「Coup(クー)」は人狼好きにオススメのボードゲーム。策略・嘘(ブラフ)を使いこなせ

「Coup(クー)」人狼好きにオススメの「ブラフ系(嘘つき系)」ボードゲーム(カードゲーム)です。

アルパカ

ガッツリ「騙し合い」と「策略」が楽しめるゲームです

 

「Coup(クー)」とはどんなカードゲームか?ルールは?

「Coup(クー)」とはどんなカードゲームか?

概要をまとめます。

  • プレイ人数:3~6人
  • プレイ時間:約15分~30分
  • 対象年齢:10歳以上
  • デザイナー:Rikki Tahta

人狼好きならハマると思います。

一言で言うと「騙し合い」と「読みあい」のゲームです。

 

クーはゲームのフレーバーが秀逸

ゲーム内容から逸れるんですが、クーはゲームのフレーバー(説明文・世界観・テーマ)が秀逸です。

説明文はこんな感じ↓

腐敗し弱体化した宮廷が治める、陰謀渦巻くイタリア都市国家。
貴方が扮するのは、この都市における一家の長です。
権力への道は汚れた手で切り開き、都市を手に収めるのです。
他の諸家が持つ影響力を削ぎ落とし、国外追放していきましょう。
生き残る家はわずかひとつ。
貴方はその座に着けるでしょうか。

アルパカ

陰謀渦巻くイタリアって舞台設定が良いですよね

 

ボードゲーム「Coup(クー)」のルールの簡単な説明

「Coup(クー)」のルールを簡単に紹介しますね。

  • カードの種類は5種類
  • 1人2枚のカード(通称「影響力」)を持つ
  • 各プレイヤーは順番に「金貨」を獲得するか、誰かを攻撃するかを選べる
  • 攻撃された側は防御(防衛)するか、ダウト(嘘を見抜く)をして反撃できる
  • 他のプレイヤーの影響力を失わせて、最後まで生き残れば勝利

というのが大枠です。

 

つまり、自分の持っているカード(影響力)=ライフを守り抜くというゲームです。

で、このカード(影響力)には5種類の人物がいて、それぞれ特殊能力を持っています。

アルパカ

このキャラクタがまた良いフレーバーになっています

 

詳細な説明は省きますが5人のキャラクタはそれぞれ敵対関係にあります。

  • 公爵:他人の「金貨獲得行動」を妨害できる
  • 刺客:他者を暗殺できる。ただし女伯には妨害される
  • 大使:カードを交換できる
  • 女伯:特殊効果は無い。刺客の暗殺を妨害できる
  • 船長:他人の金貨を奪える。ただし大使や他の船長に妨害される

という感じです。

アルパカ

キャラクタ同士の関係を妄想して楽しむこともできますw

 

「Coup(クー)」の面白いポイント(感想・レビュー)

「Coup(クー)」の面白いポイント(感想・レビュー)です。

ゲームに慣れれば慣れるほど「ブラフ」が上手くなる点が良いです。

戦略を考える面白さがありますし、相手の言動が嘘か見抜く必要があるので、頭を回転させ続ける必要があります。

※逆に言うと、実力差が生まれてしまうゲームとも言えますね

 

また、前半戦、中盤戦、後半戦と持つべき(持ちたい)カードが変わってくるのも特徴。

嘘を付くことのリスクは前半は低いです。

しかし、「他人の言動が嘘と宣言する(ダウト)」行為のリスクは高いです。

※ダウトに失敗したら(=嘘じゃなかったら)、自分の影響力(ライフ)は失われます

 

しかし、後半になるにつれて、残ったカードが明らかになっていくのもあり、嘘を付くのが難しくなります。

また、自分のカードがバレてしまうと、攻撃の糸口が無くなる危険性もあります。

 

とはいえ、意外と「運ゲー感」があるといいますか、理詰め(論理)で分かる限界があります。

※積極的にダウトをできない(リスクが大きすぎる)という点が原因ですね

 

とはいえサクサク遊べるので「嘘をついたり見抜いたりするのが楽しい」という人にはオススメです。

アルパカ

人狼は好きだけど長すぎる…という人も気にいるはず

 

