ジョジョ5部アニメ25話ネタバレ解説感想。トリッシュのスパイス・ガールと硬い決意

ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメ感想考察

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第5部の第25話「スパイス・ガール」ネタバレ感想を書きました。

前半はジョジョに詳しくない人向けの解説で、
後半はジョジョヲタ向けの考察です。

 

ジョジョを見逃した人は、一番安い動画配信サービスのdアニメストアがオススメ!
ランチを1回我慢すれば、1ヶ月アニメ見放題です。

アルパカ

今なら「1ヶ月無料体験」もできますよ~

>dアニメストアを今だけ無料体験する

ジョジョ5部アニメネタバレ感想記事 “全話” まとめはこちら!

 

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」25話あらすじ内容(ネタバレ)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」の第25話「Episodio 25 スパイス・ガール」のあらすじと内容です(ネタバレあり)

 

【前回】アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」24話の復習

前回の「ジョジョ5部」24話の復習&知っておくべき内容のまとめです

  • 暗殺者チームはほぼ全員撃退(ホルマジオ、イルーゾォ、プロシュート兄貴&ペッシ、メローネ、ギアッチョ)
  • 暗殺チームのボス「リゾット」がついに動き出した
  • ブチャラティは組織を正式に裏切る(フーゴは離脱)
  • ボスの過去を知るために「サルディニア島」に向かうことに決定
  • ナランチャは、ボスの親衛隊「トーキングヘッドとクラッシュ」を撃退
  • 飛行機をゲットしてサルディニア島へ向かう!
  • 死んだはずのカルネの「ノトーリアスBIG」がジョルノたちを襲う!
  • ジョルノもやられて、トリッシュがピンチ!

>ジョジョ5部ネタバレアニメ24話の解説&感想

 

【最新話】アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」25話のあらすじと内容(ネタバレ)

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」25話の内容は

  • ノトーリアスBIGが飛行機の中でトリッシュを襲う!
  • トリッシュのスタンド「スパイス・ガール」が目覚める
  • ボスもサルディニア島に向かう!

って感じ。

スタッフ
脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ:南川達馬・ 藤本ジ朗 演出:高橋雅和 総作画監督:石本峻一・田中春香

 

ジョジョアニメ5部(黄金の風)25話のネタバレ感想と解説

ジョジョアニメ5部(黄金の風)25話のネタバレ解説と感想です。

アルパカ

原作未読者が困るネタバレは無いので安心してください

 

トリッシュのスタンド能力が目覚める

トリッシュのスタンド能力が目覚めました。

大事なのは、固い決意だったようです。

トリッシュ『あんたはひょっとして私なの?これは私がやった事なの…』

スパイス・ガール『重要なのはトリッシュ。ブローチを拾った、その迷いを吹っ切った固い決意です』

 

そして、スパイス・ガールの能力は「柔らかくする」ということが判明。

スパイス・ガール『あなたは強くなっている。精神的にも人間的にも強くなっている。そしてあなたはこの世のあらゆる物質を柔らかくすることができる』

スパイス・ガール『柔らかいということは…ダイヤモンドよりも壊れない!』

 

そして最後に、スパイス・ガールが自らのスタンド名を名乗ります。

トリッシュ『な…名前…あなた名前はあるの?あんたのこと…何て呼べばいいの…?』

スパイス・ガール『スパイス・ガール』

トリッシュ『そう…一味違うのね』

 

アルパカ

このトリッシュの返しが秀逸すぎて、格好良いw

 

スパイス・ガールの能力とは?

スパイス・ガールの能力とは、殴ったものを柔らかくする能力。これ自体もかなり汎用的で良いですね。

スタンド自体の能力値もけっこう高いです。

  • 破壊力:A
  • スピード:A
  • 射程距離:C
  • 持続力:B
  • 精密動作性:D
  • 成長性:C

いわゆる典型的な近接型スタンドですね。

トリッシュの父親(ギャングのボス)の血を感じる攻撃力の高さです。

 

トリッシュのアリーヴェデルチ

ブチャラティの「アリアリ」ラッシュの最後の決め台詞は「アリーヴェデルチ(さよならだ)」です。

ブチャラティのピンチを救ったトリッシュが、このセリフを言いましたね。

好きかどうかはさておき、トリッシュはブチャラティを意識していることがよく分かりますね。

 

ちなみにトリッシュのラッシュ時の掛け声は

「WAAAAAAAAANNA BEEEEEEEEE(ワアーナビィーー)!!」

でした。

これは実際のアーティスト「スパイス・ガール」の名曲「Wannabe」から来ていますね。

 

ホラー映画的な展開再び

ホラー映画的な展開が再びで、見ていて面白かったですね。

「早く動くと、敵の攻撃を食らうから、動けない」という設定はホラーで使えそう。

というか、物音を出さないように、敵に気付かれないようにする、というのがホラーの黄金パターンですよね。

 

ジョジョの場合は、そこに更に一捻り加えていて

「早く動いてはいけない状況」で「あえて全力で走るトリッシュ」が印象的でしたね。

 

徐々に認められていくジョルノ

ほぼ再起不能(リタイア)になりつつ、今回まともに出ていないジョルノ。

しかし、スパイス・ガール(というかトリッシュ)に認められていく描写がありました。

これで、

  • ブチャラティ
  • フーゴ(離脱済み)
  • ミスタ
  • ナランチャ
  • トリッシュ

がジョルノのことを認めたことになります。

唯一ジョルノのことを認めていない(具体的に認めた発言をしていない)のは、アバッキオだけになります。

 

「ジョジョ5部 黄金の風」第25話の見どころと感想考察(JOJO原作読者、ファン向け)

