【12/10】今年買ってよかったもの20選

ブログ初心者から中級者までの人に役立つSEO本2冊

ブログやサイト運営者で「初心者~中級者」という方に役立つSEO本を2冊紹介します。

成果を出し続けるための王道SEO対策実践講座

1冊目はアンドバリュー株式会社の鈴木良治さんの「成果を出し続けるための王道SEO対策実践講座」です。

「Webサイトの作成から運営」に関する情報が中心です。

  • サイト設計って何?
  • Google Search Consoleってどう使うの?
  • Googleペナルティ怖いけどよく分からない…

上記の単語は聞いたことあるけど、具体的なやり方がわからない人に親切な本です。

 

ちなみに前著の「SEO対策のためのWebライティング実践講座」もあります。

ライティング、つまり「どうやって記事を書いたらいいか」「コンテンツ制作とは何か」に焦点を当てた本でした。

実はこちらの本は現在無料で読めます。私は買ってから気付きました…

【公式】「SEO対策のためのWebライティング実践講座」無料公開ページ(鈴木良治著/技術評論社出版)

 

あと、ポジショントークをしない姿勢にも好感が持てました。

SEOは専門家じゃないとダメ!と本業の人なら言いそうですからね。

検索エンジンの技術が進歩し、コンテンツが正当に評価され、さまざまなツールが製作や運用を助けてくれる現在、SEO対策は専門家でなくてもできる技術です。 

 

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

2冊目は、株式会社セブンアイズの瀧内賢さんの「最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座」です。

この方、何冊かSEO対策の本を出していますが、結構重複した内容が多いので、最新の一冊を買っておけばいいと思います。

※というか、SEO本って日進月歩の世界なので、出版年古い本は役に立たないかも

 

世の中、「Googleに評価される」と「ユーザに評価される」のどちらかに寄ったSEO対策を説く本が多いです。

しかし、この本では「対象をユーザーとしながらも、現状のアルゴリズムレベルに鑑みた、ロボット向けの施策」が大事だと述べています。

 

その理由をWebライティングの進化の歴史から解説しています。

また、Google公式文書から「Googleアルゴリズムの限界」についても触れている点が、非常に説得力があります。

※著者は福岡大学理学部応用物理学科卒業らしいので、理系的な視点で語っています

 

かなり具体的な方法論、そしてツールの紹介と細かな説明が役に立ちます。中身が非常に濃い本です。

しかしながら、本書の一番の特徴は、「人」と「Google」両方を大事にすること、というメッセージだと思います。

これを意識できるだけでも、SEO対策の方向性ずいぶん変わるのではないかな、と。

 

まとめ

実はブログ開始当初、SEO本を10冊くらい乱読しました。
その中でも、この2冊が網羅的で、信頼できる内容でした。
SEO対策そろそろ考えなきゃな、と思っている方は是非読んでみてください~

アルパカ

ちなみに私はSEO勉強した結果、1年で月間100万PV達成しました

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)