ハンターハンター解説記事まとめ

ジョジョ5部アニメ11話ネタバレ解説感想。ナランチャのエアロスミス

ジョジョをよく知らない人でも分かるように、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第5部の第11話「Episodio 11 ナランチャのエアロスミス」の解説・考察・感想を書きました。

  • ジョジョに興味はあるけど、原作もアニメも見たことない
  • ジョジョのアニメ4部までは見たけど、5部原作漫画は読んでいない

という人向けに、分かりやすく説明します。

アルパカ

長かったナランチャの闘いもようやく終わりですね

ジョジョを見逃した場合はdアニメストアが安くてオススメですよー、今季のアニメも色々あります。

▶ドコモ以外も登録可能!dアニメストア無料お試しはこちら

 

あと、Amazonアカウントを持っている人ならば、FODプレミアムもオススメ。

無料期間中に最大1300ポイントもらえます(=ジョジョの漫画2冊が無料で読める相当)。

ジョジョのアニメも見られますし、1ヶ月以内に解約すれば無料です。

▶フジテレビの動画見放題サイト「FODプレミアム」無料お試しはこちら

 

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」10話の復習と知っておくべきこと

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」10話の復習&知っておくべきことをまとめました。

  • ブチャラティチームは、ボスの娘トリッシュの護衛を任される
  • 暗殺者チームの刺客ホルマジオが買い出し中のナランチャを襲う
  • 暗殺者チームは、冷遇された状態を逃れるため、ボスの麻薬ルートを狙う

アルパカ

暗殺チームのことが分かったのが前回。今回はやっとブチャチーム(というかナランチャ)にフォーカス!

 

アニメ「ジョジョ5部 黄金の風」11話あらすじ内容解説(ネタバレ)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」の第11話「Episodio 11 ナランチャのエアロスミス」のあらすじと内容です。

アルパカ

原作未読者が困るネタバレは無いので安心してください

ナランチャVSホルマジオ完了

前回は「小さくなったナランチャの攻撃は、もはやホルマジオには届かない」って場面で終了でした。

今回の11話でナランチャは

  • 瓶の中に封じ込められる
  • 南米のクロゴケグモに殺されそうになる

という絶対絶命だったのですが、ガソリンにエアロスミスで火を付けて、ピンチを逃れます。

アルパカ

この蜘蛛にやられそうなシーンは作者の荒木先生が好きな「サスペンス映画」っぽい演出!!

 

ブチャラティたちの隠れ家を知ったホルマジオは逃げようとします。

※さっきまでナランチャが逃げる立場だったので、今度はホルマジオが逃げる立場になるという面白さ

 

しかし、ナランチャは1体1の早打ち的な闘いを制して、勝利。

3週に渡ったナランチャとホルマジオ戦、これにて完結!

アルパカ

長かったけど、アニオリ演出含めて、かなり良い出来!

 

ナランチャの壮絶な過去の回想シーン

ナランチャの壮絶な過去が、回想シーンで語られます。

  • 母親が目の病気で死んだ
  • 万引きしまくる
  • 金髪兄貴に騙される
  • 目の病気(ウィルス)で死を恐れる

って感じ。

悲惨な過去と家庭環境、周囲からの孤立が語られました。

 

スパゲティホームドラマ=ジョジョ

スパゲティホームドラマことジョジョです。

アルパカ

フーゴの名言「こいつにスパゲティを食わしてやりたいんですがかまいませんね!」という言葉のことですw

これを聞けたのが原作好きとしては良かったw

フーゴの愛情を感じます。

 

また、ブチャラティのナランチャへの台詞が最高。

『ワケなどない。そうしたいと言うのなら俺の家に泊まってもいい。だがガキは親の所へ帰るもんだ。そして学校へ行け。いいな?』

『甘ったれたことを言ってんじゃあないぞこのクソガキが!!もう一ペン同じ事をぬかしやがったらテメーをブン殴る!』

すげー愛情を感じる台詞。

愛情があるからこそ、ナランチャに突き放したような事を言うんですね。

 

しかしナランチャはそんなブチャラティの本心、優しさに気づき憧れます。

結果、ポルポの試験を経て、ギャングに入ります。

アルパカ

5部はジョルノが主人公ですが、ブチャラティの方が格好良いという意見をよく聞きますw

 

ナランチャ「この世で一番大事なのは友情だぜ!」

ナランチャの「この世で一番大事なのは友情だぜ!」という台詞も良かった。

このセリフを言った直後、ナランチャは一度信じた兄貴に騙されます。

しかし、本気で自分を叱ってくれる大人と出会い、ブチャラティたちに興味を持ちます。

で、ギャングチームに入って、初めて友情(仲間)を得た…って話。

 

ナランチャ格好良い!覚悟を感じる!

今回のナランチャは格好良い!

