Audible無料体験で3000円もらえるのが超お得

進撃の巨人アニメ39話(3期2話)ネタバレ感想考察 リヴァイ格好良すぎ

進撃の巨人アニメSeason3の39話(3期2話)のネタバレありの感想考察記事です。

アルパカ

進撃の巨人を、より楽しく見られるような情報をまとめていきます。
アイキャッチ画像(アニメ)進撃の巨人アニメ38話(3期1話)ネタバレ感想考察 リヴァイとケニーの因縁

進撃の巨人38話「痛み」のあらすじ

進撃の巨人39話「痛み」のあらすじです。

エレンとヒストリアを乗せた馬車が襲撃され、二人はさらわれてしまう。追おうとするリヴァイの前に立ち塞がる謎の男。
その顔を見て、リヴァイは「ケニー」と叫ぶ。どうやら、過去に因縁のある相手らしい。互いに相手の命を奪おうとする二人の激しい戦い。
巨人対人類ではなく、立体機動装置を用いて繰り広げられる人類対人類の死闘を目撃したジャンたちもまた、戦闘に巻き込まれていく。

原作:諫山 創
監督:荒木哲郎
シリーズディレクター:肥塚正史
シリーズ構成:小林靖子

引用元:http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=shingeki3

 

進撃の巨人38話までの復習

進撃の巨人season2と、season3第1話(39話)までのネタバレを含みますので注意。

復習です。

進撃の巨人39話までの復習

前回までのポイントはこちら

  • 中央第一憲兵団がトロスト区にきた理由は?
  • エレンは硬質化能力を使いこなし、穴を塞げるのか
  • リヴァイとケニーはどちらが強いのか

リヴァイとケニーが戦うところで終わりましたね。

 

調査兵団の目的

旧エレン家の地下室にある謎を探ることが最優先です。

しかしウォール・マリアの穴のせいで、エレン家にたどり着くことは出来ません(巨人に邪魔される)

そこで「夜間にウォール・マリアに行って、エレンが巨人の力で硬化して穴を塞ぐ」作戦を立てました。

※今の所エレンが硬質化を操りきれていません

 

進撃の巨人38話の登場人物

進撃の巨人38話登場人物一覧です。

調査兵団のメンバーはこちら。

  • エレン:主人公。巨人の力を持つ
  • ミカサ:エレン好きな幼馴染の女性。根暗。アッカーマン一族、超強い
  • アルミン:エレン、ミカサと幼馴染。男性(今回女装していた)。臆病者だが頭良い
  • ジャン:エレンと仲悪い、今回変装した
  • サシャ:食うのが好き
  • クリスタ:貴族レイス卿の隠し子。ヒストリア・レイスでもある。
  • リヴァイ:調査兵団の兵士長。人類最強の兵士
  • エルヴィン:調査兵団の団長。
  • ハンジ:メガネの研究家。巨人のことになると理性を失うほど巨人研究好き。

公式HPもわかりやすいのでオススメ

 

38話で登場した新人物はこちら

  • ケニー:切り裂きケニーと呼ばれる「都の大量殺人鬼」でありリヴァイと昔暮らしていた

 

進撃の巨人39話(3期2話)のネタバレ感想考察

進撃の巨人39話(3期2話)のネタバレ感想考察です。

「痛み」というタイトルは様々な意味があります。

もちろんリヴァイ隊長の物理的な痛みとかもありますが、「心の痛み」がポイントかと。

  • 人を殺してしまったアルミンの心の痛み
  • 人を殺さなければいけない状況に葛藤するジャンの心の痛み
  • 秘密を暴露してしまったサネスの「裏切られた」心の痛み

 

エレンとクリスタ(ヒストリア)が襲われる

馬車で移動中、エレンとクリスタが襲われます。

時計型麻酔銃(間違えた、時計型ではない)で眠らされます。

それにしてもエレンはいつも捕まってばかりいます。

助けられる側のキャラクタが主人公というのはけっこう珍しいですねえw

 

リヴァイ隊長のアクションシーン格好良すぎ!!!

