかも知れませんね。

 

裕福な家庭からの極貧生活突入

裕福な家庭で過ごした幼少期だったそうです。

幼稚園の頃、エレクトーンをおねだりすると、数十万円のエレクトーンが翌週には買ってもらえたのだとか。

 

しかし、小学5年生の時に、父親の会社が倒産します。

借金取りが訪れるほどの極貧生活。

ほどなく両親は離婚し、母親とボロアパートと住んでいたのだとか。

 

そして成人し、母親を楽にしたい、恩返しをしたいという思いを胸に、年収1000万円を目指します。

そこで行ったのが「人とは異なる思考と行動」でした。

具体的には以下のような生活だったのだとか。

  • 休みゼロ
  • 平日は1日4時間勉強する
  • 休日は1日15時間勉強する

そのように、差別化を意識して行動を実直に繰り返した結果、現在のような成功に繋がっています

※メルマガだけで月収が1千万円近くいっていそうです

 

新しいことを始めるためには捨てることから始める

新しいことを始めるには捨てることが重要です。

※経営学の偉人ドラッカーも同様のことを言っていましたね

 

MBさんの場合、会社をやめて独立したとき、心の拠り所としていたものが全てなくなったのだとか

  • 結果を出すための作業がない
  • ツールがない
  • 使える人材もいない
  • 働く場所すら無い

ただ「身も心も隙間だらけになったからこそ、新しいことを全て受け入れられた」と言います。

※ただ今すぐ仕事をやめましょう!とは本書で勧めていないのでご注意を

 

MB思考まとめ

MBさんの思考で、一番のポイントは「差別化」ですね。

  • 人と違う思考と行動をする
  • 自分だけのブルーオーシャンを見つける

言葉でいうと簡単ですが、内実は「一切休まないで勉強する」と大変ハードなものでした。

 

人間というのは、何が大事かを知っていても、なかなか動けない生き物です。

自分の中の「変わりたくない」という気持ちを騙すためには、本書のような「具体的な体験談」を読むのが一番良いと思います。

自分の好きなこと(ファッション)を突き詰めて成功した、1人の人間の思考を知れる良書です。

是非読んでみてください~

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)