北海道地震の被災から復活したのでブログ再開します!

GoogleChromeで日本語文字入力が遅いのを直す方法

Google日本語入力を入れた状態で、GoogleChromeを使うと文字入力が凄く遅いので対策しました。

「クロームのアドレスバーに入れる時も、ページ内で文字を打つ時も遅い!」という状態だったので、誰かの参考になれば嬉しいです。

文字入力速度が早くなった対策手順

私が行って効果があった対策手順を最初に書きます。

  1. GoogleChromeのブックマークを削除する
  2. GoogleChromeの履歴を削除する
  3. GoogleChromeのタブをすべて閉じる
  4. タスクマネージャーを開いてGoogleChromeのプロセスを消す

コレでGoogleChromeへの文字入力が早くなりました。

私の場合、最終的に決め手となったのは「タスクマネージャーを開いてGoogleChromeのプロセスを消す」でした。

 

GoogleChromeのブックマークのエクスポート

一旦クロームのエクスポートをしておきましょう。お気に入りの退避です。

  1. GoogleChromeの右上の「・・・・」→ブックマークを選択→ブックマークマネージャーを選択
  2. ブックマークマネージャー画面内の右上の「・・・・」の「ブックマークをエクスポート」を選択
  3. 保存場所を選んで保存

結果:少し早くなったけど、まだまだ重い

 

GoogleChromeの閲覧履歴の削除

履歴を消してみます。500MBくらいキャッシュがあった。

  1. GoogleChromeの右上の「・・・・」→履歴を選択→履歴を選択
  2. 履歴画面内の左上の「・・・・」の「閲覧履歴データを消去する」を選択→削除!

結果:少し早くなったけど、やっぱり重い

 

タスクマネージャーを開いてGoogleChromeのプロセスを消す

GoogleChromeのタブを閉じても、裏側でプロセスと呼ばれるソフトウェアが動いています。それを止めてやるのが今回は効いたようです。

  1. タスクマネージャーを開く(スタートメニューを右クリックして「タスクマネージャー」を選択する)
  2. タスクマネージャー内の「プロセス」を選択して、GoogleChromeを探す
  3. GoogleChromeを右クリックして、「タスクの終了」を押してタスクを終了します(複数あるかも)

結果:これで解決しました!!!

プロセスとかタスクマネージャーがよくわからない人は、パソコンの再起動でもOKです!

 

私の文字入力が遅いときの症状はこれでした

私の文字入力が遅いときの症状を載せます。

  • GoogleChrome上での文字入力だけ遅い
  • GoogleChromeのシークレットウィンドウで開いて入力しても遅い(=拡張機能オフ状態)
  • GoogleChromeの他の動作は早い(遅くない)
  • MicrosoftEdgeやInternetExplorer(IE)などは早い(遅くない)

ここから分かることは「GoogleChromeで文字入力する時だけ遅い」ということです。

つまり、GoogleChrome以外はおそらく無関係ということです。

(実際GoogleChromeを完全に終了させたら直ったので)

 

ネットで調べて書かれていた対策方法まとめ 

ネットで調べて書かれていた対策方法、せっかくなのでまとめました。

  • パソコンを再起動する
  • Google Chromeを64ビット版にする
  • Google Chromeのプラグイン・機能拡張を無効にする
  • Google Chromeの履歴・キャッシュを削除する
  • Google Chromeのいらないブックマークの削除
  • アンチウイルスソフトを停止する
  • GoogleChromeをアンインストールしてインストールし直す(再インストール)
  • Google日本語入力の再インストールをする
  • Windowsの設定のスペルチェックを無効にする

治らない場合は色々と試してみてください。

 

以上、「Google日本語文字入力がChromeを使うとスゴい遅いのを直す方法」でした。

何かあればTwitterかコメントどうぞ~(*^^*)

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)