Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

自衛隊防災BOOKの日用品と持ち出し袋と防災用食品厳選リストが超役に立つ件【まとめ】

「自衛隊防災BOOK」という防災&災害発生時のテクニック本があります。

その中で、超役に立つ3つのリストがあったので、まとめました。

  • 自衛隊員の日用品リスト
  • 非常用持ち出し袋に入れるものリスト
  • 防災用食品厳選リスト

 

「防災準備って、何を買えば良いのかわからない」と悩んでいる方にオススメです。

もし「役に立ちそう」と感じたら、書籍を読んでみてください、役に立つ情報が多数載っています。

自衛隊防災book自分と大切な人のために「自衛隊防災BOOK」の100の知識を学んだ

 

自衛隊員の日用品一覧のリスト

自衛隊員「日用品一覧」を書籍を元にリストアップしました。

「防災のプロ」である自衛隊員が、普段から持っている物です。

※思ったほど特別な物はありませんでした

  1. 携帯用の電池充電器
  2. Tシャツ、パンツ、靴下セット(密閉袋に入れて)
  3. ボディタオルと手ぬぐい(密封袋に入れて)
  4. ティッシュ
  5. USBタイプの充電器
  6. イヤホン
  7. 絆創膏(自衛隊非売品)
  8. 救助笛
  9. 懐中電灯(ルーメン500以上)
  10. 折りたたみ傘
  11. 手袋
  12. マスク
  13. 目薬
  14. 財布(コンパクト、二つ折り)
  15. うがい薬
  16. 薬類(胃腸薬、鎮痛剤など)
  17. 手帳&ペン(親族の連絡先も)
自衛隊持ち物リスト(引用元:自衛隊防災BOOK)

自衛隊持ち物リスト(引用元:自衛隊防災BOOK)

 

携帯用の電池充電器

携帯用の電池充電器は、必須です。

※私は被災した際に、USBタイプの充電器しか無くて苦労しました…

 

密閉袋(圧縮袋)

1日分の着替え(Tシャツ、パンツ、靴下)や、ボディタオル、手ぬぐいを入れるために密閉袋(圧縮袋)を使います。

 

救助笛

意外と知られていない、必須アイテムが「救助笛」です。

家具や建物などに生き埋めにされた際に、救助を呼ぶ時に重宝します。

値段も安いですし、自分の分と大切な人の分を用意しておくと良いと思います。

 

懐中電灯(ルーメン500以上)

停電時に備えて、懐中電灯は必須なのだとか。

人を救助することを考えると、ルーメン(光の強さ)は500以上の懐中電灯が常識らしいです。

※あくまでも自衛隊員の中での常識です

 

その他の物

その他の物は元々持っている方が多いと思うので、商品の紹介は割愛します。

足りないものは100均などで揃えるのも良いと思いますよー。

 

非常用持ち出し袋に入れるもの一覧リスト

自衛隊防災BOOKオススメの「非常用持ち出し袋に入れるもの一覧」をリストアップしました。

私も被災した際に、結局何を持っていいのか迷いました。

多く持ちすぎると歩くのが大変だし、必要品がないのも不安だし…という葛藤がありました。

「自衛隊防災BOOK」では、非常用持ち出し袋の条件と、具体的な持ち物(商品名も)載せてくれているので大変役に立ちました。

まずは、非常用持ち出し袋の条件をまとめます。

  • 6kg未満の重さ
  • 燃えにくい材質
  • 両手が自由に使えるリュックタイプ

だそうです。

これを、玄関などの持ち出しやすい場所に置くことが基本です。

さらに、後述の道具や食材を入れることで、避難所などで「最低限不便な思いをしない」ようにしましょう。

 

非常用持ち出し袋に入れるもの一覧

非常用持ち出し袋に入れるもの一覧をまとめます。

  1. 500mlの水 2~3本
  2. 栄養補給食品
  3. アイマスク
  4. ペーパー歯磨き
  5. 大判の体拭きウェットティッシュ
  6. 10年保存可能電池
  7. フィルムラップ(食品を包んだり、包帯代わり)
  8. 生理用品
  9. 保護用グローブ
  10. 粉塵マスク
  11. ソーラー充電のダイナモLEDラジオライト
  12. おむつが臭わない袋
  13. 非常用トイレセット
  14. 非常用ブランケット
  15. 水電池式の懐中電灯
  16. 防災用折りたたみヘルメット
  17. エアーベッド

 

リストの9番以降に関しては、書籍内で具体的な「製品」がおすすめされていたので、紹介していきます。

 

保護用グローブ(丸五 まもるくん #910)

ガレキやガラス片から手を守るためにグローブが必要です。

手の甲への衝撃を軽減するため、綿ではなく、ゴム製が良いとのこと。

オススメ商品は、丸五の「まもるくん #910」です。

 

