ハンターハンター連載再開記念!ハンタ好きにオススメ漫画まとめ

地味だけど面白い。隠れた名作「火ノ丸相撲」はもっと評価されるべき

相撲漫画「火ノ丸相撲」はもっと評価されるべき名作です。

残念なことに、超能力が跋扈(ばっこ)するジャンプ漫画界においては、どうしても「地味ぃ」なんですよね…

しかし、

  • 熱すぎる友情
  • ジャンプ王道のDNAを受け継いだ成長
  • 格好良い国宝級の名言たち、

と面白い要素が満載の漫画だったりします。

「火ノ丸相撲」のあらすじ

プロ力士の規定身長に満たない160センチの潮火ノ丸が主人公です。

  • 低身長のハンデにめげず、大相撲の横綱になるという夢を持つ
  • 中学時代は表舞台に出ず修行していた
  • 高校デビューして、弱小相撲部を立て直し、強豪校の力士たちも立ち向かう

 

とにかく主人公が熱い!仲間も敵も魅力的!

なにより良いのは「名刀」の名前になぞらえたそれぞれのキャラクタの特徴です。

中二心をくすぐりますよ。

 

あと、バキを含めた格闘漫画のように「勝負の瞬間の一秒が無限に伸びるナレーション」(わかります?)が特徴的です。漫画を描くのがうまい!

 

舞の海もおすすめしています

 舞の海さんも身長が低いながらも技のデパートとして有名になりました。漫画を珍しく読んだようです。

「ふだんマンガを読まないのですが、久しぶりに引き込まれました。まず、体の小さな主人公が”ワル”を倒していく。そして、そのリーダーが改心して、相撲部に入部でしょう。痛快ですよ。今後は関東大会、全国と進んでいくんでしょうか? 楽しみですね。

 そう、あとは学生相撲を思い出しましたね。大相撲の力士って、基本、孤独なんですよ。でも、学生相撲は団体戦が中心で、まず、そこで勝つことが一番の目標なんです。プレッシャーは半端ないし、勝てば、喜びもひとしお。でも、逆に負けた時の落ち込みもひどいんですが(笑)」

【大相撲】舞の海が『火ノ丸相撲』を読んで、思うこと|その他競技|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 

以上、舞の海も薦める相撲漫画「火ノ丸相撲」が地味に面白いというお話でした。

面白い作品は一箇所だけ差別化している一箇所だけ差別化している作品が面白い(シュタゲとJOJOとH×H)

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)