ハンターハンター解説記事まとめ

ガッキー(新垣結衣)のコメディ女優への道は「落下女」から始まり「ミックス。」へと続く

ガッキー(新垣結衣)コメディ女優への道はバラエティ番組「落下女」から始まって、「逃げ恥」や「ミックス。」に続いていったよって話。

落下女って言う今見るとすげーメンツのバラエティ番組

落下女って言う今見るとすげーメンツのバラエティ番組があります。

“ブサイク”な若手のお笑いタレントたちが“こうすれば女の子は落ちるはず”という方法(俗に言う妄想)をコントやVTRで紹介する

っていう内容。

アルパカ

2005年から2006年にかけてやっていた番組で、大好きでした。

 

芸人のメンバーはこんな感じ

  • おぎやはぎ
  • バナナマン
  • ドランクドラゴン
  • 片桐仁(ラーメンズ)
  • アンガールズ
  • 南海キャンディーズ

あとは、女優枠というかバラドル枠として出ていたのが

  • 杏さゆり
  • 新垣結衣

の2人ですね。

そう、ガッキー!!

「逃げ恥」で最強のコメディ女優の地位を手にする前、10代のガッキーですよ!

 

落下女の「落とす方法」のガッキーが可愛すぎた

私が初めてガッキーを知ったのはこの番組でした。

落下女の「落とす方法」シリーズのガッキーが可愛すぎたのが今でも記憶に残っています。

※大きな声では言えませんが、Youtubeで探すと出ます…

 

この「落とす方法」シリーズっていうのは、バナナマン日村さんとかが「いかにして女性を落とすか」という方法を語るコント。

普通にバラエティとしても面白いです。

新米女教師を落とす方法、優等生を落とす方法とかね。

 

で、いまいち演技が下手だけど、とにかくかわいいガッキーが見れます。

「エックス」とか照れながら言うガッキーが見れます。

めっちゃセクハラされる若き日のガッキー。

まだまだ人気がでる前の姿です、かわいい。

※動画見てね

 

コメディエンヌ(コメディ女優)としてガッキーが現在逃げ恥とかで人気になったのは、全てこの若き日のコントがあったからだと勝手に思っています。

おぎやはぎやバナナマン、ドランクドラゴンなどコントの名手に鍛えられたらしいんですよ。

バナナマンのラジオなどを聞くと分かるんですが、日村さんいわく、「ガッキー、こうした方が面白いよ」とアドバイスを良くしていたとのこと。

 

若き日のガッキーが観たい人、ガッキーかわいいと思っている人は、必見ですねー

 

ガッキーアイドル映画としての「ミックス。」

ガッキーといえば、「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」の演技が一つの到達点な感じしますよね。

「THE コミカル」な演技が面白かったし、それがあの番組がヒットした一つの要因に違いない。

 

で、似たようなテイストで言うと、アイドル映画としての「ミックス。」も注目です。

正直言って、あんまり面白くない映画でしたけど、ガッキーだけ見ていられるアイドル映画だと思ってます。

 

物語としては、元卓球少女のガッキーが、浮気した彼氏(卓球選手)を見返すために、卓球勝負を挑むって話。

卓球バトルは、男女ペア(ミックス)で戦います。

パートナーは瑛太で、結局この二人のミックスペアは勝てるのか?恋の行方はどうなるのか?

みたいな展開なんですけど、ハッキリ言ってこれは微妙な作りw

 

とにかくガッキーのどアップ。

ガッキーのコミカルな演技が映える。

むしろそこだけ見て楽しめる映画でした。

 

正直言って、卓球の練習もおざなりだし、物語に感情移入できるポイント少ないし、結構グダグダ。

ガッキーだけを見続けられる映画。

ガッキーのカットだけ集めて、一つの作品にして欲しい。

 Amazonプライム会員なら無料で観られますー

結論「ガッキーは可愛い」

結論は一つで「ガッキーは可愛い」ということ。

実は「ミックス。」を見て、感想記事書こうと思ったんですよ。

でも、思ったより面白くなかったので、感情の行き場をなくした私の気持ちは、ガッキーの魅力だけを伝える運びとなりました。

ガッキーのアイドル映画として見る分には楽しめます。

現場からは以上です。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)