あるアルパカの知恵

アラサー男の趣味ブログ。楽しい話と、役立つ話を提供します。

給料から天引きされている税金とは何か

毎月の給与明細書に書かれている控除について、何となく理解しました。

税金(所得税、住民税)とか、社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)とか。

私のように、ざっくり理解したい人に向けて説明してみます。

まずは税金編。

給料から天引きされる税金について

給料からひかれる税金は主に2種類です。

  1. 所得税
  2. 住民税

 

結局この税金って何なのでしょうか?

 

所得税とは?

所得税について理解するために例を出します。

 

あるところに、100人が住んでいる小さな島があるとします。

この島では、それぞれの家族が離れた家に住んでいます。

家と家を行き来するのには、デコボコの道を通る必要があります。

超不便です。

 

この不便を解消するために、家と家をつなぐ整った道(道路)を作ろう!という話になりました。

 

しかし、この道路を作るのは誰がやるのかという問題があります。

道路を作る技術を持った島人Aさんも、普段の仕事があるのでやりたがりません。

そこで、みんなの家からお金を少しずつ集めて、Aさんにお金をあげました。

Aさんは普段の仕事をやめて、道路づくりに勤しみます。

 

そして後日、道路は完成し、皆の生活が豊かになりましたとさ。

めでたしめでたし。

 

…ここで皆から集めていたお金が「所得税」です。

島に住む人が、島全体のために収めるお金です。

 

はい、日本に住む人が、日本全体のために収めるお金ということですね。

 

また、皆から同じだけもらうのはフェアじゃない(お金持っていない人が可哀想)なので、お金持ちからは多くもらうことにしていました。

これが累進課税です、多分。

 

住民税とは?

住民税とは何でしょうか?

所得税よりも規模が小さいコミュニティを維持するためのお金です。

 

実は、先程の100人の島では、20人ごとに村を作っていました。

この村には、それぞれのルールがあります。

たとえばX村では、牛を育てるための広い牧場を用意しよう!という村人全員の考えがありました。

 

そこで、X村の村人20人からお金を集めました。

X村の村人の中で牧場づくり経験がある人にお金を渡した結果、X村牧場は作られたのです。

 

このX村に収めるお金が住民税です。

ちなみに、住民税は誰でも同じ価格です。不思議ですね。

 

 

社会保険編も書きます(つづく)