衛府の七忍のほぼネタバレなし感想。シグルイの山口貴由の描く濃ゆい漫画

衛府の七忍のほぼネタバレなし感想。シグルイの山口貴由の描く濃ゆい漫画

衛府の七忍のほぼネタバレなし感想です。

シグルイ、覚悟のススメでお馴染みの作者 山口貴由さんが描く”とにかく濃ゆい”時代劇漫画です。

アルパカ

とにかくよくわからない凄さがあるけど、万人に薦めることはできないw

 

衛府の七忍(えふのしちにん)とは

衛府の七忍(えふのしちにん)とは、徳川家康の圧政に立ち向かう怨身忍者のお話です。

ダークヒーローもの × 時代劇 みたいなイメージです。

 

「衛府の刃」と呼ばれる忍者たちが七人いて彼らが主人公です。

※衛府の七忍というタイトルはそこから

 

割とグロテスクな表現や、ちょっと大人向けな青年漫画表現があります。

時代劇ものなのでシリアス!!!…ではないです。

謎のギャグが挟まれますし、よくわからない名言が飛び出しまくります。

 

ただ、このマンガを読んだ人みんなが言うセリフが「なんかよくわからないけどスゴい」というもの。

アルパカ

私もこれ以上の言葉で形容できませんw

 

主人公は怨身忍者のカクゴ

主人公は怨身忍者のカクゴです。

いきなり序盤で「徳川の残党狩り」に巻き込まれ、一族を滅ぼされます。

更に自身も勇気を持って敵に挑みますが、あっけなく死にます。

で、そこから怨身忍者・零鬼になって復活します(ダークヒーローみたいなもんです)

 

こんなやつらが7人ほどいて、徳川政府と戦う話です。

アルパカ

しばらくすると宮本武蔵とか出ますw

 

衛府の七忍(えふのしちにん)は「このマンガがすごい!2018」のオトコ編5位

そんな衛府の七忍(えふのしちにん)は「このマンガがすごい!2018」のオトコ編5位にランクインしました。

確かに胸熱な漫画です。

ただ、人を選びます、はい。

とにかく癖が強いんです。

 

絵柄が独特ですし、いわゆるエログロ的な感じですし。

とりあえず、変わった漫画読みたければ第1巻だけ読んでみるのがオススメです。

好き嫌いがハッキリ分かりますw

※Kindleで1巻無料のセールがたまにやってます↓

 

衛府の七忍(えふのしちにん)の名言まとめ

衛府の七忍(えふのしちにん)の名言まとめです。

  • 半端(ぱ)ねぇ、鬼半端(ぱ)ねぇ
  • 喰われる感半端ない
  • テヘペロでやんす
  • チェスト種子島
  • 誤チェストにごわす
  • たっ殺(くる)さりんど

アルパカ

これ、全部、時代劇漫画のセリフですよ

いや、もっとあるんですけどね、是非読んでもらいたいです。

このマンガがスゴいWEBのインタビューもオススメです。

アルパカ

どんな理由で作者がこんな台詞を作ったのかついても触れられています

 

読者の間で話題になった「テヘペロでやんす」のシーン。ページ内ではとても小さいコマながらも、読者の心を打った(いろんな意味で)。

 

こちらも読者の間で話題となったセリフ「チェスト関ヶ原」。その言葉の意味は恐ろしくも、キャッチーでつい、いいたくなってしまう(?)セリフだ。

引用元:このマンガがスゴいWEB

山口貴由漫画を読む順番のオススメ(衛府の七忍の前に)

もしも衛府の七忍を読むなら、山口貴由さんの他の漫画も予習しましょう。

シグルイがいちばん有名だと思いますが、色々とキャラクタが関係したりするので、下記の順番で読むのがオススメ。

  1. 覚悟のススメ
  2. シグルイ
  3. エグゾスカル零
  4. 衛府の七忍

 

山口貴由漫画のスターシステム

で、他の漫画を読む理由なんですがね、山口貴由漫画のスターシステムがあるためです。

つまり、過去作の人気キャラが再度出てくるということ!

※例)シグルイの藤木源之助とか

 

あと、覚悟のススメと同一世界だったりするので、山口貴由さんファンにはより楽しめる世界です。

 

そんな感じで、万人には勧められないけど、ハマる人はスゴいハマるマンガ「衛府の七忍」でした。

シグルイ好きなら買って損はしないはず。

アルパカ

この世界観に触れたことない人は、まずは漫画喫茶とかで読んでみるのが良いかもw

 

人気記事マイナーだけど面白いオススメ漫画厳選

人気記事ハンターハンターの徹底解説【まとめ】

人気記事ワンピースの感想と考察【まとめ】

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)