ジョジョ5部アニメ13話ネタバレ解説感想。イルーゾォのマン・イン・ザ・ミラーと各々の覚悟

ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメ感想考察

ジョジョをよく知らない人でも分かるように、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第5部の第13話「Episodio 13 マン・イン・ザ・ミラーとパープル・へイズ」の解説・考察・感想を書きました。

  • ジョジョに興味はあるけど、原作もアニメも見たことない
  • ジョジョのアニメ4部までは見たけど、5部原作漫画は読んでいない

という人向けに、分かりやすく説明します。

アルパカ

マン・イン・ザ・ミラー戦!

ジョジョを見逃した場合はdアニメストアが安くてオススメですよー、今季のアニメも色々あります。

▶ドコモ以外も登録可能!dアニメストア無料お試しはこちら

 

あと、Amazonアカウントを持っている人ならば、FODプレミアムもオススメ。

無料期間中に最大1300ポイントもらえます(=ジョジョの漫画2冊が無料で読める相当)。

ジョジョのアニメも見られますし、1ヶ月以内に解約すれば無料です。

▶フジテレビの動画見放題サイト「FODプレミアム」無料お試しはこちら

 

 

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」12話の復習と知っておくべきこと

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」12話の復習&知っておくべきことをまとめました。

  • ブチャラティチームは、ボスの娘「トリッシュ」の護衛を任される
  • 暗殺者チームは、ボスに結びつく手がかり「トリッシュ」を狙う
  • ナランチャは暗殺者チームのホルマジオを撃退した
  • ボスからの指令でポンペイ遺跡に行ったジョルノ、アバッキオ、フーゴ
  • フーゴは、暗殺チームのイルーゾォにスタンド攻撃されて鏡の中の世界に入りピンチ

アルパカ

イタリアポンペイ遺跡でイルーゾォとの闘いです

 

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」13話あらすじ内容解説(ネタバレ)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」の第13話「Episodio 13 マン・イン・ザ・ミラーとパープル・へイズ」のあらすじと内容です。

アルパカ

原作未読者が困るネタバレは無いので安心してください

 

ジョルノと意見が別れたアバッキオの独断行動

ジョルノと意見が別れたアバッキオが独断行動に走ります。

で、暗殺チームのイルーゾォにやられそうになります。

イルーゾォのスタンド能力はマン・イン・ザ・ミラー。

鏡の世界に引きずり込むというもの。

 

アルパカ

これ、能力がバレてなきゃ最強ですよね、相手をほぼ無力化できる…

 

しかし、アバッキオは自身のスタンド能力「ムーディー・ブルース」です。

リプレイはもちろん、姿を化けることもできます。

ってことで、イルーゾォを騙して、鏡の中の世界にスタンドを引きずり込ませます。

アルパカ

スタンドの攻撃力が妙に強いのは、ムーディー・ブルースの破壊力が高いからです

 

ムーディー・ブルースの能力値

アバッキオのムーディー・ブルースの能力値を参考までに。

  • 破壊力:C
  • スピード:C
  • 射程距離:A(再生中に限る)
  • 持続力:A
  • 精密動作性:C
  • 成長性:C

って感じで、肉弾戦に強いスタンドになっています。

 

イルーゾォもアバッキオも覚悟がスゴい(手を犠牲にする)

イルーゾォもアバッキオも覚悟がスゴいですね。

まず、アバッキオは自分の手を切断(犠牲)にして、鍵を手に入れていました。

一方で、イルーゾォもウィルス感染した腕を犠牲にすることを選びました。

アルパカ

いずれにせよ、アニメ演出の出血量を見ると、死にそうな感じしかしないw

 

ジョルノの覚悟もスゴい

ジョルノの覚悟もスゴいです。

フーゴのスタンド「パープルヘイズ」のウィルスカプセルにあえて感染した状態でいました。

その状態で、鏡の中世界に引きずり込まれたので、イルーゾォもウィルス感染してしまいます。

 

で、チキンレースよろしく、相手が鏡の外の世界に戻るのを待っていました(戻らなかったら死ぬ覚悟だった)。

結果、パープルヘイズのウィルスがある場所から生まれた蛇のワクチン(血清)をゲットしました。

ウィルス耐性を持った動物の血を手に入れて、ウィルスを死滅させました。

アルパカ

なんとなく説得力あるジョジョならではの設定ですw

 

誰の覚悟がスゴいのか

誰の覚悟がスゴいのか?

ジョルノが語るように、一人一人の覚悟の種類は違いました。

  • ジョルノ→推理に基づき勝算を持って、ウィルスにあえて感染
  • アバッキオ→命がどうなろうとも、任務を遂行するために、手を切断
  • イルーゾォ→生き残るために、手を切断

という違いです。

つまり、自分の命を守ろうとしたのはイルーゾォだけ。

アルパカ

残りの2人は死んでも良いから、目的を遂行するという覚悟だったことが分かります

 

アバッキオが命令に忠実すぎた理由(回想シーン)

アバッキオが命令に忠実すぎた理由が判明しました。

  • 俺の心はあの時あいつと一緒に死んだ。今は何も感じねぇ。こうして手を失くしても何とも思わねぇ
  • 俺が唯一安心できるのは、巨大で絶対的な者が出す命令に従っている時
  • 何も考える必要のないただの兵隊でいればいいからだ

という回想シーンがありましたね。

彼は「正義感があったが、自らの汚職のせいで、同僚を死なせてしまう」という過去を持っています。

ムーディー・ブルースの能力は「再生(リプレイ)」です。

これは、アバッキオの過去と深く関係しています。

おそらく同僚の警官を殺してしまった後悔から、その光景を何度もフラッシュバックのように脳内で再生(リプレイ)した結果、産まれた能力だと思われます。

いうならば、彼の過去のトラウマから発生した力です。

引用元:ジョジョ6話ネタバレ感想と解説

 

つまり、自分の判断で失敗した過去を悔やんでいる。

だからこそ、自分の意志ではなく、人の意思に従って生きたいという、強い呪縛があったのです。

アルパカ

ジョルノに反発したのは、彼に自分を否定されたような気がしたのかも知れませんね

 

最後は鍵をゲットした(ボスの指令クリア!)

