北海道地震の被災から復活したのでブログ再開します!

GoogleAdsenseの仕組みと流れを図解(ブログ初心者向け)

GoogleAdsenseの仕組みと流れを図解しました。
ブログ初心者向けです。

GoogleAdsenseの設定方法の解説ではありません。
「なんでAdsense広告貼ったら、お金入るの?」
という素朴な疑問に答えるためのものです

Google Adsenseの登場人物(ステークホルダー)

Google Adsenseに関する人物は4名います。

  1. Google(Webという2次元空間の神です)
  2. 広告主
  3. ユーザ
  4. ブロガー(サイト運営者)

それぞれこんな思惑を持っています。

GoogleAdsenseの登場人物

GoogleAdsenseの登場人物

 

GoogleAdsenseの仕組みと流れ(図解)

GoogleAdsense広告経由でお金が入る仕組みと流れのまとめ。

  1. 広告主がGoogleに広告出してくれと依頼する
  2. ブロガー(サイト運営者)がブログに広告出したいとGoogleにお願いする
  3. ブロガーが作ったブログに一般ユーザ(訪問者)が来て広告を踏む→収益発生!

 

広告主がGoogleに広告出してくれと依頼する

世の中には、物やサービスを売りたい企業が沢山あります。
それらの企業は直接顧客(一般ユーザ)に営業するよりも、広告などを介して、人に来てもらった方が儲かると考えます。

そこで、Googleに頼んで、広告を出してもらいます。
広告費用はGoogleに払われます。

Googleに広告を依頼する

Googleに広告を依頼する

 

ブロガー(サイト運営者)がブログに広告出したいとGoogleにお願いする

ブログを本気で運営しようとすると、お金がかかります(ドメイン代、サーバ代など)。
それらのお金を回収したい、あるいは、ブログ飯(ブログ収益で暮らす)を達成したいとブログ運営者は考えます。

そこで、ブログに広告を出すことで、広告費を貰おうと思います。

ブログに広告を出す

ブログに広告を出す

 

ちなみに、広告費は3種類あります。

  1. 置いておくだけで収益が発生する
  2. 広告がクリックされたら、収益が発生する
  3. 広告がクリックされて、移動先のサイトで何らかのアクションが行われたら、収益が発生する

GoogleAdsenseの広告は上記の「2番目:クリック報酬型」に該当するものです。
※厳密には1番も含まれますけどね

 

ブロガーが作ったブログに一般ユーザ(訪問者)が来て広告を踏む

ブログ運営者が広告を貼ったブログに訪問者が来ます。
広告に興味を持つと、広告をクリックします。

ユーザが広告をクリックする

ユーザが広告をクリックする

 

この時、Googleはあなたのブログの内容と、サイト訪問者の情報などから適切な広告を出してくれます。

そして、サイト訪問者が広告を踏むことで、広告主のサイトに新たな「顧客候補(サイト訪問者)」がきます。
広告主は直接営業しないでも、お客さんが来たので助かります。

その「新規顧客を送った」という成果に対して、Googleは報酬を払います。
これは、Googleが広告主からもらっていたお金の一部です。

※元Googleの中の人の本によると、広告主からもらったお金の68%が還元されると書かれていました 

 

以上のような流れです。

  1. Googleは、仲介業でお金が儲かってハッピー
  2. 広告主は、楽に営業できてハッピー
  3. ユーザ(サイト訪問者)は、興味ある広告(商品)を知ることが出来てハッピー
  4. ブロガー(サイト運営者)は、広告を貼っておくだけで利益が出てハッピー

となります。

以上、「GoogleAdsenseの仕組みと流れ図解 ブログ初心者向け」というお話でした。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)