ハンターハンター再開前に読んで!

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている(ふろむだ)』の感想

書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』の感想です。

著者は超人気ブログ「分裂勘違い君劇場」の作者ふろむださん。
この本は

  • 自分の実力が適切に社会に評価されていないと思っている人
  • 地に足ついたビジネス書(橘玲さんなど)が好きな人
  • インフルエンサーになりたい人、事故ブランディングしたい人

におすすめです。

勘違いさせる力=錯覚資産とは?

本書のタイトルにもある「勘違いさせる力」=「錯覚資産」とは何でしょうか?

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」は、一種の資産として機能するということだ。本書では、これを「錯覚資産」と呼ぶ。

「思考の錯覚」の場合、錯覚している事自体に、本人は、ほぼ気づけないのだ。 

「プラスのイメージを引き起こすもの」であれば、なんでも「全体的に優秀」という思考の錯覚を引き起こしてしまうからだ。

 

「錯覚資産」とは、実力以上に「勘違いさせてしまう」こと。

例えば、東大出ている、マッキンゼーなど外資コンサル出身、起業したことある…
などの経歴があると「スゲー」って思ってしまいますよね?

「スゲー経歴」なら、「スゲー実力がある(他のことに関しても)」と思ってしまう…そんな思考のクセのことです。

 

本書は、錯覚資産(勘違いさせる力)が現代では超重要という趣旨の本です。

この「錯覚資産」という切り口を知れるだけで社会の見え方が大きく変わります。

というのも、「勘違いしていること」に人は気づきたくないし、無意識に自分の考えを正当化してしまう癖があるからです。

ちなみに、当然のことながら

  • 錯覚資産(勘違いさせる力)って詐欺じゃね?
  • 実力以上の能力があると見られると困らない?

みたいな疑問も湧くと思います。

しかし本書を読むと、シノゴを言わず「錯覚資産」使わないといけないな…と思うようになる。
そんな論理展開が待ち構えています。

「身も蓋もない現実を踏まえた、リアルな成功法」を知りたい方は是非どうぞ。

 

面白い内容の例:学生と社会人では人生ゲームのルールが根本的に異なる

「学生と社会人では人生ゲームのルールが根本的に異なる」という話が面白かったです。

成功失敗を決める要員は「運、実力、錯覚資産」の組み合わせです。
学生の頃、受験勉強などは「運、実力」だけで戦えます。
しかし社会人になると「錯覚資産」が絡んできて、途端にゲームのルールが変わります。

これに気づかず、社会人生活をすると

  • 「なんで俺は実力があるのに評価されないんだ…」
  • 「媚を売るアイツばかり出世して…」

という状態になるに違いありません。

 

面白い内容の例:食欲でも睡眠欲で性欲でもない切実な欲望「コントロール欲」

食欲でも睡眠欲でもない、性欲よりもはるかに切実な欲望があります。
それが「コントロール欲」です。

コントロール欲とは以下のようなものです。

人間は、コントロールしたいという、強い要求を持っている

コントロールできると、より幸せで、健康で、活動的になる 

 現実は当然のことながら

  • コントロールできるもの
  • コントロールできないもの

の2種類があります。

 

しかし人間は愚かなので、コントロールしたいという欲求を「コントロールできないもの」にぶつけてしまいます。
結果、「コントロールできていないのに、コントロールできている」感じがして、気持ちよくなってしまうのです。

それは、幸福を感じられる道かも知れません。
しかし同時に、成功からは離れていく道なのです。

 

悪の力を持って悪を倒す。デビルマンになる覚悟はできた

わたしは本の中で言われている「しっかり実力を身に着けてから、人にコンタクトしよう」というタイプの人間です。
実力以上に評価されるの怖いし、内向的…。
錯覚資産の有用性は知っていても、できるだけ使いたくない…と。

しかし、錯覚資産が価値を持つのが、この世界の実情です。

現実世界は、「実力が正しく評価される健全でフェアで気持ちのいい世界」なんかじゃない。

思考の錯覚の泥沼の中で、錯覚資産という卑怯な武器で殴り合う、油断のならないジャングルなのだ。

 

この本を読んで「この世界を渡り歩くため、私も錯覚資産を使って対抗していこう」と覚悟しました。
言い方を変えると、

悪の力(錯覚資産)を使って、悪を倒す「デビルマン」になる覚悟です。

 

騙されないためには、騙しの手法(構造)を知ることが大事です。
同様に、悪の力(錯覚資産)にやられないためには、悪の力を知る必要があります。

 

実力だけじゃ評価されない現代社会。
生き抜くためには必読の本だと思います。

ぜひ読んでみてください。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)