Amazon大セール中!確実に得する方法まとめ

平均寿命が分かりづらいので分かりやすく解説した

平均寿命とはなにか知っていますか?

よくわからないので、調べて解説しました。

平均寿命とは

平均寿命とは「ある赤ちゃん10万人が育った際に、同世代の半分(5万人)が死んでいる年齢」です。

 

平均寿命の定義を確認

平均寿命の定義を確認しましょう(統計局ホームページ

 平均寿命とは、0歳における平均余命(その年の年齢別死亡率で死亡していくとした場合、0歳の者が生きることとなる平均年数)をいいます。

よくわかりませんね(笑)

「死亡した年齢の平均」では無いようです。

 

平均寿命をざっくり理解する

平均寿命とはなにか、大雑把に知りたいですね。

厚生労働省の資料 を確認しましょう。

平均寿命

平均寿命

上の表で説明してみます。

  • 10万人の赤ちゃんが生まれました。
  • 「今の日本」の死亡率は統計からわかります。その死亡率で一定数の人が死んでしまうことにします。
  • 10万人いた赤ちゃんは、毎年(年齢ごとに)一定の割合で死んでいきます。
  • 死亡数の面積が等しくなった年齢が平均寿命と言うらしいです。

なので、「ある年に生まれた赤ちゃん10万人のうち、5万人が死んでいる年齢」です。

2018年の平均寿命は「あなた自身の寿命」とは関係ありません!

その年に生まれた赤ちゃんの寿命、ということになりますね。
私は完全に勘違いしていました。

 

平均余命とは?大事なのは平均寿命ではない

平均寿命(その年の赤ちゃんの平均余命)は私達には関係ないです。知りたいのは平均余命ですね。 

平均余命の定義とは

平均余命とは「ある年齢の人々が、その後何年いきられるかという期待値」です。
厳密な定義は色々あるでしょうけどザックリ理解でいきましょう! 
平成28年の生命表を確認して年齢ごとの平均余命を見てみましょう。

 

男性の人生は81年くらい

平成28年時点で、20歳男性の平均余命は61年です。
男性は人生81年です。

 

女性の人生は87年位

平成28年時点で、20歳女性の平均余命は67年です。
女性は人生87年です。

 

健康寿命という概念は当てになるのか

健康寿命という概念もあります。この考えビミョーっぽいです。
「ただ生きる」のではなく、「よく生きる」年齢としてみたいですが、使えない数値っぽいですよー。

 

健康寿命の定義とは

健康寿命の定義は「健康に過ごせると期待される平均的な年齢」です。
「統計局の世界の統計」の定義を参考にしました。

健康寿命:出生時の健康余命(健康に過ごせると期待される平均的な年数)。健康と は,肉体的・精神的及び社会的に健全な状態をいう。

 

…突然、定性的な定義になった!
アンケートで「健康かどうか」を聞いていたりするようです。
調査方法もまだ議論がありあてにならないっぽいです。

平均寿命 国別

平均寿命 国別

 

男性の健康寿命は72歳

2013年時点では、男性の健康寿命は72歳になっていますね。
アジアではシンガポールに次いで第2位です。1位じゃなかった!(笑)

 

女性の健康寿命は78歳

2013年時点では、女性の健康寿命は78歳になっていますね。
アジアではシンガポールと同率で第1位です。
シンガポール強いな〜(笑)

 

健康寿命を超えて働く老人

健康寿命を超えて働く老人といえば、ジブリの宮崎駿さんでしょう。
77歳の今なお、映画を作り続けています。
また、高畑勲さんも70後半で「かぐや姫の物語」を作り上げました。
(2018年死去しました、優れた才能が一つ亡くなり残念です)

 

まとめ

ざっくりとまとめます。

  • 男性は80歳まで生きられる(70歳まで健康)
  • 女性は90歳まで生きられる(80歳まで健康)

 

以上、『平均寿命とは?よく分からないので解説してみた』というお話でした。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)