いやー、Season3第2話で早速アニメの素晴らしさを見れましたね。

リヴァイ隊長のアクションシーン格好良すぎ!!!

今までのシリーズと異なり、「人と人」の戦いは見ていて楽しいです。

ぬるぬる動きます。立体機動すげー。

 

ちなみに、リヴァイの独白「ケニー、よりによって何故やつが憲兵に?」と、当時の「孤児だった頃」の映像から、若き日の二人の関係がわかります。

リヴァイのことを「チビ」呼ばわりしてコンプレックス刺激しまくってますw

 

ケニーの登場シーンがダサくて好き(憲兵様が悪党を殺しに来たぜ)

ケニーの登場シーンが大好きです。ダサすぎるww

アニメでも漫画の絵を再現していましたw

 

正義の味方気取りのケニーと名言

ただ実際、ケニーはマジで良いセリフばっかりですね。

  • 「ガキには大人の事情なんてわかんねぇもんさ。おっとすまねぇおめぇはチビなだけで年はそれなりに取ってたな」
  • 「おめぇの活躍を楽しみにしてたよ。俺が教えた処世術がこんな形で役に立ったとはな。袋のネズミって言葉を俺は教えなかったか?」
  • 「世界はどうやら広いらしいと知った日はそりゃ深く傷ついたもんだ」
  • 「だが救いはあった。やりたいことが見つかったんだ!単純だろ?単純だが実際人生を豊かにしてくれるのは「趣味」だな」

 

調査兵団はためらいなく人も殺せるか?

リヴァイは人を殺すことに抵抗はありませんが、他のメンバーはやはり人を殺すことに抵抗あります。

そもそも調査兵団は、人々を救うために巨人を殺すことを選んだ正義感の強いメンバーでしたからね。

この作品の道徳でもある「ジャン」が人を殺せなかったことは、物語に葛藤を生んでいます。
※ひっくり返った声もリアリティのある演技でしたね

 

一方でアルミンは「僕はすぐに引き金を引けたのに」と言っています。仲間を救うためとはいえ、人を殺すことに躊躇をしなかった。

闇落ち間近です。

 

エルヴィンとナイル。調査兵団を志した仲

エルヴィン団長のセリフがしびれます。

『この小さな世界は変わろうとしている。希望か絶望か。中央は人類の未来を託すに足る存在か否か。選ぶのは誰だ?誰が選ぶ?お前は誰を信じる?』

そして、何をやるつもりだ?という質問に対して、

『毎度おなじみの博打だ』

という答え。

ちなみに会話の相手は、ナイル・ドーク師団長です。

いわゆる「腐りきった憲兵団」のトップです。

 

物欲のために人々の脱出を妨害したリーブス会長

ディモ・リーブス会長が捕虜にされました(というか仲間になりました)。

リーブス会長は1期で「物欲のために人々の脱出を妨害した」人物です。

 

リーブス会長は息子フレーゲルに一言告げていきます。

「商人に重要なのは嗅覚だ。目の前の金だけじゃねぇ。将来含めて得する方を嗅ぎ分ける。嗅ぎ分けたら腹くくって食らいつくんだ。いいな覚えとけ」

そして、リーブスがケニーに殺されるのを息子フレーゲルは見ていました…。

※ジョジョ風に言うなら黄金の意思が受け継がれました!

 

リヴァイ隊長の話術がスゴい

今回はリヴァイ隊長がケニーを撃退したところ、躊躇せず人を殺したところ、アクションシーンの凄さに目が行きがちです。

しかし彼のスゴいところはもう一つあります。それが話術!