ホルマジオに捕まった時の

「こ…殺せ!畜生!殺しやがれ!俺が命惜しさに仲間の居場所をチクると思ってんのかぁー!?

という台詞が胸熱。

 

あとは、道路中に火をつけてホルマジオを追い込んだ時の、顔とか表情も格好良かった!アニメならではの迫力でした。

アルパカ

ようやく得た信頼できる仲間(チーム)のため、自分を犠牲にしてでも戦う覚悟!

 

ホルマジオ「ブドウ畑だー!グラッチェー!!」がツボだった

個人的な感想ですが、ホルマジオの台詞

「ブドウ畑だー!グラッチェー!!」

がツボでしたw

なんだこの言い方w

 

地図を見つけて、もう勝ったと確信した喜びの表現でした。

アルパカ

漫画ではわからない、この微妙な台詞の抑揚が面白かったw

 

「ジョジョ5部 黄金の風」第11話見どころと感想(JOJO原作読者、ファン向け)

「ジョジョ5部黄金の風」第11話見どころ(JOJO原作読者向け、ファン向け)の小ネタ感想です。

5部のネタバレも少ないので、初見の方が見ても(ほぼ)問題ないです。

 

ナランチャの母親の名前「MELA GHIRGA」らしい

ナランチャの母親の名前「MELA GHIRGA」らしいですね。

※墓のシーンで描いていました

 

ジョジョ5部は「子供」と「親」の悲しい関係・過去が多いです。

一方で、彼らには「ブチャラティチーム」の頼れる仲間がいます。

悲惨な過去、頼れる人がいないという背景があってこそ、チームの信頼がより輝きます

アルパカ

血はつながっていないけど、家族のような存在ですね

 

アニメは「敵側の感情移入を許す」作り

アニメは「敵側の感情移入を許す」作りですね。

ジョジョ作者の荒木先生は「同情できない敵として描く」ことにこだわっています。

それゆえ「敵の可哀想な所」は意図的に描いていないらしいです。

 

一方アニメはちょっと演出が違います。

前回の10話のホルマジオの過去編からも分かるように、敵側の「悲惨な過去と覚悟に至る物語」がしっかりと描かれていました。

アルパカ

アニメと原作の考え方の違いを考えながら、見るとより楽しめるかも

 

ジョルノはナランチャをフォローする

ジョルノが「どのようにチームの信頼を得るのか?」というのジョジョ5部のちょっとしたストーリーですよね。

今回も、皆に非難されたナランチャを、ジョルノはフォローしていました。

アルパカ

こういうところで地味に一人一人の信頼を勝ち取っていったんだなあ、と改めて思いますね

 

JOJO5部アニメ黄金の風 第11話「ナランチャのエアロスミス」まとめ

JOJO5部 黄金の風アニメの第11話「ナランチャのエアロスミス」までの話をまとめると

  • ブチャラティチームは、ボスの娘「トリッシュ」の護衛を任される
  • 暗殺者チームは、ボスに結びつく手がかり「トリッシュ」を狙う
  • ナランチャは暗殺者チームのホルマジオを撃退した
  • ボスからの指令「ポンペイの遺跡に行け…そこの犬の床絵の所に鍵が隠してある」

という感じ。

ホルマジオの台詞

『ボスと血のつながった娘なら間違いなくスタンド能力を持っている!ボスはそれを知られたくねーんだ!娘の能力からボスの正体がきっとわかる!』

『その娘はヒントなんだ!!正体不明のボスを倒すための!!』

という通り、ボスの娘トリッシュを介して、暗殺チームはボスに近付こうとしています。

 

アルパカ

アニメを見て続きが待ちきれない方は、ジョジョ5部の漫画をどうぞ!

もしもう一度見たい or 見逃した場合は、dアニメストアが安くてオススメですよー

▶ドコモ以外も登録可能!【dアニメストア】

 

Amazonアカウントを持っている人ならば、初月無料のFODプレミアムの方が良さそうです。

無料体験中でもポイントもらえるので、漫画も1~2冊くらい無料で読めますよー

▶フジテレビの動画見放題サイト「FODプレミアム」無料お試しはこちら

 

以上「ジョジョ5部アニメ11話感想」でした。

2 Comments

実年JUMP

>小さくなったナランチャの攻撃は、もはや・・
>瓶の中に封じ込められる
>ガソリンにエアロスミスで火を付けて、ピンチを・・

車が炎上した時点で、ホルマジオは絶命したわけではないの
になぜ、ナランチャは元の大きさに戻れたのでしょうか?

リトル・フィートの力を火災・火の手から身を護るために
使ってしまったからかな?

返信する
アルパカ

これは多分、頭を使っていたわけではなくて、驚いたのでついつい能力を解いてしまったのかなあと思います。
あまり必然性はないっぽいです笑

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)