ハンターハンター連載再開記念!ハンタ好きにオススメ漫画まとめ

ジブリの全キャッチコピーを倒置してみた(前編)

スタジオジブリ映画の名キャッチコピーを多数手がけた糸井さんの記事を読みました。

魔女の宅急便のキャッチコピー「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」について言及していました。

「『げんきだけれど、私はおちこんでます』というのと、
 『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです』とでは、
 ほんとうはあんまり違いはないように思う。
 でも、やっぱり、『私はげんきです』で終わる文が、
 私そのものを元気にしてくれるのだ」
とか、
そういう部分に向けて感想を書いてくださる人が、
とても多かったのです。

ほぼ日刊イトイ新聞

 

なるほど。

文章の順番というのは大事なようです。

「私は元気です」が最後にあることで、元気づけられますもんね。

 

 

だが

 

あえて逆にしてみたらどうなるだろう

 

そんな興味がわきました。

ということで、ジブリの全キャッチコピーを私なりに倒置しました。

 

スタジオジブリ作品のキャッチコピー一覧

スタジオジブリ作品のキャッチコピー一覧です。

それぞれ倒置してみます。

「少女の愛が奇跡を呼んだ」風の谷のナウシカ

ナウシカのコピー「少女の愛が奇跡を呼んだ」

ナウシカの愛で最後にアレするやつですね。

 

「奇跡を呼んだ、少女の愛」

 

…あれ、割といける気がする

 

「ある日、少女が空から降ってきた…」天空の城ラピュタ

ラピュタのコピー「ある日、少女が空から降ってきた…」

ラピュタのオープニングシーンを象徴するキャッチコピーです。

 

「少女が空から降ってきた…ある日」

 

なんて日だ

 

「このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。」となりのトトロ

トトロのコピー「このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。」

へんないきもの=トトロのことですね。

※小ネタですが元々は「もう日本にはいないのです。」というキャッチコピーの予定だったらしいです

 

「たぶん、このへんないきものは、まだ日本にいるのです」

 

途端に自信なくなった

 

「4歳と14歳で、生きようと思った」火垂るの墓

火垂るの墓のコピー 「4歳と14歳で、生きようと思った」

こちらのコピーも元々は、「これしかなかった。七輪ひとつに布団、蚊帳、それに妹と螢。」という予定だったらしいです。

 

「生きようと思った、4歳と14歳」

 

意外と良い

 

「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」魔女の宅急便

 今回の記事のもととなったコピー「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」

糸井さんが書いているように、

 

「げんきだけれど、私はおちこんでます」

 

たしかに元気でない

 

「私はワタシと旅にでる。」おもひでぽろぽろ

天才アニメータ近藤喜文監督の作品のコピー「私はワタシと旅にでる。」

どこを倒置するか迷いますね。

 

「ワタシと旅にでるのは私」

 

なんかクオリティ下がった

 

「カッコイイとは、こういうことさ。」紅の豚

 紅の豚のコピー「カッコイイとは、こういうことさ。」

そもそも作品タイトルの「紅の豚」自体がめちゃくちゃセンスあるコピーですよね。

とはいえ、倒置します

 

「こういうことさ、カッコイイとは」

 

なんか上から目線っぽい

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

「タヌキだってがんばってるんだよォ」平成狸合戦ぽんぽこ

 ぽんぽこのコピー「タヌキだってがんばってるんだよォ」

高畑勲監督の作品です。フランスあたりで評価が高いらしいです。

 

「がんばってるんよォ、タヌキだって」

 

悪くない。元のコピーがいいと強いです

 

「好きなひとが、できました。」耳をすませば

耳すまのコピー「好きなひとが、できました。」

アラサー社畜には眩しいコピーです。

 

「できました、好きなひとが」

 

できちゃった…?

 

「生きろ。」もののけ姫

もののけ姫のコピー「生きろ。」

お気づきかと思いますが、倒置してみた企画、たいへん苦しくなってきました。

 

そこへ来てまさかの3文字。

 

「生きろ。」

ですよ。

 

I KI RO !!

 

I KI RO !!

 

・ 

 

MU RI !!! 

 

 

すみません

 

私にサンは救えなかったです

 

 

 

…後編へ続く

アイキャッチ画像(雑記)ジブリの全キャッチコピーを倒置してみた(後編) アイキャッチ画像(ジブリ)スタジオジブリ高畑勲監督の生涯と作品のまとめ

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)