ハンターハンター解説記事まとめ

「これからを生きるための無敵のお金の話」の感想・書評。月5万円で暮らし、年数億円稼ぐ。

「これからを生きるための無敵のお金の話」の感想・書評です。

2ch創設者の西村博之さん(ひろゆき)は

  • 学生時代の「月5万円生活」感覚がそのまま
  • だけど収入は、年に「数億円」 ※最高額

という、よくわからない収支で暮らしています。

なぜ、大金を稼ぎつつも、お金を使わず(振り回されず)に生きられるのか?

その理由が本書を読むと、見えてきます。

「これからを生きるための無敵のお金の話」が語るお金の正体

「これからを生きるための無敵のお金の話」の冒頭で、お金の正体が語られます。

お金の正体とは「不安を感じないための道具」です。

 

本書の問いかけを引用します。

もし仮に「一生お金はもらえますよ」ってなったら、どうでしょうか?

東京の、たとえば六本木や恵比寿といった、家賃の高いところじゃなければ、

ふつうに家を借りて、ご飯を食べられるくらいのお金は永遠にもらえますよ、

となったときに、そこまで貯金する必要があると思いますか?

そこまでお金が欲しくなると思いますか?

引用元:「これからを生きるための無敵のお金の話」

お金がほしいのではない。

「安心(不安を感じない状態)」がほしいということ。

 

不安を感じない状態になればOKでは?

人生における「不安」の存在を直視できると、お金に縛られなくなります。

例えば、こんな問いが生まれるはず。

「お金がなくても、不安を感じない状態になればOKでは?」

 

本書「これからを生きるための無敵のお金の話」は、博行さんの過去の発言を集めて作られた書籍です。

それ故、体系的な本ではありません。

なので、

  • 不安を感じないためにはどうすればいいのか?
  • お金についてどう向き合うのか?

という端的な答えは載っていません。

※話題はそれぞれ面白いのですが、エッセイ的です

 

お金に頼らずに「不安を解消する方法」を知りたい方は橘玲「人生は攻略できる」(書評)という本がオススメです。

簡単に言うと、金融資本(貯金)が無くても、

  • 人的資本=稼げる力を持つこと
  • 社会資本=周囲の人に助けられること

があれば良いよね、という話です。

アルパカ

お金に頼らなくても、不安は解消できるかもな、と思うはず。

 

「これからを生きるための無敵のお金の話」は知見が広がる本

一方で「これからを生きるための無敵のお金の話」知見が広がる本という感じ。

非常に論理的な博行さんが世の中の問題について、「本当はこうじゃない?」と語ります。

先入観なく論理的に考えるとこんな発想になるのか、と参考になります。

 

「これからを生きるための無敵のお金の話」の感想・書評

「これからを生きるための無敵のお金の話」の感想です。

アルパカ

個人的に面白かったトピックをまとめています

ひろゆきがお金持ちになってわかったこと

ひろゆきさんが「お金持ちになってわかったこと」という話が面白かったです。

 

結局、世の中でお金で買えるものは「値札」がついています。

その高額なものを1回でも試せば「お金持ちの生活」は想像できるよね、と若い頃に考えたそうな。

※例えば高級車のレンタルは購入するよりはかなり安く体験できます

 

その後、2ch(2ちゃんねる)などで成功して、お金持ちになった博行さん。

実際にお金を持ったことで「お金を持っても人生は対して変わらない」と再確認できたそうです。

アルパカ

「お金を持っても幸せにはなれない」とお金持ちが言うと、負け惜しみに聞こえなくて良いですね

 

お金があってよかったこと

お金持ちになっても幸せにはなれない。

人生もそんなに変わらない。

でも「お金があってよかったこと」が無いわけではありません。

 

例えば、旅行に行こうと思った時に、国内ではなく海外に行けるようになります。

日本よりも海外の方が体験できることは多いので、そこには価値がありますよね。

 

そんな感じで行動の幅が広がることは、お金があるから出来ることといえます。

アルパカ

今だと、飛行機代すらも支援で集められる時代ですけどね…

 

お金を使わない=仕事しているという話が面白い

「お金を使わない」=「仕事している」という話が面白かったです。

海外旅行の飛行機に乗る時に、

  • エコノミークラスが5万円
  • ファーストクラスが20万円

だったとします。

飛行機の移動時間が3時間だとすると、この15万円分の差分の価値は「1時間5万円」となります。

この時、エコノミークラスに乗ると「1時間5万円」のサービスは受けられません。

それを悲観的に捉えずに「座っているだけで1時間5万円稼げる」バイトと考えることもできます。

アルパカ

言われればたしかにそうだけど、その発想はなかったw

 

この考え方を取り入れると「安い方」を選んだ時に、なんとなく「得した気持ち」になれます。

以外に役に立つハック(思考法)だと思いますw

 

人間は生活レベルを下げられない

人間は「生活レベルを下げられない」という話も目からウロコでした。

学生時代よりも社会人時代の方が「お金を多く使う(生活レベルを上げている)」人が多いと思います。

で、この現在の状態で、学生時代の暮らしに戻れるか?と言うと、なかなか難しいことに気づきます。

 

お金持ちも同様です。

アメリカのバスケットボール選手は巨万の富を持っているのに、引退後に「破産」してしまうケースが多いらしいです。

それは、収入がなくなっても、生活レベルを下げられないから。

アルパカ

人間の性ですね、生活レベル挙げないようにしよう…

 

駄目なお金の使い方の例

駄目なお金の使い方の例もいくつか書かれていました。

橘玲さんの本とも重なりますが、以下のお金の使い方は駄目ですね

  • 宝くじを買う
  • ソシャゲにお金を払う
  • 生命保険に加入する

詳しくは書籍で読んでみてください。

生命保険の会社の話なんかは「たしかにそうだよなー」と思いました。

 

まとめ:結局は生活レベルを下げてお金を使わないのが最強

結局は、生活レベルを下げてお金を使わないのが最強かな、と思いました。

人の生き方は多分2種類あって

  • たくさん使うために、たくさん稼ぐ
  • 時間を作るために、できるだけ使わない(&稼ぐ時間を減らす)

というもの。

どちらを選ぶのも個々人の勝手ですが、個人的には後者の生き方が理想です。

自分の時間があり、収入源リスクにも強い。

アルパカ

やりたいことが多すぎて、働いている時間が勿体無い

 

個人的な人生戦略としては、

  • お金を使わない暮らしを徹底し、最低限のお金を効率よく稼ぐ
  • 余った時間を好きなことに費やす
  • 将来の不安については、お金(貯金)じゃない方法で解決する

という感じ。

 

お金&将来が不安な人や、節約したいけどできない人は読んでみると良いですよー

 

本書「お金の話」が面白かったらこっちの本も楽しめると思いますー↓

2chひろゆきの「無敵の思考」で学ぶコスパ思考

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)