親孝行できる残り時間を知っていますか?後悔しないために現実を知ろう

親孝行できる残り時間を知っていますか?後悔しないために現実を知ろう

親孝行できる残り時間を知っていますか?

冷静に計算してみると、今後の人生で「両親と過ごせる時間」「両親に親孝行できるタイミング」は以外と少ないなーと気づきました。

この記事の結論をまとめると、

  • 人は80歳~90歳で寿命を迎える可能性が非常に高い
  • 両親と過ごせる時間は180日(1800時間)以下
  • 両親にお金や物の恩返しができる機会は120回以下

です。

 

親孝行できる残り時間は?両親と過ごせる時間は2000時間弱?

人生において、両親と過ごす残りの時間はどれくらいだと思いますか?

ざっくりいうと、2000時間弱だと考えると良いでしょう。

 

「親孝行 したい時分に 親はなし」ということわざがあります。

気づいたら遅かったという事態を避けるために、現実を見つめ直した方がいいかなと個人的には思います。

 

1年に両親といる時間は多くても「6日間」くらい

冷静に計算すると、1年に両親といる時間は多くても「6日間」くらいだと気づきました。

 

働き始めると長期休みがない限り、実家に帰省することは難しいです。

タイミングとしては多くても3回のはず。

  1. ゴールデンウィーク(GW)の帰省
  2. お盆休みの帰省
  3. 年末年始の帰省

 

帰省すると、両親や親族と過ごしますが、地元の(学生時代の)友人とも会ったりもしますよね。

仮に、

  • 年に2回帰省する
  • 1回の帰省で、両親と過ごす日数は3日

とすると、両親と過ごす日数は「1年で6日間」となります。

 

今の両親世代の平均寿命は80歳~90歳

直視したくない過酷な現実ですが、誰しも死にます。

両親も、世代の平均寿命からいって80歳~90歳で死ぬ可能性が非常に高いです。

 

しかも、年をとるほど、寝たきり、認知症など様々な今とは異なる健康状態の父親・母親と接することになりますね。

(いわゆる健康寿命は、平均寿命マイナス10くらいで考えても良いかも)

関連記事>>平均寿命、平均余命、健康寿命って何?

 

今、両親が50歳とすると、20年経てば70歳になります。

その時点で、かなり体が悪くなっていることが予想されます。

その後、10年くらいすると寿命を迎える可能性が高いです。辛い…。

 

両親と過ごせる時間は大目に見ても1800時間以下

1年に会える日数は「6日」で、残りの寿命が「30年」と見積もると、「6日」×「30年」=180日となります。

両親と過ごす日数の合計は180日以下(半年以下)!

 

睡眠時間などを考慮して、1日の内、一緒にいる時間を10時間と仮定します。

180日×10時間=1800時間です。

時間に換算すると、たったの1800時間!!

 

アルパカ

予想以上に少なくないですか?

 

一緒に話をしたり、笑い合ったり、食事をしたり、どこかへ遊びに行ったりする時間はたったこれだけです。

もちろん、介護の時間でもっと増えることはあるでしょうが、その時間は少なくとも今想像している「一緒に過ごす」とはまた異なる感覚のはず。

 

残りの人生で両親に親孝行できるタイミング・機会は何回あるか

残りの人生で、両親と過ごせる時間は1800時間。

では、「今まで育ててくれた恩を具体的に返せる(親孝行できる)」タイミングって何回あるのでしょうか?

 

人は親しい人物ほど、感謝の気持ちを示しづらい

身近にいる人ほど、感謝の気持ちって示しづらいですよね。

突然プレゼントを上げるのも不自然だし、照れくさいというのが普通の感情だと思います。

そこで、イベントに頼るのが一番良いでしょう。

 

両親に親孝行(お祝い)できるのは、念4回の記念日

感謝の気持ちを示す、恩返しをするには「お祝いできる記念日を使う」のが一番だと思います。

具体的には年に4回のチャンスがあります

  • お正月のお年玉
  • 誕生日
  • 結婚記念日
  • 父の日or母の日

 

両親に具体的な恩返しができるタイミングは残りの人生で120回以下

先程同様に、両親の寿命を残り30年と仮定すると、

30年×4回=120回

となります。

 

両親は家、食事、教育、娯楽など、多くのお金を子どものために使ってくれました。

せめて、思いを込めてお金やモノでお返しできたらいいですね。

※仮に各タイミングで2万円としても240万円です。もらった額に対しては、全く返しきれません

 

もちろん、

  • 自身が元気に過ごしていること
  • 両親と一緒に会うこと

それだけでも親孝行だとは思います。

 

まとめ:親孝行できる時間は1800時間以下

まとめます。

  • 人は80歳~90歳で寿命を迎える可能性が非常に高い
  • 両親と過ごせる時間は180日(1800時間)以下
  • 両親にお金や物の恩返しができる機会は120回以下

ということで、ゴールデンウィークは実家に帰って、何かしら親孝行しようかなーと思う4月末なのでした。 

2 Comments

yyusukekun

親と離れて暮らしていると、一緒に過ごせる時間は限りなく少なくなっていきますよね。僕は週に2.3回メールを送ってます。

返信する
alpacajp

人生と時間は有限と感じますよね。
日頃から連絡を取るのは良いころろがけですね、すばらしい 😀

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)