トーヨーセフティー 使い捨て式防じんマスクNo.1700

倒壊した古い建物のアスペクト対策に使えるのが「粉塵マスク」です。

国家検定合格品の物が良いです。

オススメ商品は、トーヨーセフティーの「使い捨て式防じんマスクNo.1700」です。

 

Defend Future ダイナモLEDラジオライト(ソーラータイプ)

懐中電灯、ラジオは必須アイテムですが、機能をまとめたスグレモノが「LEDラジオライト」です。

オススメ製品は、G.O.ホールディングスの「Defend Future ダイナモLEDラジオライト(ソーラータイプ)」です。

  • 手回しとUSB充電も可能
  • 懐中電灯やデスクライトとして使える
  • ラジオや緊急サイレンにもなる

ということで、超便利な一品です。

 

おむつが臭わない袋

成人でも、おむつが臭わない袋があると、

  • 子供のオムツ
  • 生ゴミ対策
  • ペットのフンの処理

などで使えるので便利です。

オススメ製品は、医療向け開発から生まれた防臭力が抜群な製品「おむつが臭わない袋 Sサイズ 15枚入」です。

めちゃくちゃ安いので、とりあえず1つ買っておいて損はないと思います。

 

驚異の防臭袋 BOS 非常用トイレセット

災害時は、コンビニも使えず、断水して家のトイレもまともに使えない、という状況になりえます。

そんな時に役立つのが「非常用トイレセット」です。

トイレにそのままセットして臭いも菌も閉じ込められる製品「驚異の防臭袋 BOS 非常用トイレセット」がオススメ。

 

非常用ブランケット(ヒートシートエマージェンシーブランケット)

避難所で困るのは「寒さ対策」です。

非常用ブランケットを使うのが一番良いのですが、「騒音(シャカシャカ音)」で人に迷惑をかけてしまうのでは…と感じる方も多いはず。

そんな方にオススメな製品が「SOLヒートシートエマージェンシーブランケット」です。

シャカシャカ音が出にくい素材でできているので、避難所でも安心して使うことが出来ます。

 

水電池式の懐中電灯

水電池式の懐中電灯というものがあります。

  • 底のシールをはがして、水に10秒程度浸けると発電開始
  • 水電池交換可能
  • 連続点灯20日可能

という製品だそうです。

長期間保存しても、電池の心配がいらないとのでオススメしているのだと思います。

※ただ、3000円と高いですし、水電池なんて普段は使わない物を非常時に使うのは怖いので、個人的にはあまりオススメしません…

 

防災用折りたたみヘルメット

防災用折りたたみヘルメットとして、「TOYO 防災用折りたたみヘルメット ブルーム」がおすすめされていました。

折りたたみ状態が、思いの外コンパクトで、保存も楽そうです。

Amazon評価が意外とたくさんありますし、高評価でした。

 

コンパクトエアーベッド

冷たくて硬い床の上で寝る避難所生活。

乗り切るためには、ナカガワの「コンパクトエアーベッド(空気入れ付き)が役に立ちます。

成人男性が寝ても充分な大きさです。

 

【補足情報】家具の転倒防止器具

補足情報として転倒防止器具も紹介されていました。

製品は、不二ラテックスの「T型固定式不動王 FFT-009」です。

ビスや釘を使用せず貼るだけでいいので、賃貸でも使用可能です。

震度7対応ということで安心ですね。

 

またテレビの固定には「テレビ用耐震シート」が良いようです。

こちらも不二ラテックスの「スーパー不動王 テレビ用耐震シート」がおすすめ製品です。

 

防災用食品厳選リスト

自宅にストックしておきたい防災用食品(防災食、非常食、災害食)です。

ポイントは以下の通り

  • 目安としては「家族分✕1週間」程度用意する
  • 被災時は緊張状態で空腹感をw擦れがちなので、ゼリー飲料、アメ、チョコ、フルーツ缶がオススメ
  • 温かい料理で心身を落ち着かせるため「パッククッキング」が良い

 

さて、書籍で紹介されていた「防災用食品厳選リスト」は以下の通りです。

  1. 保存水
  2. スープ各種
  3. 非常時・災害時栄養補給食品
  4. レスキューフーズ 一食ボックス
  5. 温めずに食べられるカレー
  6. ゼリー飲料
  7. 常温保存OKなパック牛乳
  8. カルシウム豊富な魚肉ソーセージ
  9. バータイプのビスケット
  10. ひとくちタイプの羊羹

 

以下、書籍内でおすすめされていた製品をまとめました。

 