「ジョジョ5部黄金の風」第25話見どころ(JOJO原作読者向け、ファン向け)の小ネタ感想です。

5部のネタバレも少ないので、初見の方が見ても(ほぼ)問題ないです。

 

何故スパイス・ガールはしゃべるんだぜ

4部のエコーズもそうですが、たまに喋るスタンドがいますね。

基本的には、スタンドは生命エネルギで、アバター的な存在。

あえて無理やりロジックを付けるなら、エコーズもスパイス・ガールも「生まれたてのスタンド」だったという共通点はあります。

そのため、チュートリアル的に最初は使い方を教えてくれるのかもしれませんね。

>【参考】以前ジョジョ5部17話の感想で書いた通り、ベイビィ・フェイスもしゃべるスタンドでしたね

 

列車のときのフラグを回収(謎のヒートハンド現象)

列車のときのフラグを回収していました。

» 参考:【ジョジョ5部16話】トリッシュのスタンド能力が目覚めた→大きな手は何?

 

トリッシュの謎のヒートハンド現象ですね。

これはスタンド能力が発現する時の表現だ、という演出(解釈)かなと思いますw

ジョジョ5部25話 トリッシュの手

引用元:ジョジョの奇妙な冒険「黄金の風」25話

 

仗助涙目←『柔らかいということは…ダイヤモンドよりも壊れない!』

仗助涙目な一言。

『柔らかいということは…ダイヤモンドよりも壊れない!』

ということで、4部を超えてきましたw

主人公のジョルノが言うならまだしも、仲間キャラの中でも地味なトリッシュが言うところが悲しいw

 

時代の変化があったんだろうなーと

「まともに戦いに参加する女性」はジョジョの中で、始めてじゃないかなーと思います。
※4部の山岸由花子とかもいますけどね

この後の6部の主人公が徐倫であることも考えると、「時代の変化」があったんだろうなーと感じます。

 

ボスの残念さが全面に出るシーンが多数

完全無欠に思えたディアボロ(ボス)の残念さが全面に出るシーンが多数ありましたw

  • 15年前にトリッシュの母親を撮った写真を現像している
  • 掃除のおばちゃんが来たのでキンクリ使って全力で部屋掃除する
  • ジョルノの写真を置き忘れてしまう

ということで、色々と詰めが甘いw

 

アルパカ

掃除のおばちゃんを殺さなかったのは、足がつかないようにしたんだと思いますけどね

 

JOJO5部アニメ黄金の風 第25話「スパイス・ガール」まとめ

JOJO5部 黄金の風アニメの第25話「スパイス・ガール」までの話をまとめると

  • 暗殺者チームはほぼ全員撃退(ホルマジオ、イルーゾォ、プロシュート兄貴&ペッシ、メローネ、ギアッチョ)
  • 暗殺チームのボス「リゾット」がついに動き出した
  • ブチャラティは組織を正式に裏切る(フーゴは離脱)
  • ボスの過去を知るために「サルディニア島」に向かうことに決定
  • ボスの親衛隊「トーキングヘッドとクラッシュ」「カルネ」を撃退
  • トリッシュのスタンド「スパイス・ガール」が覚醒
  • サルディニア島にジョルノ達&ボスがやってくる

という感じ。

 

毎週更新しているので、良かったらブックマークお願いします~↓

ジョジョ5部アニメネタバレ感想記事 “全話” まとめはこちら!

 

アルパカ

アニメを見て続きが待ちきれない方は、ジョジョ5部の漫画をどうぞ!

もしもう一度見たい or 見逃した場合は、dアニメストアが安くてオススメですよー

▶ドコモ以外も登録可能!【dアニメストア】

 

Amazonアカウントを持っている人(プライム会員)は、初月無料のFODプレミアムの方がお得です。

無料体験中でもポイントもらえるので、漫画も1~2冊くらい無料で読めますよー

▶フジテレビの動画見放題サイト「FODプレミアム」無料お試しはこちら

 

以上、「ジョジョ5部アニメ25話の解説」でした。

追記:JOJO5部26話の感想書きました~(ネタバレあり)

 

人気記事個人的な2018年アニメランキング【感想考察記事まとめ】

2 Comments

実年JUMP

>『あんたのこと…何て呼べばいいの…?』
>『スパイス・ガール』
>『そう…一味違うのね』

私はJOJOの4部と5部しかまともに読んでないのですが、
スパイス・ガールは“シリーズ最高傑作”なスタンドではないか?
と思っています。

トリッシュの潜在的な意識が付けた名前ではあるのだろうけど、
自ら名乗るスタンドは彼女だけではないかと記憶します。

ACT3やベイビィ・フェイスも自我があり本体と会話をしていましたが、
それらは一般人で言うとこの「ペットと飼い主」の関係に近かったと
思います。

その点スパイス・ガールは守護霊的な友達の様で、ふたりでゲーム
や遊具で遊べそうだなと考えています。

>「まともに戦いに参加する女性」はジョジョの中で、始めて・・・
>・・・徐倫であることも考えると、「時代の変化」があった・・・

今話が、週刊JUMPに掲載されていた頃・・・
1997年(平成9年)に改正された「男女雇用機会均等法」の影響が
あるのではないでしょうか?

返信する
アルパカ

おお、シリーズ最高傑作ですか!

たしかにスパイス・ガールは異質なスタンドですよね。
トリッシュの性格が色濃く反映されているのも面白いと思います(突然キレるのとかw)

>男女雇用機会均等法
おー、そのタイミングだったんですね。
時代性は作品に重要だと、ジブリの宮崎さん&鈴木敏夫さんも言っています。
荒木先生もその辺りを意識しているのかも。
※ジョジョリオンがどういう空気をもとに作っているのか気になりますけどw

返信する

アルパカ にコメントする コメントをキャンセル