Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

映画「帰ってきたヒトラー」感想。彼を知らない人も恐れている人も見て損はしない

映画「帰ってきたヒトラー」を見た感想です。

現代に蘇ったヒトラーがコメディアンと勘違いされて大人気になる…という社会派コメディ・ドラマです。

ヒトラーの何が悪いの?という人も、ヒトラーを許してはいけない!という人も、どちらも見るべき映画でした。

Amazonプライム会員なら無料で見られます

帰ってきたヒトラーの感想

帰ってきたヒトラーのあらすじはこちら

この映画、笑うと危険。世界中で売れまくり!ベストセラー小説を映画化!ヒトラーが現代にタイムスリップし、人気芸人に!?ギャップに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失う、世にも危険なコメディ!

 

帰ってきたヒトラーの原作小説

この映画、元は小説です。

ヒトラーにめちゃくちゃ詳しい著者が、もしも現代にヒトラーが蘇ったらこんな事を言うはず…という話をフィクションで作りました。

これがまさかの大ヒット。ドイツはヒトラーについて触れるのが長年タブーでしたが、一気に(良いにせよ悪いにせよ)世に受けいられる形になりました。

 

そして、映画の中のヒトラーも自伝的に小説を書き、それが世の中に受けいれられます。

現実世界の小説のヒットが、映画の中の小説のヒットを想起させるメタ構造だったりします。

 

カルチャーギャップコメディな時点で、ある程度は面白い

内容はいわゆるカルチャーギャップコメディです。

つまり、過去から来た人間が、現代のおかしなところを風刺するという作品。

その主張には一遍の真理が含まれていて…というのは、王道の展開ですね。

ハッキリ言って、この手の作品は、この設定だけでもうある程度の面白さは担保されています。

 

本作も、国と大衆について考え抜いたヒトラーが語る「現代のおかしなところ」はやはり面白さがあり、誰しも(良いにせよ悪いにせよ)引き込まれてしまいます。

 

帰ってきたヒトラーのネタバレ無し感想

帰ってきたヒトラーのネタバレ無し感想です。

そもそもヒトラーが蘇る&ある種好意的に描くってどうなの?と思いながら見ていたのですが、これが想像以上に面白い。

彼の尖ったキャラクタとその弁論のうまさで、歪んだ世の中を風刺していきます。

これが思った以上に痛快。

 

しかも、この映画は全てがフィクションではありません。

本作は、うだつの上がらないTVの企画屋が「一発当てる」ために、偶然甦ったヒトラーをドキュメンタリ番組にする…というのが映画の中のメインストーリーです。

実際に映画の中の「ヒトラー役」が、現実のドイツに現れて、右寄りの団体や、活動家たちと会って話す姿を撮影しています。

映画自体はフィクションなのですが、その中で使われる映像の一部(ドキュメンタリー)は本物…という構造になっています。

 

主演のヒトラー役のマスッチさんのインタビューを引用します。

マスッチ:つまり、現代社会の中にヒトラーのような指導者が現れた時、右派になびいてしまうような隙がまだ人々に残っているのか。さらに言うと、人々は再び洗脳されてしまうリスクがあるのか、というテーマを実験し検証するような映画だった。

俳優としても、一個人としてもそこに強く興味を惹かれたんだ。私個人の認識としては、演じていたのは歴史上に存在したヒトラーそのものではなく、極めてヒトラーに近い別の人物だ。

ヒトラーになりきることで、現在ドイツで起きている実情を暴くというところが、面白く、魅力的なところだと思っている。

引用元:Real Sound

 

そして、物語の方ですが、どんどん蘇ったヒトラーが人気になっていきます。

周囲の登場人物は、当然ヒトラーが生き返るわけがないと思っているので、彼のモノマネのクオリティを褒め称えるし、極論の中に真実を見つけてしまいます。

しかし「こんな事あるのか、ヒトラーすげー」と思いながらコメディのつもりで見ていると、思いもよらない方向に物語は進んでいきます。

以下、ネタバレありなので、見るつもりの人は気をつけてくださいね。

 

帰ってきたヒトラーの解説(ネタバレあり)

「帰ってきたヒトラー」の解説です。後半のネタバレありで話していきます。

 

コメディのつもりで見ていた自分の態度を改めることになる

後半、主人公サヴァツキの祖母(老婆)の台詞で我々は目を覚ますことになります。

  • ヒトラーが最初は大衆に受け入れられていた
  • みんなコメディのつもりで見ていたが、気づいたら強い権力を握っていた
  • そしてあの残虐事件が起きた

という展開に。

老婆の「昔と同じだ。みんな最初は笑っていたんだ」という台詞がひどく、重い。

 

ここに来て、突然笑えなくなります。

劇中でヒトラーを笑っていた大衆は、映画を見ている自分たちでもあったのです。

 

無意識に洗脳されるのはなんて怖いことか

私は映画を観ているうちに、気づいたら、

  • ヒトラーも冷酷な悪人じゃない
  • 発言にも一理ある
  • 貧民、弱者の味方だよな
  • 現代のインターネットというプロバガンダツールを見事に使っている
  • カリスマ性あるよな

などと思っていました。

無意識のうちに、そう思っていた自分に驚きました。

最後に唯一「まとも」だったカメラマンのサヴァツキが「精神病棟」に入れられている姿は、自身の理性が牢獄に入れられているようでした。

 

帰ってきたヒトラーの感想まとめ

帰ってきたヒトラーの感想まとめとしては

  • ドキュメンタリー風のコメディとして一定の面白さあり
  • 身構えずに見ると、自身の持っている洗脳される感性に気づく
  • ヒトラー嫌いな人ほど、あえて見るべき

という感じ。

 

以上、『映画「帰ってきたヒトラー」感想。彼を知らない人も恐れている人も見て損はしない』というお話でした。

ちなみに原作小説の方はヒトラーの一人称で語られる分、ヒトラーの思想がどっぷりと自分に流れ込みます。

ニーチェ風に言うと「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」という内容。

映画が面白かったら、ヒトラーについて知る意味でも、改めて自分の騙されやすさを知る意味でも、読んで良い本ですよー。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)