ハンターハンター解説記事まとめ

ドラゴンクエストVI(幻の大地)のバーバラはドラゴン説【大人のためのドラクエ話】

ドラゴンクエストⅥ(以降、ドラクエ6)といえば、スーファミ版ドラクエの最後のゲームであり、「よくわからない」作品として有名です。

中でも「バーバラ」というヒロインの扱い、その正体を解釈するのは難しいです。

アルパカ

といか、小学生時代の私には理解不能でした

アラサーの私がリメイク版「ドラクエ6」をやって、バーバラはドラゴンだよなーと確信したので、そのあたりの話をしていきます。

 

ドラクエ6のバーバラの基本情報

ドラクエ6のバーバラの基本情報

  • 魔法使いキャラ
  • 赤い(オレンジ)の髪型
  • 最初の出会いは、月鏡の塔。ゆめみのしずくをかけて仲間になる
  • 記憶をなくしている

で、重要なのはムドー城に乗り込むときには、あえて一緒に行かないところですね(後述します)

 

バーバラのネタバレ設定

バーバラのネタバレ設定はこちら

  • カルベローナの大魔女の血を継いだ魔法使い
  • バーバラの肉体はデスタムーアに滅ぼされている(夢の世界にしか存在しない)
  • デスタムーアを倒したことで、バーバラは存在できなくなった(見えなくなった)

ってことで、バーバラが最後にいなくなってしまう、彼女だけは悲しいエンディングでした。

 

というのが、バーバラに関する簡単なおさらい。

でポイントとなるのは、後半に行く町「魔法都市カルベローナ」でのこと。

町民からはこんな一言があります。

「いだいなる大魔女バーバレラの血を引くバーバラさまならきっとドラゴンにでも」

アルパカ

バーバラ=ドラゴンであることがほぼ確定する一言

 

ちなみに、ルイーダの酒場にバーバラだけが預けることができないというのも「彼女が特別なキャラクタ」だということを示唆していますね。

 

堀井雄二(ドラクエゲームデザイナー)のインタビューを読み解く

堀井雄二さん(ドラクエゲームデザイナー)のインタビューや対談記事によると

  • バーバラの正体をドラゴンにするという案があった
  • しかし開発の都合(ゲーム容量と開発時間)の関係でカットされた

だそうな。

ってことで、元々の設定ではバーバラ=ドラゴンだったんですね。

 

スクエニ公式小説ではバーバラ=ドラゴンだった

あと、スクエニ公式の小説版「ドラクエ6」があります。

こちらでは「バーバラ=ムドー城に行くときのドラゴン」を匂わす描写があったりします。

ただ、ゲームでは最後にいないバーバラが、小説版では一緒にいたりと、そもそも違う点はあります。

 

スクエニ公式イベントで「バーバラはドラゴン」と明言された

スクエニ公式イベントで「バーバラはドラゴン」と明言されたらしいです。

椿姫「6はスーパーファミコンですよね。わたしのときは周りが、バーバラの設定はもともと竜、ドラゴンっていう設定があったんじゃないかっていうウワサがありました」

「あっ、そうですね。ちょっと、考えたり、いろいろ……」

椿姫「えっ、それは……もともとあったんですか?」

「そう、あのー、そう、だからあるとき、バーバラはいなくなっちゃって」

椿姫「そう、いなくなっちゃうんですよねー」

「ああいう設定があったりした^^(言葉を濁しつつ)」

椿姫「ええ~、なんかちょっと裏話的なのが聞けてね、本当に」

引用元:ゾーマにベホマは仕様?バーバラは竜? 堀井さんへの質問コーナー28周年SP DQXTV2第4回

物語の想像の余地を消さないために明言しないだけで、明らかに「バーバラ=ドラゴン」っぽいですね。

 

バーバラ=ドラゴンとしてドラクエ6について考える

ってことで、インタビューなどを見るに、バーバラはドラゴンだったようです。

ただ、ドラゴンであるという設定は、開発の都合 or 物語の深さを出すためにカットされてしまい、その断片だけが物語に今も残っている…という感じですね。

 

ムドー城に乗り込む前にバーバラが戦線離脱した理由とは?

ムドー城に乗り込む前にバーバラが戦線離脱した理由とは何でしょうか?

1つには、バーバラだけが強敵ムドーと戦うべき「使命」が無かったのだと思います。

主人公は運命であり、ハッサンは仕事であり、チャモロもそのために旅に出たりと、それぞれに戦う理由があります。

 

しかし、バーバラには命をかけてでもムドーと戦う理由がない。ただの記憶喪失の少女です。

それ故の恐怖だったのではないかと。

ここまでが普通の考え方かなと。

 

で、一方で、バーバラ=ドラゴンという立場から考えると、別の考え方もできます。

ムドー城に乗り込むためには、徒歩伝いには行けない。

そこで、バーバラは

「主人公たちをムドー城に運ぶためには、自分がドラゴンになる必要がある」

「その姿を仲間には見られたくない」

と、そう考えたのではないでしょうか。

それ故に、多くを語らず、あえて皆から離れたのだと。

 

最初にミレーユが呼んだ黄金の竜はバーバラ?

ドラクエ6のオープニング、ムドーの城に行く時にミレーユが笛で呼んだドラゴンがいます。

これも物語前半でムドー城に行く時のドラゴンと同じ造形であることから、バーバラであることが分かります。

 

バーバラが孵化させた卵から生まれたのはマスタードラゴン

バーバラとゼニス王達がエンディングで孵化させた卵。

そこから生まれたのはマスタードラゴンです(ゼニス城=天空城)。

ドラゴンを孵化させられる存在という意味でも、バーバラがドラゴンと関係していたことが分かりますね。

 

ちなみにドラクエの発売順はドラクエ4→5→6ですが、ゲーム内の時系列は6→4→5です。

アルパカ

天空城が5で崩壊しているのも、そういう時系列だからです

 

って感じで、バーバラの正体はドラゴンって考えると、ドラクエ6の分かりづらいところもちょっと分かります。

 

以上、「ドラゴンクエストVI(幻の大地)のバーバラ=ドラゴン説について賛成したい」というお話でした。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)