保存水

保存水はどれでも良いと思いますが、「北アルプス保存水 500ml✕24本」がオススメのようです。

1Lあたり200円程度と、通常の水に比べれば割高ですが、5年保存が可能ということで、安心です。

また容器が丈夫なのも特徴です。

 

スープ各種

3種類の味を楽しめる「クノールカップスープのバラエティボックス」がオススメのようです。

※個人的にはスープはお好みで良いと思ってます

 

非常時・災害時栄養補給食品

本を読むまで知らなかったですが、「非常時専用としては日本初の栄養機能食品」があるようです。

名前はそのものズバリ「非常時・災害時栄養補給食品」です。

発売元は「ジオナ」です。

  • 1日1包で必要なビタミン・ミネラル類を接種可能。
  • 5年保存可能
  • 水無しで飲める

など災害時に役立ちそう。

これは知れてよかった!

 

レスキューフーズ 一食ボックス

発熱剤で作る美味しい非常食セットがあります。

製品は、ホリカフーズの「レスキューフーズ 一食ボックス 詰め合わせ」です。

東日本大震災のときには、100万食食べられたという実績を持ちます。

 

温めずに食べられるカレー

長期保存もOKな温めないカレーがあります。

製品は、江崎グリコの「常備用カレー職人3食パック」です。

値段も安いし、買っておくと捗りそうです。

 

ゼリー飲料

被災時にはゼリー飲料があると便利です。

オススメは「inゼリー マルチビタミン グレープフルーツ味」です。

調理不要で、気軽にマルチビタミンを摂取できます。

 

常温保存OKなパック牛乳

栄養たっぷりな牛乳は、停電時には飲めなくなります。

そんなときのために、

  • 常温で保存が効く
  • 衛生的
  • 飲みきり可能

な常温保存OKな牛乳がオススメ。

製品は「大阿蘇牛乳」です。

 

カルシウム豊富な魚肉ソーセージ

常温保存でき、片手ですぐ食べられる魚肉ソーセージもオススメ。

カルシウム豊富なのも嬉しいです。

製品は「1秒OPENおいしいおさかなソーセージ」です。

 

バータイプのビスケット

気軽に食べられるビスケットも良いでしょう。

おすすめ製品は「スーパーバランス  6years」です。

バータイプで持ち運びしやすいし、6年の長期保存可能です。

 

ひとくちタイプの羊羹

羊羹は、手を汚さずに、手軽に糖分摂取ができます。

良心価格な「ひとくち羊羹」がオススメです。

 

防災用持ち物準備リストのまとめ

防災用持ち物準備リストを3種類紹介しました。

プロが紹介した製品を参考に、防災準備に役立ててくださいね。

最後に、リストを再掲します。

下線がついたリンク付きの商品は、商品URLに飛びます。

日用品一覧まとめ

  1. 携帯用の電池充電器
  2. Tシャツ、パンツ、靴下セット(密閉袋に入れて)
  3. ボディタオルと手ぬぐい(密封袋に入れて)
  4. ティッシュ
  5. USBタイプの充電器
  6. イヤホン
  7. 絆創膏(自衛隊非売品)
  8. 救助笛
  9. 懐中電灯(ルーメン500以上)
  10. 折りたたみ傘
  11. 手袋
  12. マスク
  13. 目薬
  14. 財布(コンパクト、二つ折り)
  15. うがい薬
  16. 薬類(胃腸薬、鎮痛剤など)
  17. 手帳&ペン(親族の連絡先も)

 

非常用持ち出し袋リストまとめ

  1. 500mlの水 2~3本
  2. 栄養補給食品
  3. アイマスク
  4. ペーパー歯磨き
  5. 大判の体拭きウェットティッシュ
  6. 10年保存可能電池
  7. フィルムラップ(食品を包んだり、包帯代わり)
  8. 生理用品
  9. 保護用グローブ
  10. 粉塵マスク
  11. ソーラー充電のダイナモLEDラジオライト
  12. おむつが臭わない袋
  13. 非常用トイレセット
  14. 非常用ブランケット
  15. 水電池式の懐中電灯
  16. 防災用折りたたみヘルメット
  17. エアーベッド

 

あと、家具やテレビの固定用の道具はこちら

  1. 家具固定用
  2. テレビ固定用

 

防災用食品厳選リスト

  1. 保存水
  2. スープ各種
  3. 非常時・災害時栄養補給食品
  4. レスキューフーズ 一食ボックス
  5. 温めずに食べられるカレー
  6. ゼリー飲料
  7. 常温保存OKなパック牛乳
  8. カルシウム豊富な魚肉ソーセージ
  9. バータイプのビスケット
  10. ひとくちタイプの羊羹

 

以上、「自衛隊防災BOOKの日用品と持ち出し袋と防災用食品厳選リストが超役に立つ件【まとめ】」というお話でした。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)