ハンターハンター連載再開記念!ハンタ好きにオススメ漫画まとめ

人生で負けないための本「仕事で大切なことは孫子の兵法がぜんぶ教えてくれる」

負けたら死ぬ。
そんな時代に考えられた「成功ルール」が孫子の兵法です。

そんな孫子の考えをかなり簡単な言葉で、現代の考えにあわせて説明してくれる本がありました。
「仕事で大切なことは孫子の兵法がぜんぶ教えてくれる」です。

「仕事で大切なことは孫子の兵法がぜんぶ教えてくれる」とは

「仕事で大切なことは孫子の兵法がぜんぶ教えてくれる」の概要はこちら

攻めるだけでは勝利をつかめない。自分を知り、自分を守り、労せず利を得るのが、本当の勝者である。孫子の兵法がもつ「不敗」という側面から学ぶ、仕事・人生における成功ルール。

孫子好きの著者(経営コンサルタント)が、経営・ビジネス・人生に役立つような切り口で、孫氏の考えを語っています。
私のような、孫氏についてまったく知らない人にもわかりやすかったです。

そもそも孫子とは誰?3行まとめ

孫子とは誰か?どんな人か?
わからなかったので、簡単にまとめました。

  1. 中国の春秋戦国時代(戦乱の時代)の人
  2. 本当の名前は「孫武」さん。「子」は先生という意味
  3. 国王に仕えた兵法家

中国の争いが激しい時代の頭の良い人の一人です(雑な紹介)

 

孫子の兵法13篇

孫子の兵法は全部で13個あります。
本書のやさしいことばでこのように紹介されています。

  1. 負けないためには準備に準備を重ねる(計篇)
  2. がむしゃらに責め続けることをやめてみる(作戦篇)
  3. 戦わなければ負けることはない(謀攻篇)
  4. 負けない「型」をつくっておく(軍型篇)
  5. 勢い、スピード、タイミングを意識する(勢篇)
  6. あれこれやらずに一点に集中する(虚実篇)
  7. 臨機応変に動いて先手を打つ(軍走篇)
  8. 変化をとらえてチャンスにする(九変篇)
  9. 味方を増やし、チームを組んで人を巻き込む(行軍篇)
  10. 「この人のためなら」と言われるリーダーになる(地形篇)
  11. 窮地で覚悟を磨く(九地篇)
  12. 情報の力で人を動かす(用間篇)
  13. 永遠に負けないために(火攻篇)

 

参考になった3つの考え

個人的に気になった3つの考えがあります。

事前準備が重要

事前準備が戦争(戦い)前には重要です。
よく言われる「五事」について自分なりにまとめると、

  1. なんのためにやるか把握する
  2. トレンドや時流を把握する
  3. 現状のポジション、環境を把握する
  4. 自己決定する
  5. 日々の習慣を徹底して守る

とにかく戦い前に決まっているということですね。
しっかりと考えることが大事。

 

勝算を複数用意する

勝算を複数用意するというのは面白い考えだと思いました。
前提として、

  • 戦って勝てると判断した相手とのみ戦う
  • 強い相手(兵力でかなわない相手)とは戦わない

…そんなことが一貫して書かれています。

戦うかどうかをしっかりと見極めること。
そして勝てると判断した場合も「勝算を複数用意」する。

とにかくシミュレーション、戦いの想定が大事である。

 

積水が大事

積水ハウスの「積水」って孫子から来ているんです、知ってました?

<この言葉の意味は>
勝利者の戦闘というものは、満々とたたえられた水(すなわち積水)を深い谷底へ切って落とすような、激しい勢いの得られる形のもとに、一気に決める。
<企業活動にあてはめると>
事業活動では、必ず「問題」や「課題」に直面する。これを破るには、相手の実情をよく知り、充分な分析をしたうえで、当方の体制をつくり、満々たる積水の勢いをもって、勝者の戦いをすることが大切である。

社名の由来|西日本セキスイ商事株式会社

一点集中して戦うという話ですね。
※水を貯める(データを貯める)という考えもあるっぽいです

 

仕事や人生の戦略を考える時には孫子がオススメ

仕事や人生の戦略を考える前、あるいは教養を得るためにとりあえず読んでみると良いですよ~

以上、人生で負けないための本「仕事で大切なことは孫子の兵法がぜんぶ教えてくれる」というお話でした。

 

 

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)