「Coup(クー)」の攻略方法・戦略【ボードゲーム考察】

「Coup(クー)」の攻略方法・戦略(ボードゲーム考察)を考えてみました。

ポイントは3つです

  • 「公爵」ブラフが最強すぎる
  • 前半はあえて嘘をつくのはあり
  • クー(Coup)できると狙われる

 

「公爵」ブラフが最強すぎる

ゲームを何回かやると気づくのですが、「公爵」ブラフが最強すぎます

※ゲームバランス調整ミスっている気がしますw

 

前半はこれで、とりあえずコインをGETしておくのが得策だと思います。

他者にとっては

  • 3枚あるので公爵持ちの可能性が高いと思う
  • 妨害できないからとりあえず放置しようと思う

ということで、あまりダウトするメリットが無いんですよね。

 

ちなみに他人が「援助(金貨2枚獲得)」をやる場合に、公爵持ちとして妨害(ブロック)をするかは微妙です。

最初に積極的にブロックすることで、持っている感じを植え付けるのはアリです。

※相手がどれくらい好戦的かによります

 

結局、嘘を付くことに成功すれば、実質3枚持っているようなものなので、かなり有利に進めることができます。

 

前半はあえて嘘をつくのはあり

前半はあえて嘘をつくのはありです。

特に先述の「公爵」や「大使」は他の人が妨害しないので、嘘をついても確実に通ります。

つまり、手札が弱い場合(船長は弱い印象です)は、大使を持っていなくても交換を積極的にやるのはありです。

 

ちなみに前半と後半で持っているカードの感じを変えたとしても(後半嘘をついても)、意外と防ぎようがある気がします。

相手が「ダウト」というモチベーションがあるかどうかで考えましょう。

※前半

 

クー(Coup)できると狙われる

クー(Coup)ができるようになると狙われますw

金貨5枚くらいでうまいこと待機しておいて、他の人のヘイトを稼がないようにするのも作戦です。

※大使ブラフで手札を充実させるのもあり

 

また、あえて3枚溜まったら刺客(暗殺)を仕掛けていくというのもありです。

※公爵を使っていてブラフしていなさそうな人などを狙い目かも

 

【余談】後半の最善手はまだ考え中

余談です。

後半の最善手(理想的な手札)はまだ考え中です。

案1:女伯を持つ

刺客の暗殺で殺されるリスクを考えると「女伯」を持っておくのが1番だとは思います。

ただこのカード、攻撃力が弱いので、クーできるほどの金貨を蓄えておけるかが勝負です。

また、女伯を持っていることがバレると、船長などで強奪されて途端に厳しくなるという現実もあります。

 

案2:刺客を持つ

刺客を持つとどうなるか?

暗殺で敵を倒せる可能性はありますが、女伯を持っている可能性がある相手には厳しくなります。

「1枚」vs「1枚」の状況なら持つのはありだと思いますけどね。

 

案3:意外と船長が良い?

個人的にはいまいちだなあ、と思っていた船長ですが、後半は役に立つかもしれません。

攻撃と防御を一緒にできる(相手の金貨を2枚奪える)ので、タイマンに持ち込んだらなかなか強いですね。

相手は2枚獲得をする(公爵ブロックが無い)はずなので、自分の手持ち金貨だけが増えていくイメージです。

 

「船長」を持っているふりをして、実は「女伯」を持っているというのが、相手の手持ちが刺客だった場合には、理想的なパターンですね。

 

【まとめ】「Coup(クー)」は人狼好きならやって損はしません

「Coup(クー)」は人狼好きならやって損はしません。

頭を使い続ける系のブラフゲームなので、

  • そこそこボードゲームが好きな人
  • 頭を使うゲームが好きな人

とやるのがオススメです。

※一人でも、頭使わずテキトーにやりたい人がいると、ゲームがいまいち成り立たない可能性もありますので注意です。

 

アルパカ

ワンナイト人狼やるよりこちらのほうが面白いと思います

 

人気記事一人でも楽しめるボードゲーム・カードゲーム10選

人気記事ボードゲーム・カードゲーム初心者におすすめ5選

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)