最後は鍵をゲットして、ボスの指令クリア!でした。

代償として、アバッキオの腕がなくなりましたが、この辺りがどうなるのかは今後描かれますね。

 

Cパートで暗殺チームのリーダー「リゾット」登場

エンディング曲の後の「アニメCパート」で暗殺チームのリーダー「リゾット」が登場していました(アニオリ演出)。

駅のホームで、イルーゾォのリーダーであるリゾットと死体が映っていました。

これの意味するところは…2019年をお楽しみに!

 

「ジョジョ5部 黄金の風」第13話見どころと感想(JOJO原作読者、ファン向け)

「ジョジョ5部黄金の風」第13話見どころ(JOJO原作読者向け、ファン向け)の小ネタ感想です。

5部のネタバレも少ないので、初見の方が見ても(ほぼ)問題ないです。

イルーゾォは良いところまでいっていたのに…

イルーゾォは良いところまでいっていたのに負けてしまいましたね。

改めて見ると、負けフラグを立てまくっていたのが面白かったw

  • 「お前はもう始末したも同然」
  • 「俺の勝ちだ!鍵の在処を教えてくれてありがとう」

みたいなセリフw

イルーゾォはもしかしたら殺しの経験が少ないのかも?と思えるほど、トドメを刺さずに戦っていましたね。

 

アルパカ

慢心といえば、慢心ですが、なにか殺せない理由があったのだろうかと思えるほど…

 

アバッキオもジョルノも推理能力高すぎ

アバッキオが一瞬で、鏡の中の世界に入り、スタンド分離されたと理解するのは、流石に頭良すぎませんかねえって感じもw

あとジョルノは鏡の破片から敵の能力を推理したそうですが、これも推理力高すぎ。

アルパカ

名探偵コナン改めジョルノかな

 

フーゴの名言「ジョルノッ!お前の命がけの行動ッ!僕は敬意を表するッ!」

フーゴの名言が出ました。

>「ジョルノッ!お前の命がけの行動ッ!僕は敬意を表するッ!」

アルパカ

こうやって、チームメンバー一人一人に認められていく展開、本当に良いですね。

 

ちなみにフーゴがまともに活躍するのはほぼコレが最後ですねw

フーゴ好きは恥知らずのパープルヘイズという公式フーゴ本(ジョジョ5部の後の話)を読みましょう。

アルパカ

完成度高いスピンオフ作品です、おすすめ

 

JOJO5部アニメ黄金の風 第13話「マン・イン・ザ・ミラーとパープル・へイズ」まとめ

JOJO5部 黄金の風アニメの第13話「マン・イン・ザ・ミラーとパープル・へイズ」までの話をまとめると

  • ブチャラティチームは、ボスの娘「トリッシュ」の護衛を任される
  • 暗殺者チームは、ボスに結びつく手がかり「トリッシュ」を狙う
  • 暗殺チームの刺客、ホルマジオ、イルーゾォを撃退
  • ボスからの指令で「鍵」をゲットした

という感じ。

次は、1月4日(金)の特別番組『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Inizio del vento aureo』ですね。

たぶん、総集編です。

 

アルパカ

アニメを見て続きが待ちきれない方は、ジョジョ5部の漫画をどうぞ!

もしもう一度見たい or 見逃した場合は、dアニメストアが安くてオススメですよー

▶ドコモ以外も登録可能!【dアニメストア】

 

Amazonアカウントを持っている人ならば、初月無料のFODプレミアムの方が良さそうです。

無料体験中でもポイントもらえるので、漫画も1~2冊くらい無料で読めますよー

▶フジテレビの動画見放題サイト「FODプレミアム」無料お試しはこちら

 

以上、「ジョジョ5部アニメ13話の解説」でした。

アルパカ

恥知らずのパープルヘイズ読み返す年末にします。来年もよろしくです

人気記事個人的な2018年アニメランキング【感想考察記事まとめ】

3 Comments

実年JUMP

鍵が宙を浮いて、建物からジョルノの方へ移動するシーンがあります。
イルーゾォが「キーが戻って行く・・」と叫びます。

何で浮くのか?どこに戻るのか?最初はまったくわかりませんでしたが、
これはアバッキオがムーディー・ブルースを使って鍵を持ってきた人物
(の動き)をリプレイさせているということでしょうか?
手を切断しなくても、出来そうな事だとも思われますが、イルーゾォに
気付かれ・悟られないための作戦でしょうか?

返信する
アルパカ

半身だけ現実世界にあるので、手を切断しないとダメなのかな・・・と思ってました!

返信する
実年JUMP

イルーゾォの「キーが戻って行く・・」のセリフも気になります。
フツー?だったら「キーが運ばれてる!」とか「持ってかれてる!」
になりそうです。

これはイルーゾォがムーディー・ブルースの能力を熟知していた
ということでしょうか?

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)