ハンターハンター解説記事まとめ

ファンタジー恋愛漫画「恋は光」感想。ロジカルさが面白い【ネタバレややあり】

ファンタジー恋愛漫画「恋は光」の感想と考察記事です。

普段は恋愛漫画を読まないけど、頭を使う漫画が好きな人が、楽しめるタイプの漫画でした

アルパカ

作品を一貫して流れる「ロジカルさ」が独特の空気を醸し出します

 

前半はネタバレ無しで作品紹介、後半はネタバレありの考察・感想です。

「恋は光」の紹介(ファンタジー恋愛漫画)【ネタバレ無し】

「恋は光」の紹介です。

この漫画、ジャンルとしては「ファンタジー&恋愛」です。

主人公は、大学生の西条という男性。

 

彼は小学校からの女友達である北代に

「恋をしている女性がキラキラして見える(光を発している)」

と語ります。

アルパカ

主人公の西条は「本当に光を発しているように見えている」ようです

 

彼の見る

「光とは何か?」

「恋とはなにか?」

というお話です。

 

恋は光のあらすじと登場人物

恋は光のあらすじ(1巻の最初)はこんな感じ↓

  • ある日、西条(主人公)は、大学の授業で隣に座る女性(東雲)に話しかける
  • 東雲は「恋というものを知りたい」と語り、西条は「この人が俺に恋をしてくれたら」と考える
  • 西条東雲に「交換日記」を持ちかけて、二人はお互いのことを知っていく

という話です。

優しいが変人な西条と、可愛いけどクラスでも変わり者の東雲の恋物語です。

「2人の物語」と言いたいところですが、登場人物は他にもいて

  • 西条の小学校の頃からの幼馴染の女友達「北代」
  • 他人の男を奪うのが好きな美女「宿木」

も交えての四角関係になります。

ジャンプ漫画でいうと「いちご100%」とかみたいに、誰とくっつくのか分からない系の恋愛漫画です。

 

一風変わったハーレム漫画(恋愛漫画の変化系)

「恋は光」は、主人公の西条を取り合うハーレムものとも言えます。

しかし、マガジンとかでやっていそうなラブコメとは空気が違います。

大学生ということもあり、落ち着いていますし、理知的な男女関係が面白いです。

 

女性たち3人が、互いに友人が少ないこともあり、徐々に女性の友情が育まれていくのも面白いです。

「モテる主人公男性」にフォーカスしているというよりも、

  • 光とはなにか?
  • 恋とはなにか?
  • 友情と恋はどちらを優先するのか?

みたいな話が語られていて、ちょっと大人向け(アダルティな意味ではなく、精神年齢高め)です。

今までにないタイプの恋愛漫画といいますか、変化球的な漫画だな、と思います。

 

7巻完結でサクッと読めて、最後まで面白い漫画なので、オススメです~

アルパカ

ハンターハンターとかジョジョ好きな私に友人が勧めてくれましたが、ドンピシャでしたw

 

 

「恋は光」の面白さ考察。謎とロジカルさがポイント(1巻のややネタバレあり)

「恋は光」の面白さについて語ります。

1巻の途中までのネタバレあります。

「恋は光」の光とはなにか?謎とミステリーが物語を引っ張る

「恋は光」というタイトルが示すとおり、主人公が感じる「光」=「恋」なのだな、と思いながら読み進めると、4話当たりで「あれ?」となります。

主人公の幼馴染の女友達(北代)は主人公(西条)の良き相談相手で、実は彼のことが昔から好きです。

しかし、西条は「北代は光って見えない」と語ります。

アルパカ

恋は光じゃないのか!?

 

ということで「光はなにか?」という作品の謎が、ずっと引きずられたまま物語は進みます。

7巻の最終巻でようやく答えが出ていますし、その答えも作品テーマと相まって「なるほどなー」というものでした。

 

「恋は光」の面白さは「ロジカルさ」にあり

「恋は光」の面白さは「ロジカルさ」にあります。

先程の「光の正体はなにか?」というキッカケは物語を引っ張るものです。

一方で、答えにたどり着くための「そもそも恋とは何か?」というところを探求するのが、東雲(ヒロイン)です。

 

彼女は、友達もいなく、浮世離れしている存在です(大学生ですが携帯電話を持っていないです)。

小説が好きで「恋とはなにか」を物語の中に求めます。

どんな考えも言語化することが好きですして、その「語り口調」と「発想」が読んでいて面白いです。

 

で、この彼女を筆頭に出てくるキャラクタが全員ロジカル(論理的)なんですよね

  • 西条:「付き合う」とは何か、「付き合ったらどうあるべきか」を考える
  • 東雲:「恋」とは何か、その定義を探し求める
  • 北代:自分の決めた立ち位置をズラさない
  • 宿木:自分が得する・損しないための方法に限りなく忠実

という感じで、キャラごとに「芯」があります。

全員、自分の考える「(言語化出来る)正しさ」に引きずられて行動しています。

「とにかくこの人が良いんだ!!」という少女漫画でよくある恋愛とは異なります。

 

こういう風なキャラ設定をすると「記号的」になりがちです。

しかし「恋は光」では、キャラごとの感情表現の豊かさや、物語のスピーディーさから全く「作られた感じ」がしません。

 

アルパカ

後半になるに連れてキャラに感情移入してしまいます…

 

7巻の最後まで各巻で「気になる」展開が何度もある

ということで、

  • 物語を通じて「光の謎」が気になる
  • 登場人物がロジカルで、見ていて面白い

というのがこの作品の面白さのポイントです。

 

で、7巻完結と短い漫画なのですが、「気になる」展開が何度もあるのも特徴です。

  • 「その人と付き合うの!?」
  • 「その恋は進展しないの!?」
  • 「そこで告白するのか!?」

みたいな「恋愛漫画ならではの盛り上がり」がしっかりと散りばめられていて、飽きずに読めます。

しかも「すれ違い」的な展開も、登場人物たちが自身の考えに沿って「ロジカルに動いている」がゆえに発生しているので納得感があります。

 

【まとめ】「恋は光」は変わった恋愛漫画好きにオススメ

個人的に好きな少女漫画は

  • 「海街diary」
  • 「ハチミツとクローバー」
  • 「のだめカンタービレ」

あたりです。

「恋は光」は、そういった感性系の漫画とは違った面白さがあって新鮮でした。

ファンタジー要素(光設定)は作品の前提としてあるだけで、基本的には「まっとうな恋愛漫画」です。

って感じで、

  • 普段あまり恋愛漫画を読まない人
  • 普通の恋愛漫画に飽きた人

が、読んでみると面白いと思います。

結構気に入った作品なので、そのうち「作品考察」と「最終回(結ばれたヒロインと結ばれなかったヒロイン)」あたりの話もします!

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)