アルミンに対しては、彼がためらわなくて済むように、「人を殺すこと」の正義を説得します。

  • 『アルミン。お前の手はもう汚れちまったんだ。以前のお前には戻れねぇよ』
  • 『新しい自分を受け入れろ。もし今もお前の手が綺麗なままだったら、今ここにジャンはいないだろ!』
  • 『お前が引き金をすぐに引けたのは仲間が殺されそうになっていたからだ』
  • 『アルミン、お前が手を汚してくれたおかげで俺達は仲間を1人亡くさずに済んだ。ありがとう』

 

またリーブス会長に対しては、協力するべき「明確な理由」を述べて説得する

  • 『黙って殺されていいのか?破綻寸前のトロスト区が何とかもってるのはリーブス商会が人と仕事を結びつけているのが大きい。だが商会がなくなったら一体何人が冬を越せるだろうな』
  • 『保証はしない。ただそのために動くことだけは信用してもらっていい』

 

リヴァイ隊長万能すぎる…。

これ、スーパー進撃の巨人ブラザーズってゲームがもし出たら

  • マリオ=主人公=リヴァイ
  • ピーチ=ヒロイン=エレン

ですね。

 

説得と拷問技術の技(サネス)

ジェル・サネスは特殊な憲兵団「中央第一憲兵団」の年配兵士です。

彼はニック司祭を拷問し、命を奪った人物です。

捕まった彼は、ハンジとリヴァイの拷問されても口を割りませんでした。

 

しかし、仲間が裏切った姿を見て口を割りました。

>「王だの平和だの暑苦しい奴で俺らは迷惑してたんだ。あんた達で奴を殺してくれよ」

これはハンジとリヴァイが仕組んだ罠です(無理やりそのように発言させていただけ)

 

自分の信念を否定されるセリフに耐えきれなかったのでしょう…

心臓(=肉体の痛み)はもう捧げていますからね…信念で耐えていたのだということが分かります。

 

明かされる新事実「レイス家が本当の王家」

サネスが吐いて新事実が超意外です。

「レイス家が本当の王家」だというセリフ。

クリスタことヒストリアはロッド・レイス家の正当な後継者ということが判明しました。

ロッド・レイスはここまでほとんど出たことないです。

 

明かされる新事実part2「リヴァイ」はアッカーマンだった

リヴァイはアッカーマンということが分かりました。

アッカーマンは「ミカサ」と同じ名字です。

東洋の血筋ですね。

戦闘能力が異常に高い人々は「アッカーマン」という共通点があることが分かりました。

 

エンディング曲はLinked Horizon「暁の鎮魂歌」。安定のリンホラ

エンディング曲はLinked Horizon「暁の鎮魂歌」でした。

「心臓を捧げる」という言葉がサブリミナル的に組み込まれる曲です。

多用されすぎて「心臓を捧げる」ってどういう意味なのかよくわからなくなりますw

それにしてもリンホラの曲を聞くと進撃の巨人見ているなあ、って感じがして安心しますねw

 

進撃の巨人第39話の「謎・伏線・見どころ」まとめ

進撃の巨人第39話の「謎・伏線・見どころ」まとめです。

  • エルヴィン団長にはなにか企みがある(大きな賭け)
  • レイス家が本当の王家だった(ヒストリア=クリスタが正当な後継者)
  • リヴァイはアッカーマンだった
  • ケニーとリヴァイは昔一緒に住んでいた、戦闘技術も教えた

 

今回面白かったのは「何も言わずに拷問するやつがあるかあ」というサネスのセリフですw

そりゃそうだw

第40話の感想はこちら

アイキャッチ画像(アニメ)進撃の巨人アニメ40話(3期3話)ネタバレ感想考察 ヒストリアの秘密とエルヴィンの覚悟

 

進撃の巨人アニメ39話は漫画の14巻のお話(王政編)

原作は『進撃の巨人』第14巻 58話「銃声」から第15巻 59話「外道の魂」くらいですね。

アニメでカットされたシーンがたくさんあります。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)