【12/10】今年買ってよかったもの20選

「シンプルTODOリスト仕事術」の感想。コンサルShinさんの思いが詰まった良書

2018/3/14に発売された「シンプルTODOリスト仕事術」という本を読みました。
読みやすさ(わかりやすさ)と、良質な内容が両立している良書でした。 

こんな人に向いています

  • 仕事が終わらなくて悩んでいる人(今日の私のように13時間働いてしまう)
  • もっと効率を上げて自由な時間を作りたい人

著者はブロガー&コンサルタントのShinさん

著者はShinさん。まだ20代なのですが、本業コンサルタント、ブログが人気、オンラインコミュニティ会員が450人、本も2冊出版している、という超人です。

1冊目の著書は「コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術」です。

 タイトルにある通り、元々は「仕事ができない」ことにとても悩んでいた方です。それが今や超人的な仕事ぶり。本業も順調で、副業までこなしていますからね、我々も希望が持てます。

そんなShinさんだからこそ「仕事ができない人」に対して「できるようになるまでの過程」を懇切丁寧に説明してくれます。

 

人気ブログ「Outward Matrix」の凄さ

ブログ「Outward Matrix」を知っていますか?

Shinさんが運営する「仕事の効率化」などについて書かれたブログです。2016年に始まったばかりですが、すでにかなりの人気ブログです。記事数は450を超えていて、どれもこれも内容が濃い!!

最初から投稿数もPVもずば抜けていてブログ開設1ヶ月で3万PV & 52記事投稿です。

【運営報告】ブログ1ヶ月目は31,437PV。読んでいただけた、たったひとつの理由。 | Outward Matrix

 

初心者ブロガーの私は、ブログ開設1ヶ月で6千PV & 47記事投稿でした。
当初から私のブログより5倍すごいです。「Outward Matrix」を読んだ方が有用ですよ(笑)

【運営報告】はてなブログ開始1ヶ月で6,448PV、47記事投稿、読者数142人でした – あるアルパカの知恵

 

無料で読めるおすすめ記事

初見の方にオススメな仕事関係の記事は以下です。

 

仕事以外の話も、私の嗜好に合います。

 

…と、本の中身に移る前に、サイトの紹介になってしまいました。

このサイトの中身を見て、「面白い」と思った方は、本を買って損はしないです。今までブログの中で話されていた話題が、より細かく丁寧に書かれていますので。

 

「シンプルTODOリスト」について

タイトルは「シンプルTODOリスト」ですが、「TODO」の話だけではありません。

本書のメインテーマは「TODOリスト」です。しかし、TODOリストのみについて話すのではなく、「仕事が遅い」に関する真の原因や、実際の使い方まで踏み込んだものになっています。

(シンプルTODOリストより引用)

実際に、TODOについて取り扱っているのは、本の中でも半分程度。残りは一貫して「仕事で素早く成果をあげるための方法」です。

仕事ができなかった昔の自分に話しかけるように、ゼロからわかりやすく話してくれます。

 

「TODOリスト?そんなもの知っているし、使えるよ」と思っている方も多くいると思います。

しかしそんな方にも有用です。TODOリスト以前の話から始まって、その解決手段としてのTODOリストという運びとなっています。むしろ「なぜ仕事が終わらないか」という全体像の話を聞けることが有用です。

100ページを過ぎたあたりで「たしかに、TODOリスト使ってみようかなあ」と意識が変わると思います。

 

仕事が終わらない原因

仕事が終わらない理由として、5つの原因をあげています。

  1. 仕事の目的を把握していない
  2. 具体的なTODOが見えていない
  3. 具体的なTODOを整理できていない
  4. TODOを処理する速度が遅い
  5. TODOが多すぎる

この構成自体、しっかり考えられているなー(本職だなー)と思います。

 

目的、ゴールを理解している(Why)
 ∟目的に向けた作業が明確である(What)
  ∟作業をいつやるか、どの順番でやるかが明確だ(When)

という「作業(TODO)をやれる段階まで落とす話」

 

個人の作業効率(1TODOにかかる時間) × 作業の数 = 必要な仕事時間

という「作業を時間内に終えるための話」

 

で成り立っています。

作業をやれる段階まで落とすには、どのような手順で何をすればよいか。

作業を時間内に終えるには、どのようにすればよいか。

が書籍の中で詳しく述べられています。

 

今すぐ使える具体例がたくさん

この書籍の大きな特徴は「今すぐ使える具体例が豊富」なことだと思います。

例えば以下のようなもの。

  • 目的を理解するのはやろうと意識してもできないから「10個の疑問を出してみる」
  • TODOの優先順位をつけるために、コスト(実践の難易度)とコントリビューション(成果の多寡)で分けてみる
  • 作成資料はモジュール化する(資産として、再利用可能にする)
  • よく使うフレーズは辞書登録する

などなど。たくさんありますが、著者のShinさんが実際に試行錯誤して効果的だったものなのだと思います。

 

有料TODOリストも無料付録として付いてくる

また、本書のメインとなる「TODOリスト」も実際にShinさんが作って、使っているもの(本来なら有料)もダウンロードできます。はい、これだけで元は取れます(笑)

世の中にはTODOアプリはあふれていますが、私は仕事上でこれらをうまく活用することができませんでした。
TODOを色々と書きつけていってもなかなかリストから消えていかないし、日々の自分の仕事とどう結びつけるのかわからず、更新するのが億劫になって結局使わなくなってしまっていたのです。

という「TODO使えないあるある」がわかる著者が作った「本当に使えるTODOリスト」。私も早速使ってみます。

 

まとめ

TODOリストに限らず「仕事が終わらない構造」と「その具体的な対策」を述べている本となっています。

仕事が終わらなくて悩んでいる、もっと効率を上げて自由時間を捻出したい方におすすめです。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)